ジャスティン・ビーバーがレオとブラピの要請で選挙の呼びかけをする

https://front-row.jp/_ct/17225448

先日、ジャスティン・ビーバーが、現地時間11月6日に行われるアメリカの中間選挙への投票を促す内容の動画を自身のインスタグラムに投稿。

普段、政治的な言動をあまりしないジャスティンがこの動画を投稿した理由は、ほかでもない動画の制作者であるレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの2人から直接“お願い”をされたからであったことが、動画のコメント欄に記された本人の発言からわかった。


 「僕はカナダ人だから、普段はアメリカの政治に関する投稿はしないんだけど、僕はこのハンサムな2人の男性をとにかく尊敬しまくっているんだ。だから、彼らにこの動画を投稿をしてほしいと頼まれた時、すぐに『イエス』と答えた。すべての人に自分の声を届ける権利がある。今週、投票権のある人たちがちゃんと選挙に投票し、自分の意見に価値があるということに気づいてくれることを願うよ」

 尊敬するレオナルドとブラッドの2人から頼まれたことも大きいが、自身も今回の中間選挙が重要なものであると理解しているからこそ、動画をシェアすることにしたと明かしたジャスティン。

 そんなジャスティンの厚意と熱意ある姿勢に、レオナルドはインスタグラムを通じて「ありがとう、ジャステイン。この選挙はすごく重要なものになる」とお礼のメッセージを送った。

 ちなみに、ジャスティンはこの約1週間前にもアメリカの中間選挙に関する投稿をSNSにしていた。
 「アメリカに暮らしていると、この国が国民だけでなく、世界中の人たちに影響を与えていることがよくわかる。今も何かしらの助けを必要としているたくさんの人たちがいる。投票権を持つ人たちがちゃんと選挙に投票して、声を上げることを願っているよ。もちろん、投票権があったら僕もそうしてる」

Living in the US I see how this country affects not only people here but all around the world. There are so many things people need help with that I hope all of you who can get out and Vote and make your voices heard. I would if I could :)
— Justin Bieber (@justinbieber) 2018年10月24日

 本人も言っていたように、“アメリカ人ではなくカナダ人だから”という理由で普段は政治的な発言を控えているジャスティンだが、以前、仏Cliqueのインタビューで「もしアメリカの大統領になったら何をしたい?」と聞かれた際には、「銃規制に関する法律をどうにかしたい」と答えており、じつは社会問題への関心も深い。

 今回の動画投稿で、そんなジャスティンが内に秘める熱い思いの一部が表に出るかたちとなった。(フロントロウ編集部)



  # by leonardo_D | 2018-11-07 23:25 | レオニュース

ヘイリー・ボールドウィンのランチパーティー

おまめ様、ありがとう〜〜

ジャスティン・ビーバーの嫁のヘイリー・ボールドウィンが出演するファッションイベントにレオは行っていたらしいです☆

d0007144_23194954.jpg

  # by leonardo_D | 2018-11-07 23:20 | レオニュース

LACMA Art+Film Galaにレオ☆ ママやパパ、カミ&カミ母も〜

kuroさま、松さま、あけちんさま、ありがとう〜〜

https://wwd.com/eye/parties/kim-kardashian-leonardo-dicaprio-lacma-art-film-gala-1202897758/

11/3 LACMA Art+Film Gala
毎年参加してますね☆

d0007144_19470202.jpg
d0007144_19472218.jpg
d0007144_19471917.jpg
d0007144_19503408.jpg
d0007144_19503802.jpg
d0007144_19504316.jpg
d0007144_19471615.jpg
d0007144_23044026.jpg
ギレルモ・デル・トロ監督と写真家のキャサリン・オピー

d0007144_23090442.png
d0007144_23090048.jpg
バズ・ラーマン監督!
d0007144_23085594.png
https://www.vanityfair.com/style/photos/2018/11/inside-lacma-art-film-gala-leo-kim-asap-rocky

d0007144_23105284.jpg
Eva Chow, Leonardo DiCaprio, Vivo Nevo, Camila Morrone, and Guillermo del Toro.

----追記 2018.11.12

ロサンゼルス・カウンティ・ミュージアム・オブ・アート(Los Angeles County Museum of Art以下、LACMA)が11月3日に、2018年「アート+フィルム ガラ(Art+Film Gala)」を開催した。

エヴァ・チョウ(Eva Chow)LACMA評議員と俳優のレオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)が共同ホストを務めた同パーティーでは、フォトグラファーのキャサリン・オピー(Catherine Opie)と17年の映画「シェイプ・オブ・ウォーター(The Shape of Water)」でアカデミー作品賞とアカデミー監督賞を受賞した映画監督、ギレルモ・デル・トロ(Guillermo del Toro)の功績を称えた。

 昨年に引き続き「グッチ」をスポンサーに迎え、多くのセレブリティーが「グッチ」を着用して来場。ラッパーのエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)は「グッチ」19年プレ・スプリング・コレクションのブルーとオレンジのジャカードジャケットにタキシードやゴシックプリントのスカーフを合わせ、女優でミュージシャンのコートニー・ラブ(Courtney Love)は、シルクのロングスリ-ブドレスにレザ-サンダル、リングやイヤリングなど、全身ゴールドでスタイリングした。

 その他、ダコタ・ジョンソン(Dakota Johnson)、バズ・ラーマン(Baz Luhrmann)、ジャレッド・レト(Jared Leto)、ラナ・デル・レイ(Lana Del Rey)、ゾーイ・クラヴィッツ(Zoe Kravitz)、ミランダ・カー(Miranda Kerr)、キム・カーダシアン(Kim Kardashian)、コートニー・カーダシアン(Kourtney Kardashian)ら映画関係者や俳優、女優、モデル、ミュージシャン、インフルエンサーが多く来場。パーティーではベック(BECK)が「Loser」や「Where It’s At」などのヒット曲を披露し会場を盛り上げた。


 「アート+フィルム ガラ」は今回で8回目の開催となる。パーティーの収益は映画をテーマとしたLACMAの展示プログラム強化に使われる他、展覧会、作品収集、教育プログラム、上映会など、LACMAのさまざまな取り組みに充てられる。



  # by leonardo_D | 2018-11-06 19:58 | ランキング&アワード

レオとブラピが中間選挙へ投票に行く呼びかけ動画を公開


https://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp01811042152.html

6日にアメリカの中間選挙を控え、ハリウッドの2大スター、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットがアメリカの有権者たちに投票を呼びかけている。


レオは米メディア会社NowThis Newsが2日に公開したビデオの中で、「この国の将来は今週、決まります。この選挙は私たちの人生でもっとも重要なものになるかもしれません」とした上で、今回の選挙結果が、銃安全規制、移民政策、水質および大気汚染、ヘルスケア政策など多くの重要課題に影響すると説明。


ピットもまた、「地球の温暖化の問題、刑事司法の改正、教育予算、同性愛者たちの権利などの未来は下院選挙、上院選挙、さらに数多くの知事選挙で決まります」と説明している。


クエンティン・タランティーノ監督の新作「Once Upon a Time in Hollywood」(来年7月全米公開予定)で共演している2人は、視聴者ら自らが投票するだけでなく、周囲にも投票を呼びかけるよう促している。


中間選挙に大きな関心を示している有名人はレオとピットだけではない。米トーク番組の人気司会者オプラ・ウィンフリーも今週、ジョージア州知事候補者のステイシー・エイブラムズ氏の選挙キャンペーンに参加した。

(ニューヨーク=鹿目直子)


〜〜


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00010002-ellegirl-ent


11月6日に迫ったアメリカ中間選挙に向け、多くのセレブたちが投票を訴えるなか、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが声を上げた。


ふたりはニュースサイト「NowThis」に動画でメッセージを寄せ、レオは「この選挙は僕たちの人生で最も重要なものになるだろう」「僕たちの国の未来は今週決まる。大統領選だけが重要なものではないだろう」と主張。


ブラッドも「議員を選ぶ選挙が気候変動や刑事司法改革、教育の財源、LGBTの権利問題、さらにあなたの選挙権が行使できるかどうかも決めることになる」「これらの選挙が僕たちの国の方向性を決めることになる。僕たち選挙権を持つ人は、これを決める力を持っているんだ」と力説した。



クエンティン・タランティーノの最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(原題)』で、初共演を果たしているブラッドもレオは、ともに気候変動問題に取り組んでいることで知られている。

ドナルド・トランプ大統領が地球温暖化を「フェイクだ」と認めず、パリ協定からも脱退してしまったのはご存知の通り。

そんなトランプ大統領の姿勢をふたりは批判してきたが、これまで選挙について公の場で発言することはなかった。

ブラッドは「もし君の州が期日前投票をしているなら、投票してほしい。もしそうでないなら11月6日に投票して。この選挙が大切なのは否定できない。君の声を形にしてほしい」と訴えた。10月にテイラー・スウィフトが初めて政治的な発言をして期日前投票を呼びかけたところ、テネシー州の期日前投票率は前回の選挙の3倍に跳ね上がった。人気も知名度も高いレオとブラッドの影響力で、さらに投票率が伸びるのは間違いなさそう。


(text : Yoko Nagasaka)


〜〜


中間選挙の呼びかけの動画↓


https://www.facebook.com/NowThisPolitics/videos/297050394241016/



〜〜

d0007144_19323052.png

この選挙の投票への呼びかけをしているレオが着ているTシャツは
LDFで只今販売中ですね☆

https://leonardodicaprio.us15.list-manage.com/track/click?u=3164a5368cd1b4d798a13e359&id=7ce87a7cbf&e=641491f6ae

d0007144_19330818.png

  # by leonardo_D | 2018-11-06 19:35 | 環境問題&イベント

傑作SF小説『タイム・マシン』を映画化  レオ、アッピアンウェイは製作

https://theriver.jp/muschietti-time-machine/

映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)のアンディ・ムスキエティ監督が、作家H・G・ウェルズの傑作SF小説『タイム・マシン』を映画化することがわかった。米Deadlineなどが報じている。

『タイム・マシン』が映画化されるのは、1960年のジョージ・パル監督作品『タイム・マシン 80万年後の世界へ』、サイモン・ウェルズ監督作品『タイムマシン』(2002)に次いで今回が3度目。
アンディは監督を務める方針で、『IT/イット』のプロデューサーであるバーバラ・ムスキエティと脚本のトリートメント(要約)を執筆しているという。

アンディ監督による『タイム・マシン』で製作総指揮を務めるのは、2002年版でも製作総指揮を担当したアーノルド・レイボヴィット。

プロデューサーにはバーバラ・ムスキエティのほか、俳優のレオナルド・ディカプリオ、『レヴェナント: 蘇えりし者』(2015)などのジェニファー・デヴィソンが名を連ねた。

なお本企画に携わっているのは、ワーナー・ブラザース、パラマウント・ピクチャーズ、製作会社Appian Wayの3社。
このうちワーナーが企画を主導して創作面の舵取りを担っているという。

ちなみにアンディ監督は、『IT/イット』の続編映画『It: Chapter Two(原題)』の撮影を終了したばかり。人気漫画『進撃の巨人』のハリウッド実写映画版にも監督として起用されるなど、今後のハリウッドでさらなる活躍が期待される。

〜〜

小説「タイムマシン」のwiki


~~~~~追記2018.11.11

https://www.cinematoday.jp/news/N0104668

“SFの父”と呼ばれる作家H・G・ウェルズの名作「タイムマシン」の映画化作品で、レオナルド・ディカプリオが製作を担当することが決定した。Deadlineほか複数メディアが報じている。
本作はワーナー・ブラザース、パラマウント・ピクチャーズ、レオナルド・ディカプリオの制作会社アピアン・ウェイがタッグを組んで製作する予定の作品。映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のアンディ・ムスキエティが監督を務め、姉のバルバラ・ムスキエティと共に新たな解釈をしたトリートメント(物語の概要)も執筆している
1895年に発表された小説「タイムマシン」は、タイムマシンを導入した初期の作品として、高く評価されている作品。時空を超えることのできる機械「タイムマシン」を発明した科学者が、80万年後の未来世界に飛ぶが、そこで見た人類の変わり果てた姿に衝撃を受けることになる。

 これまで「タイムマシン」は2度映画化されている。1度目はジョージ・パル監督が手掛けた『タイム・マシン/80万年後の世界へ』(1960)、2度目はサイモン・ウエルズ監督、ガイ・ピアース主演による『タイムマシン』(2002)。
(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)



  # by leonardo_D | 2018-11-06 18:30 | 新作情報・噂

カミーラと買い物

kuroさま、ありがとう〜〜

https://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-6280759/Leonardo-DiCaprio-43-picks-Italian-food-stunning-girlfriend-Camila-Morrone-21.html?ito=social-twitter_dailymailceleb

10/29
カミとLAで買い物をしているところを目撃されているもよう。
イタリアンの食材を購入していたとか。

d0007144_18400425.jpg
d0007144_18400125.jpg
d0007144_18451802.jpg

  # by leonardo_D | 2018-10-29 18:40 | レオニュース

ハロウィン。ピエロのマスクつけてますw

kuroさま、ありがとう〜〜

こわいww
ビバリーヒルズでハロウィンパーティーに参加していたもよう


https://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-6324173/Leo-DiCaprio-unrecognizable-bizarre-clown-mask-leaves-Halloween-bash-Beverly-Hills.html

d0007144_18235816.jpg
d0007144_18240284.jpg
d0007144_18240559.jpg

  # by leonardo_D | 2018-10-25 18:20 | レオニュース

「Killers of the Flower Moon」(花殺し月の殺人) レオは主役

kuroさま ありがとう〜〜

http://www.justjared.com/2018/10/24/leonardo-dicaprio-martin-scorsese-to-reunite-for-killers-of-the-flower-moon/



https://theriver.jp/kotfm-announcement/

レオナルド・ディカプリオと巨匠マーティン・スコセッシ監督が6度目のタッグを組む映画『Killers of The Flower Moon(原題)』の製作が正式に決定した。米Deadlineなど複数のメディアが報じている。

原作となるのは、2017年に米Timeのノンフィクション本ランキングで3位に輝いた、デイビッド・グランによる同名著書。1920年代、オクラハマ州に住むネイティブ・アメリカンのオーセージ族は、土地から原油を発見したことで、一人あたりの貯金額が世界で最も多い裕福な民族となった。しかし、オーセージ族が何者かによって一人ずつ殺されていくという事件が起きる。
死者が24人に上った時、とうとう新設されたばかりのFBIが捜査に乗り出すことに。
J・エドガー・フーバー長官はテキサス森林警備隊のトム・ホワイトに捜査を依頼。
ホワイトは諜報活動チームを編成し、オーセージ族と共に、アメリカ史上最も恐ろしい陰謀を暴き出していくのだった。

本作の注目ポイントは、単にFBIが事件を解決する話ではなく、アメリカの歴史に秘められた闇を暴き出す内容であることだ。

『Killers of The Flower Moon』では、事件の背景にあるネイティブ・アメリカンに対する白人の差別や偏見について深く掘り下げられている。
スコセッシ監督や、同様の問題を描いた『レヴェナント:蘇えりし者』(2015)に出演したディカプリオならば、本作の持つ重要なテーマをしっかりと描いてくれるだろう。なお、脚本は『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994)や『ミュンヘン』(2005)、『アリー/ スター誕生』(2018)のエリック・ロスが執筆する。

ディカプリオが演じる役は定かでないものの、主役を務めることは明らかになっている。

また2018年4月には、本作にロバート・デ・ニーロが出演するとの噂が報じられていたが、このたびの正式発表にデ・ニーロの名前は含まれていなかった。


ちなみにディカプリオは、クリント・イーストウッド監督作品『J・エドガー』(2011)で、本作では事件の調査を依頼する側であるJ・エドガー・フーバー長官を演じていた。もちろん作品自体に繋がりはないものの、興味深いリンクといえそうだ。

スコセッシは本作で監督を務めるだけでなくプロデューサーも担当。
ほかにも『ゲティ家の身代金』(2017)のダン・フリードキン&ブラッドリー・トーマス、『沈黙 —サイレンス—』(2016)や『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)などでスコセッシとタッグを組んだエマ・ティリンガーがプロデューサーを務め、製作は米Imperative Entertainmentが担当する。スコセッシは製作の発表にあわせてコメントを発表している。
「デイビッド・グランの本を読んだ時、すぐに見えたんです――登場する人々やその背景、そして行動が。この映画を作らねばならない、と思いました。心をかき乱すアメリカの実話を映画化するためにエリック・ロスと仕事をすること、そしてレオナルド・ディカプリオと再び組めることにとてもワクワクしています。」

これまでディカプリオとスコセッシは、『ギャング・オブ・ニューヨーク』(2002)や『アビエイター』(2004)、『ディパーテッド』(2006)、『シャッター・アイランド』(2010)、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)の5度にわたってタッグを組んでいる。ほかにもセオドア・ルーズベルト大統領の人生を描く伝記映画『Roosevelt(原題)』や『The Devil In The White City(原題)』の製作が報道されてきた。
なおスコセッシは、2018年10月現在、Netflix映画『The Irishman(原題)』の製作中。ディカプリオはクエンティン・タランティーノ監督の最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(邦題未定、原題:Once Upon a Time in Hollywood)』の撮影中だ。
映画『Killers of The Flower Moon(原題)』の米国公開日は未定。製作会社の幹部は、2019年夏の撮影開始を目指してオーセージ族との面会を行い、撮影地を検討しているという。

〜〜

https://www.vogue.co.jp/celebrity/news/2018-10-26/leonardo-dicaprio

レオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシが映画版『花殺し月の殺人──インディアン連続怪死事件とFBIの誕生』でコンビを組むようだ。
2人にとって6本目のタッグとなる同作は、デイヴィッド・グランのベストセラーとなった同名実話小説が原作だ。

スコセッシは声明の中でこうコメントしている。
「デイヴィッド・グランの著作を読んで、すぐに出演者やセット、アクションなどが浮かび始めたんです。これは映画にしなくてはと。この不安なアメリカを舞台とする物語の映画化に向けて、エリック・ロスとの仕事、そしてレオナルド・ディカプリオとの再タッグがとても楽しみです。」

ロスが脚本を執筆するほか、スコセッシは監督業以外に、ダン・フリードキン、ブラッドリー・トーマス、エマ・ティリンガー・コスコフらと共に製作も担当するという。

インペレイティブ・エンターテインメントが同著の権利を獲得した2016年以降、スコセッシとディカプリオは水面下で携わってきたとされる同作は1920年代のオクラホマ州を舞台に、土地で石油が見つかり世界でも有数の金持ちになった先住民オセージ族の物語で、そこで相次いで殺人事件が起こりFBIが捜査に乗り出す。

撮影は来年夏に始まるとみられており、間もなく関係者がロケーションの選定に着手する見込みだという。

スコセッシとディカプリオは2013年の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』、2002年の『ギャング・オブ・ニューヨーク』、2004年の『アビエイター』、2015年の短編映画『ジ・オーディション』でコンビを組んでいた。
Text by Bangshowbiz


ーーーー関連エントリー

スコセッシとタッグ☆『Killers of the Flower Moon: The Osage Murders and the Birth of the FBI』(原題)

「Killers Of The Flower Moon: The Osage Murders And The Birth Of The FBI」



  # by leonardo_D | 2018-10-25 18:05 | 新作情報・噂

2022年にタイタニック2号の就航が決まったそうです

https://www.huffingtonpost.jp/2018/10/22/titanic-replica-2022_a_23568774/?ncid=other_twitter_cooo9wqtham&utm_campaign=share_twitter

1912年4月14日、航海中に氷河に衝突し、その後大西洋に沈んだタイタニック号。
この豪華客船がたどる予定だった船旅が、再現される。
タイタニック号を複製した「タイタニック2号」の就航が2022年に決まったと、USAトゥデイなどが報じた。タイタニック1号と同じ、イギリス・サウサンプトンからニューヨークへの航路をとる。

タイタニック2号は、イギリスの船舶会社ブルー・スター・ラインが手がける。もともと、タイタニック号沈没から100年となる2012年に建造が発表されたが、金銭面での問題が発生し、2015年以降中断されていた。しかし同社は問題が解決したとして、建造の再開を発表した。

もう一つ、大きな違いは安全面とテクノロジー。パーマー氏は「最新のナビゲーションシステムと安全技術を搭載する」と説明する。
たくさんの救命ボートも備えられる予定だとか。110年前の悲劇が再び起きないだけの準備がされている。


  # by leonardo_D | 2018-10-24 18:05 | タイタニック3D

Once Upon A Time In Hollywood 撮影シーン☆

kuroさま、ありがとう〜〜

http://www.justjared.com/2018/10/23/leonardo-dicaprio-brad-pitt-film-new-scenes-for-once-upon-a-time-in-hollywood/

2017.10.22 LAで撮影中〜☆
d0007144_17554197.jpg
d0007144_17554475.jpg
d0007144_17554774.jpg




  # by leonardo_D | 2018-10-23 17:53 | Once Upon a Time in

Once Upon A Time In Hollywood 撮影シーン もみあげ〜

もみあげがモッフモフ〜
d0007144_18590343.jpg
d0007144_18590689.jpg
d0007144_18590908.jpg
d0007144_18591287.jpg
d0007144_18591597.jpg
d0007144_18591943.jpg
d0007144_19225721.jpg
d0007144_19230093.jpg
d0007144_19230272.jpg

Instagramのは動画です☆↓



d0007144_19093527.png
d0007144_19093851.png
d0007144_19094138.png

  # by leonardo_D | 2018-10-21 18:58

10/20 レイカーズ戦を観戦していたそうです

https://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-6299537/Kendall-Jenner-stunning-spectator-L-Lakers-game-celebrities-pack-Staples-Center.html

レイカーズ観戦のため、チェックインしているところを目撃されたもよう。

d0007144_18522108.jpg
d0007144_18522558.png

  # by leonardo_D | 2018-10-20 18:50 | レオニュース

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE