人気ブログランキング |

カテゴリ:タイタニック3D( 111 )

 

「タイタニック」興収第2位から3位へ...

『アベンジャーズ/エンドゲーム』が1位となり、タイタニックは3位になってしまいました。


https://jp.ign.com/marvels-the-avengers-infinity-war-part-2/37240/news/1


Box Office Mojoの発表によると『アベンジャーズ/エンドゲーム』の世界興行収入が27億9020万ドルに達し、ついに『アバター』を抜いてトップになった。『アバター』の公開は2009年で、実に10年ぶりの更新となる。


同社が発表している現時点での歴代興行収入のトップ10は以下の通り。
『アベンジャーズ/エンドゲーム』27億9020万ドル
『アバター』27億8970万ドル
『タイタニック』21億8750万ドル
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』20億6820万ドル
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』20億4840万ドル
『ジュラシック・ワールド』16億7170万ドル
アベンジャーズ』15億1880万ドル
『ワイルド・スピード SKY MISSION』15億1600万ドル
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』14億540万ドル
『ブラックパンサー』13億4690万ドル


  by leonardo_D | 2019-07-23 11:45 | タイタニック3D

タイタニックのローズが乗っていたのはドアの枠だった。

https://www.buzzfeed.com/jp/crystalro/titanic-door-frame-1?utm_source=dynamic&utm_campaign=bfsharetwitter


ローズが乗っていたのはドアの枠の部分だったそうです!

d0007144_11392508.png

d0007144_11393403.png

d0007144_11394860.png

  by leonardo_D | 2019-07-22 11:35 | タイタニック3D

タイタニックの論争のあるシーンにはノーコメント☆

kuroさま、ありがとう〜〜

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドのプロモーションの際、
タイタニックで論争になる"ジャックは生き残れたんじゃないか?"というシーンのことを聞かれ、
ノーコメントを貫いたレオ。
賢い対応に称賛の声も♡

https://www.cyzowoman.com/2019/07/post_242436_1.html/amp

その時の動画。↑

テレビコメディ出身で「期待の若手俳優」だったレオナルド・ディカプリオ(以下、レオ)を一躍スターダムへと押し上げた、名作映画『タイタニック』(1997)。
豪華客船タイタニックの中で出会った、レオが演じるジャックと、ケイト・ウィンスレット演じるローズは恋に落ちる。

しかし、タイタニックが氷山と衝突。乗客は海へと放り出されるが、ジャックは流れてきたドアの上にローズを乗せ、自分は凍りつく海の中に沈んでいく……。
このラストシーンは、多くの観客の涙を誘い、いまなお不朽の名作として愛されている。

 そのローズの命を救ったドアが非常に立派で大きいものだったため、「ジャックが乗れるスペースもあったのではないか」「ローズがちょっと体をずらしたら、2人とも助かったのではないか」と長年、議論されてきた。

公開から15年目の2012年。都市伝説やウワサを体当たりで検証していく米人気番組『怪しい伝説』で実験した結果、なんとか大人の男性2人が海に浮かぶドアに乗ることに成功。

しかし、この報告を受けた『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督は、ムッとしながら「きみたち、わかってないね。脚本には“ジャックは死ぬ”と書いてあるんだ。だからジャックは死ななければならない」と一蹴。

 公開20年目の17年には、米誌「Vanity Fair」が、ジェームズに単刀直入に質問。彼はイラつきながら「答えは簡単だ。脚本の147ページ目に“ジャックは死ぬ”と書かれていた。単純明快だろ」「ドアはローズを支えることはできたが、ジャックを支えるのには小さかった」「ジャックが生き延びてたら、あの映画のエンディングは無意味なものになっていた。死と別れについての映画だからね。彼は死ななくてはならなかったんだよ」「上から崩れてきた煙突に直撃されて、ジャックは海に沈んだという描き方でもよかったけど、こういう最期にしたのは芸術的な理由からだ。物理的な理由ではない!」と断言。

「こんな議論を20年後の今もしているなんて、本当にバカバカしい」と吐き捨てた。

 ジェームズを怒らせる“禁断の質問”となっているこの議論だが、16年に深夜トーク番組『ジミー・キンメル・ライブ!』で「ジャックも、あのドアに乗れたと思うのよ」と持論を展開したローズ役のケイトが、17年12月に、スティーヴン・コルベアのトーク番組で「ジャックはもっと努力して、ドアに乗るべきだったわ」と発言。さらには、ドアと似たような大きさのテーブルに大人2人が乗れるか検証し、成功すると「イエース!」とガッツポーズを取っていた。

 そしてこのたびジャックを演じたレオに、「ドアに乗れたのではないか?」という質問が投げられたのだ。
 質問が飛び出たのは、レオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビーらハリウッドを代表する役者が共演した『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のプロモーションのために受けた、米エンタメ番組『MTVニュース』のインタビューでのこと。
「映画界における最大の論争、『タイタニック』の終盤に出てくるシーンについてですが……ジャックもあのドアに乗れたのではないですか?」と、唐突に聞かれたのだ。

真剣な顔をしてこの質問を聞いていたブラッドは、思わず爆笑。
マーゴットは「オーマイ・ゴッド! 私もそのことについて考えたわ。大号泣しちゃったし」と述べ、「あなたはどう思いますか?」と聞かれたブラッドは、「ウケるねぇ」「帰ったら絶対に(ラストシーンを)チェックしなくちゃ」と、おどけながら回答。
その言葉にマーゴットはうなずきながら、「あれは、最大の論争だと思うわ」「近代映画におけるね」と、しみじみ語った。

 レオは、腕を組みながら「だよな~」とまるで他人事のように言うが、隣に座っていたブラッドから「乗れたんだろ? 乗れたんじゃない?」とニヤニヤ顔で挑発されると、思わず吹き出してしまった。が、すぐにキリッとした表情になり「ノーコメント」と返す。

 そんなレオにマーゴットは、「あの時、言わなかったの? 『もう少しドアを小さくしたほうがいいんじゃない?』とか」と追い打ちをかける。
レオは「さっきも言ったけど、私からコメントすることは何もございません」と、うつむき加減の静かな口調で答え、マーゴットとブラッドは爆笑。
ブラッドはインタビュアーに向かって、「要するにムービー・マジックってことなんだよ」と、きれいに締めた。

 ジェームズの「しつこい!」という罵声と、ケイトの「ジャックがもうちょっとがんばれば乗れたのよ!」という叫び声が聞こえてきそうな、今回のインタビュー。
ネットでは「監督やケイトより、レオの対応が一番しっくりくる」「この手の質問にはノーコメントを通すのが一番」と、レオのクールな対応が称賛されている。

 今回のインタビューで息の合ったやりとりを展開し、「仲がよさそう!」とファンを喜ばせたレオとブラッド、マーゴット。
彼らが出演する『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、日本でも8月30日に公開される予定だ。

d0007144_00040975.png

  by leonardo_D | 2019-07-19 00:06 | タイタニック3D

「タイタニック」の国内上映権が切れます...。もう映画館で見れないようです(泣)

https://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/201906/0012414708.shtml

1997年に公開され、全世界で大ヒットした映画「タイタニック」が、国内では6月いっぱいでスクリーンで見られなくなる。この名作との「別れ」を惜しむべく、神戸市兵庫区の名画座「パルシネマしんこうえん」では、29、30の両日、特別上映を行う。同館は「スクリーンでこそ船の巨大さが伝わり、映画に入っていける。最後のチャンスを逃さないで」と話す。(山崎 竜)

 同作は世界歴代3位の興行収入を上げ、アカデミー賞でも11部門を受賞したが、上映時間は3時間15分と長尺。通常なら2本の映画を上映できるほどの長さとあって、映画館からも敬遠されがちな不遇の作品でもあったという。海外の映画は国内の配給会社が製作会社から権利を買い取って上映するが、今回は更新が見送られ、国内上映権が切れることになった。


 同館は昨年の大みそかにも一日限りの特別上映を行った。特に集客に期待はしていなかったというが、ふたを開けてみれば3回の上映のうち、午前と午後は定員135人が満員。夕方は50人と減ったが、予想をはるかに上回る数の客が入り、終映後のロビーは感想を語り合う熱気に包まれた。


 当日来館できなかった人たちからも「大みそかじゃなかったら行けたのに」という恨み節も数多く寄せられ、今回の「ラスト上映」につながった。少なくとも関西では、他に上映予定の映画館はないという。

 支配人の小山岳志さん(35)は「こんなに良かったっけ、と思ってもらえるはず。大みそか同様、音量もいつもより大きくして臨場感をさらに上げますよ」と自ら待ち遠しそうな様子だった。


上映開始は午前10時30分、午後2時30分、同6時10分。入れ替え制で料金は800円、学生500円


  by leonardo_D | 2019-06-11 21:35 | タイタニック3D

タイタニックの車の窓ガラスの手の跡は誰の〜?!

https://jp.sputniknews.com/entertainment/201903015982516/

映画監督のジェームズ・キャメロン氏は26日、映画『タイタニック』の撮影で使用された自動車の写真を自身のツイッターに投稿し、手のひらの跡が依然としてその場所に残っていることを明かした。

またキャメロン監督は、この手のひらが実際には誰のものかについても語っている。

キャメロン監督は、「(映画公開から)20年を超える年月が経過した後でも、『タイタニック』に登場したあの悪名高い手のひらの跡はまだそこにある。よく見てほしい」と書き込んでいる

この手のひらの跡は、レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが演じる主人公2人によるラブシーンの後に残されていたもの。
この跡を曇ったガラスに実際に残した人物がキャメロン監督であり、観客が映画の中で目にする手のひらもキャメロン監督のものであり、ウィンスレット(あるいはディカプリオ)のものではないという事実は、好奇心をそそる話だ。

監督はハリウッド・リポーター誌に対し、「水蒸気が蒸発した時、我々は撮影を続ける必要があったため、単に保護スプレーを少し使った。だから跡がまだ残っているのだ」と説明している。

d0007144_17263743.png


  by leonardo_D | 2019-03-03 17:23 | タイタニック3D

キャメロン監督が語ったタイタニック秘話2つ。

kuroさま、ありがとう〜

https://www.elle.com/jp/culture/movie-tv/a26317381/titanic-leonardo-dicaprio-line-190213-hns/

もしジェームズ・キャメロン監督がレオナルド・ディカプリオの意見を取り入れていたら、映画『タイタニック』の最も印象的な名セリフはカットされていたかもしれない……という衝撃的な事実が明らかになった。

監督いわく、レオは当時「世界は俺のものだ!(I’m the king of the world!)」というセリフに納得していなかったそう。でもそれを渋々受け入れたことにより、あの名場面が誕生したという。

その名場面とはもちろん、ファブリッツィオと共にタイタニック号に乗り込んだレオ演じるジャックが、船頭で大はしゃぎするシーンのこと。もしこのシーンにジャックのあのセリフがなかったら、どうなっていただろう?

英BBCラジオ1の映画批評家、アリ・プラムに対し、監督は先日このように語った。

「あのセリフは、その場で思い付いたもの。その時ちょうど僕は撮影用クレーンに乗っていたんだ」
「その日は撮影が長引き、日も暮れそうになっていた。ああでもないこうでもないといろいろ試してみたけど、どのセリフもしっくりこなくて」「そんな時『これだ!』とひらめき、『いいことを思い付いたよ。世界は俺のものだ!と言いながら両手を広げ、その瞬間をしっかりと噛み締めて。自由を感じつつ、その瞬間を楽しんでくれ』とレオに指示した」

「でもレオは、『なんで?』と納得できない様子だったから、トランシーバー越しに『世界は俺のものだ!と言えばいいんだ。そのセリフで人々に感動を与えるんだ』と伝えたんだよ」

ところが、レオはそれでも不満があったようで、監督に自分の意見を伝えたところ、「つべこべ言わずに、このセリフで人々を感動させるんだ」とピシャリと言い返されてしまったのだとか。
終わりよければすべてよし、とはいえ、レオがそのセリフを気に入っていなかったのもなかなか意外。

ちなみに、あのオスカー俳優マシュー・マコノヒーも、ジャック役のオーディションを受けていたらしい。
米『ハリウッド・リポーター』誌に対し、マシューは「僕も『タイタニック』のオーディションを受けに行ったよ。その役をゲットしたと思った」「その場にはケイト・ウィンスレット(ローズ役)もいて、自分でもうまくいったと思っていた。自信満々で会場を出たし、役を勝ち取ったと思っていたけど、残念ながら不合格で、結局オフォーはされなかったよ」とコメント。

マシュー演じるジャックも観てみたいけれど、やっぱりレオ&ケイトなくして、名作『タイタニック』は成り立たない!という人も多いはず。
監督の指示を素直に(?)受け入れたレオにも、改めて感謝したいところ。


〜〜〜

https://dramanavi.net/news/2019/02/3-6.php

ジェームズ・キャメロンが、1997年公開の名作『タイタニック』で、なぜレオナルド・ディカプリオが、当初ジャック役と言われていたマシュー・マコノヒー(『TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ』)を圧して主役を獲得したのかその理由を改めて語った。米Cinemablendが報じている。


トーク番組「The Tonight Show Starring Jimmy Fallon」に出演したキャメロン監督は、司会のジミー・ファロンから、「『タイタニック』であなたはジャック役にマシューをキャスティングしたかったのに、彼が断ったと言われているけれど、それは本当ですか?」と言われ、当時のキャスティングの様子を語った。


「まず最初に言っておきたいが、インターネットの世界で耳にする情報の全てが真実ではないということを強調したいよ。確かに、マシューは台本を読んでくれていたんだ。

そのあとにレオと会ったけど、奇妙なことが起きたんだ。なぜか知らないけど、女性スタッフ全員が、私たちの話し合いの場に集まったんだ。全然関係ない業務の女性だよ。会計事務の子や、警備員や、女性という女性が全員来てね。普通は、私とスタッフもう一人とかいう状況なんだが、それを見て、"(これだけ女性を惹きつけるなら)レオをキャスティングした方がいいのかも"と思った結果がこうだったんだ」と真実を明かした。


そして「マシュー、もしこれを見ていたら言っておきたいんだけど、私たちの仲は大丈夫だな? 私の一存でレオにしたわけじゃないんだよ」と笑いをとった。


また、キャメロンが復帰する『ターミネーター』シリーズの最新作『Terminator:Dark Fate』、そして『アバター』においては5作目までの脚本の構想があることを述べた。


さらに、キャメロンが製作総指揮を務めている、世界15の国と地域で翻訳された木城ゆきと原作による伝説の漫画「銃夢」を、壮大なる構想を経て遂に実写化した新作映画『アリータ:バトル・エンジェル』。本作の製作に関しても、自分の娘がきっかけだったと語った。「木城さんの作品に出会った時、長女は6歳だった。そこでこう思ったよ。男性社会の中で、この子がどんな風に生きぬいていくのかとね。この世界で女性が力を、そして自信を持って生きるのは難しいのだろうか、と。この映画は、そんな男性社会の中で、力強くと自信いっぱいに生きて行くアリータという少女の物語なんだよ」

続けて、「アリータを演じるローサ・サラザールは、武術も習いアクションもたくさんこなして、本当に最高だった。この映画は彼女ありきなんだ」と彼女のアクションや演技を絶賛している。


『タイタニック』で、マシューに競り勝ったレオナルドは、当時すでに『ギルバート・グレイプ』や『ロミオ&ジュリエット』などに出演し、女性の心を掴んでいたことから同作のジャック役を射止めたという裏話を公表したキャメロン。そんなキャメロンが製作総指揮を務める超大型大作『アリータ:バトル・エンジェル』は、2月22日(金)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)


  by leonardo_D | 2019-02-23 19:21 | タイタニック3D

2022年にタイタニック2号の就航が決まったそうです

https://www.huffingtonpost.jp/2018/10/22/titanic-replica-2022_a_23568774/?ncid=other_twitter_cooo9wqtham&utm_campaign=share_twitter

1912年4月14日、航海中に氷河に衝突し、その後大西洋に沈んだタイタニック号。
この豪華客船がたどる予定だった船旅が、再現される。
タイタニック号を複製した「タイタニック2号」の就航が2022年に決まったと、USAトゥデイなどが報じた。タイタニック1号と同じ、イギリス・サウサンプトンからニューヨークへの航路をとる。

タイタニック2号は、イギリスの船舶会社ブルー・スター・ラインが手がける。もともと、タイタニック号沈没から100年となる2012年に建造が発表されたが、金銭面での問題が発生し、2015年以降中断されていた。しかし同社は問題が解決したとして、建造の再開を発表した。

もう一つ、大きな違いは安全面とテクノロジー。パーマー氏は「最新のナビゲーションシステムと安全技術を搭載する」と説明する。
たくさんの救命ボートも備えられる予定だとか。110年前の悲劇が再び起きないだけの準備がされている。


  by leonardo_D | 2018-10-24 18:05 | タイタニック3D

タイタニックのトリピア

kuroさま、ありがとう〜〜☆

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180417-00010003-cosmopoli-movi

ありとあらゆる制作秘話が語られ、今も愛されている『タイタニック』だけど、実は知られていない事実がまだまだある模様。

コスモポリタン アメリカ版が、そんな『タイタニック』に関する、あまり知られていないトリビアをまとめました。


ローズ役の候補の中にグウィネス・パルトロウがいた
ローズ役には複数の女優が候補に挙がっていたけど、その中の1人はグウィネス・パルトロウだったのだそう。それ以外にもジェニファー・アニストン、ドリュー・バリモア、クレア・デインズ、アンジェリーナ・ジョリー、ニコール・キッドマン、ユマ・サーマン、シャーリーズ・セロン、リース・ウィザースプーンなど、錚々たる顔ぶれが揃っていたのだとか。


マシュー・マコノヒーがジャック役の有力候補だった
ジャック役として製作会社の一押しだったのが、実はマシュー・マコノヒー。が、キャメロン監督はレオを主役にと主張し続けたのだそう。クリスチャン・ベールの当時の広報担当によれば、彼もオーディションを受けた1人だったんだとか。他にもジョニー・デップ、ブラッド・ピット、マコーレー・カルキンの名前が挙がっていたそう。


「ベッドに横たわって…」は言い間違いだった
絵のモデルになるために裸になったローズに、ジャックが「ベッドに…いや、ソファに横たわって」と言うシーンは、本当は「ソファに横たわって」が正解。このレオの言い間違いを、キャメロン監督が気に入り、そのまま映画に使用したそう。


撮影に使われた水は本物の大西洋の海水
ローズがジャックを探して、沈みゆく船内を駆け回るシーンで使われた水は、本物の大西洋の海水だったんだとか。ローズがジャックを救うために水に飛び込むシーンのリアクションは、演技ではなかったらしい。


ケイトは水中シーンの撮影で肺炎に
ケイトは、水中での撮影では衣装の下にウェットスーツを着るよう提案されていたけれど、それを拒否。結局このシーンの撮影が元で肺炎にかかってしまったのだそう。


実はジャックは死ななくて済んだ?
最後の漂流シーン。今も「ジャックとローズ2人ともドアに乗れたのではないか」というのが議論の的になっているけれど、ある番組が検証テストをしたとき、2人とも乗れてしまったのだそう(!)。が、キャメロン監督曰く、「ストーリーの流れではジャックは死ぬ必要があった。それにドアの大きさの問題ではなく、浮力の問題だ」とコメント。



  by leonardo_D | 2018-04-25 12:31 | タイタニック3D

4/13~「午前十時の映画祭」でタイタニック上映

http://eiga.com/news/20180306/12/

[映画.com ニュース] 
名作映画を劇場で再上映する「午前十時の映画祭」の9回目の開催となる「午前十時の映画祭9」のラインナップが決定した。「タイタニック」「地獄の黙示録」「パルプ・フィクション」ほか、27作品が発表された。

2010年の初開催から9回目となる来期は、初日を金曜日に変更になり、4月13日から開幕する。外国映画は、70年代半ばから90年代の名作映画を中心にセレクト。
オープニング作品の「タイタニック」をはじめ、カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドール賞に輝いた「地獄の黙示録」「オール・ザット・ジャズ」「パルプ・フィクション」などがラインナップされている。さらに夏休み時期には、「雨に唄えば」「メリー・ポピンズ」「グリース」などミュージカル映画を特集。年末年始には、オードリー・ヘプバーン主演「パリの恋人」の上映が決まっている。

日本映画は、「黒澤明監督×三船敏郎」の時代劇特集が実現。本映画祭では初上映となる「用心棒」「椿三十郎(1962)」の4K版に加え、「七人の侍」4K版のアンコール上映も実施される。このほか、溝口健二監督作「近松物語」4K版、新藤兼人監督の代表作「裸の島(1960)」も本映画祭では初上映となる。

上映に際しては、全国58の上映劇場をAグループ、Bグループの2系統に分け、全27作品をグループ交互に50週にわたって上映する。

開催期間は4月13日~2019年3月28日。毎朝10時開映(劇場によっては複数回上映もあり)。入場料金は一般1100円、学生500円。
上映スケジュールや上映作品の詳細などは、映画祭公式サイト(http://asa10.eiga.com/)で確認できる。

全27作品は以下の通り。
▽新規セレクト外国映画
「ジャイアンツ」(1956)
「パリの恋人」(1957)
「灰とダイヤモンド デジタルリマスター版」(1958)
「狼たちの午後」(1975)
「大統領の陰謀」(1976)
「グリース」(1978)
「オール・ザット・ジャズ」(1979)
「チャンス」(1979)
「地獄の黙示録 劇場公開版 デジタル・リマスター」(1979)
「ソフィーの選択」(1982)
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ ディレクターズ・カット」(1984)
「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」(1985)
「トップガン」(1986)
「プラトーン」(1986)
「日の名残り」(1993)
「パルプ・フィクション」(1994)
「タイタニック」(1997)

▽新規セレクト日本映画
「近松物語 4Kデジタル復元版」(1954)
「裸の島」(1960)
「用心棒 4Kデジタルリマスター版」(1961)
「椿三十郎 4Kデジタルリマスター版」(1962)
▽アンコール上映
「雨に唄えば」(1952)
「シェーン」(1953)
「七人の侍 4Kデジタルリマスター版」(1954)
「太陽がいっぱい 4Kデジタル復元版」(1960)
「メリー・ポピンズ」(1964)


  by leonardo_D | 2018-04-06 18:21 | タイタニック3D

日劇でタイタニック上映☆ (さよなら日劇ラストショウ)

じゅんじゅん様、ありがとう〜〜

https://www.tohotheater.jp/event/nichigeki-lastshow.html

日劇が閉館するそうです...。
それに伴い、“日劇”のフィナーレイベント「さよなら日劇ラストショウ」ゲスト登壇イベント&追加作品決定され、その中に「タイタニック」の上映があるそうです☆


くわしいスケジュール等はHPでご確認ください♪


■会場
TOHOシネマズ 日劇

■期間

2018年1月27日(土)~2月4日(日)



上映作品

【邦画】 赤ひげ / 生きる / ウォーターボーイズ

[NEW]

/ 浮雲 / 踊る大捜査線 THE MOVIE

[NEW]

/ 女が階段を上る時

/ 隠し砦の三悪人

/ 影武者 / キングコング対ゴジラ / ゴジラ(1954) / ゴジラの逆襲

/ ゴジラ対ヘドラ

/ ゴジラ(1984)

/ ゴジラVSビオランテ

/ ゴジラVSモスラ

ゴジラVSメカゴジラ

/ ゴジラVSスペースゴジラ

/ ゴジラVSデストロイア

/ ゴジラ2000ミレニアム

/ ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃

/ ゴジラ×メカゴジラ

/ ゴジラ FINAL WARS

 / 青春グラフィティ スニーカーぶる~す

[NEW]

/ シン・ゴジラ / 七人の侍 / Shall we ダンス? / 世界の中心で、愛をさけぶ

/ 椿三十郎(1962)

/ 天国と地獄(1963) / マルサの女

/ 乱れ雲

/ モスラ対ゴジラ

/ 用心棒

/ ラヂオの時間

[NEW]

/ 悪い奴ほどよく眠る



【洋画】 アバター 3D / アンタッチャブル

/ スター・ウォーズ:フォースの覚醒 / スター・ウォーズ:最後のジェダイ

/ タイタニック / ターミネーター

/ ターミネーター2 3D

/ トップガン / バック・トゥ・ザ・フューチャー

/ バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2

/ ローグ・ワン:スター・ウォーズ・ストーリー




【アニメ】 AKIRA

[NEW]

/ アナと雪の女王

/ 紅の豚 / STAND BY ME ドラえもん

[NEW]

/ トイ・ストーリー 3D

/ トイ・ストーリー2

/ トイ・ストーリー3

塔の上のラプンツェル

/ となりのトトロ / ドラえもん のび太の恐竜

[NEW]

/ 映画 ドラえもん のび太の日本誕生

[NEW]

/ ファイブスター物語

/ もののけ姫 / ライオン・キング 3D

/ ルパン三世 カリオストロの城 ほか



タイタニックの上映は1/28、1/31、2/4の3回ありますね☆


d0007144_19081387.png
チケット予約


  by leonardo_D | 2018-01-23 17:32 | タイタニック3D

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE