人気ブログランキング |

カテゴリ:ランキング&アワード( 742 )

 

トライベッカ映画祭でスコセッシとデニーロが語ったこと☆

https://rollingstonejapan.com/articles/detail/30757/4/1/1

映画監督マーティン・スコセッシと俳優ロバート・デ・ニーロのパートナーシップは、辛口の批評家たちも絶賛する創造性を維持しながら、アメリカ映画界で最長といえるほど続いている。4月28日、(デ・ニーロも発起人の一人として2002年に立ち上げた)トライベッカ映画祭2019のプログラムの一つで、この二人がアッパー・ウエスト・サイドにあるビーコン劇場に登場して、90分間に渡ってスコセッシ作品について語り合った。

この対談で二人は、スコセッシの映画界でのキャリアと1973年以来デ・ニーロが出演している9作品を含む一連のスコセッシ作品について縦横無尽に語った。そして、今年後半にNetflixで公開予定の新作『アイリッシュマン』の詳細を少しだけ明らかにする一方で、デニーロが出演した過去の作品にまつわるトリビアや秘話を数多くつまびらかにした。この対談で披露された逸話の共通点は、スコセッシのキャリアが大きく変わるほどのチャンスを引き受けさせようとデ・ニーロが何度も説得したということのようだ。それこそ、『ライジング・ブル』で実在のボクサー、ジェイク・ラモッタの実話を取り入れたことから、あるプロジェクトで新進気鋭の若手俳優レオナルド・ディカプリオを抜擢したことまで、彼らが披露してくれた逸話のうちの10の真実をここで紹介しよう。


1. スコセッシにレオナルド・ディカプリオを推薦した最初の人物がデ・ニーロだった

1993年に当時19歳だったディカプリオと『ボーイズ・ライフ』で共演したあと、デ・ニーロはスコセッシにディカプリオの演技力を熱く語り、ディカプリオを「見事だ」と呼んだらしい。
スコセッシは「彼がそんなことを言うのは非常に珍しい」とデ・ニーロをからかうように言い、デ・ニーロにディカプリオを起用するべきだと言われたことを明かした。ディカプリオがスコセッシ作品に初登場したのは2002年の『ギャング・オブ・ニューヨーク』だったが、その後に製作されたスコセッシの4作品に連続して出演し、ディカプリオはどの作品でも鮮明に記憶に残る素晴らしい演技を披露した。

この話をしたあとで、ディカプリオが会場にいることがわかり、スコセッシとデ・ニーロが彼に呼びかけた。
前列に座っていたディカプリオが立ち上がって手を振ると、観客から歓声と拍手が沸き上がった。

2. 『ミーン・ストリート』でデ・ニーロが語ったとりとめもない話はその場で思いついたものだった

スコセッシとデ・ニーロは『ミーン・ストリート』のワンシーンを演じて、この対談の口火を切った。これは二人が初顔合わせした作品で、ここでのデ・ニーロは(ハーヴェイ・カイテル演じる)高利貸しのチャーリー叔父さんに返済を渋って長たらしい言い訳をするようなキャラクターだった(allcinemaによると、ハーヴェイ・カイテル演じたチャーリーはデ・ニーロ演じたジョニーの友人で、チャーリーの叔父が高利貸しという設定です。要チェック㊥)。本編の撮影を開始する前にデ・ニーロはこのシーンをスコセッシとリハーサルしたのだが、デ・ニーロは自分のキャラクターの人生をその場で思いつくままに語り、スコセッシはそれをすべてメモしたという。

しかし、それから約1ヵ月後、撮影最終日にそのシーンを撮影しようとしたとき、スコセッシはメモをとったノートを忘れてきてしまった。「彼はその場で4週間前に言ったことをすべて思い出さないといけなかった」と、デ・ニーロの即興演技についてスコセッシが説明した。


3. テレンス・マリックが『沈黙〜サイレンス〜』に関する手紙をスコセッシに送っていた

スコセッシ作品では宗教と信心が強調されることが多い。その中でも2016年の作品『沈黙〜サイレンス〜』では信心がことさら強調されている。この映画を観たあとでテレンス・マリックがスコセッシに手紙を送ってきたこと、その中に特に記憶に残る文章があったことを、今回スコセッシが明かした。それは「キリストが我々に求めていることは何なのか?」だ。スコセッシはこの疑問の奥深さに気付いたという。そして「自分でどう思おうと、みんな何かを信じている」というマリックの言葉が、自分の作品全体に流れる宗教の映像描写を要約していると思った。


4. スコセッシ(と映画会社の重役たち)は最初『レイジング・ブル』の製作を渋った

デ・ニーロは映画と同じタイトルのジェイク・ラモッタの回想録を読んだあと、この作品の映画化をスコセッシに何度もしつこく直訴した。しかし、スコセッシはスポーツのことを「全く知らない」と言い続けて、何年も曖昧な態度でデ・ニーロの説得をやり過ごした(スコセッシは子どもの頃に喘息を患っていた上に、ボクシングを非常に「つまらない」と思っていた)。しかし、ラモッタの回想録を読んでみて、スコセッシはラモッタの苦悩が普遍的なことを知った。ところが、映画化する価値があると映画スタジオの重役を説得するのは困難を極めた。

「我々はこのボクサーの映画を作るつもりはない。こいつはゴキブリ野郎だ」と、会議中に重役の一人が放った言葉をスコセッシが披露した。

デ・ニーロもその会議に出席しており、この発言にデ・ニーロは「違う、彼はそんな人間じゃない」と、スコセッシが「雄弁な言葉」と呼ぶ答えで返すと、間もなくスタジオ側から『レイジング・ブル』の撮影許可が降りたという。


5. 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を観たアメリカ合衆国大統領顧問団の一人は、この映画に描かれている金融業界は嘘偽りと言った

顧問団の誰の発言なのかは明らかにしなかったが、株式ブローカーだったジョーダン・ベルフォートの栄光と転落を描いたスコセッシの2013年の作品をウォールストリートの「虚偽の描写」と呼んだ人がいた。しかし、スコセッシはベルフォートを普通のアメリカ人と捉えていたと述べて、ハーマン・メルヴィルの小説『詐欺師』を例に挙げて、チャンスと虚勢が常に野放しのまま放置されているアメリカ人の意識に深く刷り込まれた歴史を示した。

6. 『キング・オブ・コメディ』でのジェリー・ルイスとの作業を通してスコセッシはプロの俳優と仕事をする術を学んだ

1982年の『キング・オブ・コメディ』以前のスコセッシは、比較的低予算で同じグループの人たち(デ・ニーロも含む)と一緒に仕事をしてきたため、自分の作品に対して自家栽培的な意識を持っていた。それこそ、自分の両親すらちょい役で出したこともあるほどだ。


トークショーの有名MCのジェリー・ラグフォード役にジェリー・ルイスを配役したことによって、スコセッシはプロの役者との映画づくりの何たるかに突然気付いたという。ルイスは自分のシーンを撮影するときしか現場に来ないし、自分のセリフを読み、きっちり仕事をこなし、撮影日にそれ以上仕事がなければ早々に帰宅させることをスコセッシに求めた。つまり、役者の時間を全部使えると監督が思い込むのは間違っていることをルイスが教えてくれたと、スコセッシが述べた。

7. 『カジノ』はスコセッシ版『失楽園』(旧約聖書『創世記』第3章)

スコセッシとデ・ニーロは1995年の『カジノ』のワンシーンを紹介した。このシーンでは、砂漠のど真ん中でジョー・ペシがデ・ニーロ演じるキャラクターに向かって罵り言葉満載で口撃する。このときのペシのセリフは「まるでジャズ」を聞いているようだったとスコセッシが言い、「自分なりの『失楽園』の解釈が『カジノ』だと思っていると続けた。「神は彼らに罪の楽園を与えた。そう、ラスベガスだ。彼らにはできないことなどないのに、ことごとく失敗する。そして、最後に楽園から追放されるんだ」と。

8. 激辛口で有名なライター、ノーマン・メイラーは『ライジング・ブル』を気に入った――ファイトシーン以外は

激烈と呼ばれる辛口批評で有名だったノーマン・メイラーも当初『ライジング・ブル』の応援団長で、スコセッシにこの回想録の映画化を強く勧めた一人だった。面白いことに、公開後に暴力的なボクシング・シーンがかなりの論争を巻き起こしたにもかかわらず、メイラーはファイトシーンを「つまならい」と言っていた。

「あなたのおかげでファイトシーンを入れられた」と、『ライジング・ブル』公開から2年後くらいにスコセッシはメイラーに伝えた。そうしたらメイラーは「うん、私はあれだけが気に入らなかった」と答えたという。

9. グラハム・グリーンとジェイムズ・ジョイスの本を教えてくれたのは一人の神父


スコセッシは、自分が育った1940年代後期から1950年代初頭のマンハッタンのローワーイーストサイドについて、さまざまデ・ニーロに話して聞かせ、そこで体験した荒々しく崩壊する世界が自分の作品に大きく影響を与えていると述べた。彼の話によく出てくるエリザベス通り253番地にあった共同住宅の3階で育ったことを引き合いに出して、スコセッシ作品に繰り返し登場するシーンでもある、非常階段から「神の目線」で下を見ていた自身の子ども時代を語った。

しかし、そこの教区の神父だったプリンシペ神父が、現実逃避の手段として子供のスコセッシに古い小説をたくさん教えてくれたという。「神父様は『ここから離れなさい。ここにもいい人はいるが、ここでの暮らし、21歳で結婚して子供を作るという人生サイクルに従う必要はないのです。チャンスを掴んで、現世で手に入れられる利点を活かしなさい』と言っていた」とスコセッシが説明した。

10. 新作『アイリッシュマン』についてはそれほど語らなかったが、この作品の延長線上に次回作品が作られることだけ教えてくれた

対談の終盤になって、会場からNetflixで放送される予定の新作『アイリッシュマン』について教えてほしいという声が出た。それに答えてスコセッシは、「これまで作ってきた作品と同じ感じだ。だが、たぶん、これまでとは異なる観点から描かれたものだと思う。歳を重ねた私たちの世間や物事に対する見方が特別なものになっているはずだからね」と、謎めいた説明で観客を煙に巻いた。

d0007144_17361067.jpg
d0007144_15452222.jpg

ーーー関連エントリー

トライベッカ映画祭 (スコセッシとデニーロ)





  by leonardo_D | 2019-05-04 17:35 | ランキング&アワード

トライベッカ映画祭 (スコセッシとデニーロ)

kuroさま、ありがとう〜〜


ニューヨークで行われているトライベッカ映画祭に訪れていたもよう。

トライベッカ映画祭は2002年に“911からの復興”を目的に、俳優のロバート・デニーロらによって開始され、現在では北米東海岸を代表するインディペンデント映画祭として注目を集めている。のだそう。


今秋米公開のネットフリックス『アイリッシュマン』で再びタッグを組んだマーティン・スコセッシ監督とロバート・デ・ニーロのトークイベントがあったそうで、レオも座席にいた姿が目撃されています。


松さま、ありがとう〜

d0007144_15452222.jpg


https://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-6974939/Leonardo-DiCaprio-girlfriend-Camilla-Morrone-make-low-key-exit.html

カミも4/29にニューヨークで一緒に食事をしていたらしい。
d0007144_15480677.jpg
d0007144_15481091.jpg
d0007144_15481453.jpg

  by leonardo_D | 2019-04-29 15:06 | ランキング&アワード

ラミ・マレックと☆

今年のアカデミー賞の主演男優賞を見事に受賞したラミ・マレック。
「ボヘミアン・ラプソディー」は日本でも大ヒットでしたね!

https://www.hollywoodreporter.com/gallery/oscars-inside-star-studded-night-before-party-1189644/1-rami-malek-leonardo-dicaprio-and-jim-gianopulos

フォックススタジオで行われたアカデミー賞の前夜祭のパーティーで
レオと写真を撮ってます☆
ノミネートされているスターがたくさん参加してますね♪
ラミ・マレックとパラマウント・ピクチャーズの会長兼最高経営者のJim Gianopulos
d0007144_17173155.jpg

d0007144_17173300.jpg

助演女優賞でノミネートされたGlenn Closeと

ドリームワークス・アニメーションSKG最高経営責任者effrey Katzenberg


  by leonardo_D | 2019-02-28 17:11 | ランキング&アワード

「2019年期待の映画・俳優ランキング」(米映画チケット販売サイトFandango)

https://theriver.jp/2019-fandango-imdb-aniticipated/

米国の大手映画チケット販売サイトFandangoが「2019年期待の映画・俳優ランキング」を発表した。

これは2018年12月後半、3,500人以上のユーザーを対象にアンケートを実施した結果を集計したもの。各部門で注目の作品や俳優の名前が並んでいるので、ひとまず映画ファンならチェックしておいて損はないはずだ。ちなみに米国の映画データベースサイトIMDbも、作品ページのページビューを根拠に同様のランキングを発表している。両者を比較したり、日本国内のランキングなどと比較してみても楽しめるはずだ。


レオ関連のところだけ抜粋


2019年 期待の男優ランキング

  1. トム・ハンクス(『トイ・ストーリー4』『A Beautiful Day in the Neighborhood(原題)』)
  2. ロバート・ダウニー・Jr.(『アベンジャーズ/エンドゲーム』)
  3. クリス・エヴァンス(『アベンジャーズ/エンドゲーム』)
  4. サミュエル・L・ジャクソン(『ミスター・ガラス』『キャプテン・マーベル』『アベンジャーズ/エンドゲーム』)
  5. ブルース・ウィリス(『ミスター・ガラス』)
  6. ウィル・スミス(『アラジン』)
  7. ドウェイン・ジョンソン(『ホブス&ショウ(邦題未定、原題:Fast and Furiout Presents Hobbs and Shaw)』『ジュマンジ(続編、仮題)』)
  8. ホアキン・フェニックス(『ジョーカー(邦題未定、原題:Joker)』
  9. レオナルド・ディカプリオ(『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(邦題未定、原題:Once Upon a Time in Hollywood)』
  10. ジェームズ・マカヴォイ(『ミスター・ガラス』『X-MEN:ダーク・フェニックス』『It: Chapter 2(原題)』)


2019年 期待の映画ランキング
  1. 『キャプテン・マーベル』
  2. 『アベンジャーズ/エンドゲーム』
  3. 『X-MEN:ダーク・フェニックス』
  4. 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(邦題未定、原題:Once Upon a Time in Hollywood)』(7月26日米国公開)
  5. 『ジ・アイリッシュマン(邦題未定、原題:The Irishman)』(2019年Netflix独占配信)
  6. 『It: Chapter 2(原題)』
  7. 『ミスター・ガラス』
  8. 『ジョーカー(邦題未定、原題:Joker)
  9. 『アラジン』
  10. 『ヘルボーイ(邦題未定、原題:Hellboy)

Fandangoのランキングと大きく異なるのは、クエンティン・タランティーノ監督最新作であり、レオナルド・ディカプリオ&ブラッド・ピットほか豪華キャストが揃った『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』、そしてマーティン・スコセッシ監督のもとにロバート・デ・ニーロやアル・パチーノら重鎮俳優が結集したNetflixオリジナル映画『ジ・アイリッシュマン』が入っていることだ。どちらも絶対に見逃せない作品にちがいない……!



  by leonardo_D | 2018-12-30 00:19 | ランキング&アワード

LACMA Art+Film Galaにレオ☆ ママやパパ、カミ&カミ母も〜

kuroさま、松さま、あけちんさま、ありがとう〜〜

https://wwd.com/eye/parties/kim-kardashian-leonardo-dicaprio-lacma-art-film-gala-1202897758/

11/3 LACMA Art+Film Gala
毎年参加してますね☆

d0007144_19470202.jpg
d0007144_19472218.jpg
d0007144_19471917.jpg
d0007144_19503408.jpg
d0007144_19503802.jpg
d0007144_19504316.jpg
d0007144_19471615.jpg
d0007144_23044026.jpg
ギレルモ・デル・トロ監督と写真家のキャサリン・オピー

d0007144_23090442.png
d0007144_23090048.jpg
バズ・ラーマン監督!
d0007144_23085594.png
https://www.vanityfair.com/style/photos/2018/11/inside-lacma-art-film-gala-leo-kim-asap-rocky

d0007144_23105284.jpg
Eva Chow, Leonardo DiCaprio, Vivo Nevo, Camila Morrone,
and Guillermo del Toro.

レオに話しかけてるVivi Nevo氏は、1965年、ルーマニア生まれ、イスラエル育ちで、現在は米国籍。
本名はAviv Nevoで、Viviはニックネーム。身長は165cmと小柄。
総合メディア企業・タイム・ワーナー社最大の個人株主であり、「世界のメディア王」ルパート・マードック氏とも親しいと言われるが、そのプライベートは謎に包まれている人物らしい〜


----追記 2018.11.12

ロサンゼルス・カウンティ・ミュージアム・オブ・アート(Los Angeles County Museum of Art以下、LACMA)が11月3日に、2018年「アート+フィルム ガラ(Art+Film Gala)」を開催した。

エヴァ・チョウ(Eva Chow)LACMA評議員と俳優のレオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)が共同ホストを務めた同パーティーでは、フォトグラファーのキャサリン・オピー(Catherine Opie)と17年の映画「シェイプ・オブ・ウォーター(The Shape of Water)」でアカデミー作品賞とアカデミー監督賞を受賞した映画監督、ギレルモ・デル・トロ(Guillermo del Toro)の功績を称えた。

 昨年に引き続き「グッチ」をスポンサーに迎え、多くのセレブリティーが「グッチ」を着用して来場。ラッパーのエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)は「グッチ」19年プレ・スプリング・コレクションのブルーとオレンジのジャカードジャケットにタキシードやゴシックプリントのスカーフを合わせ、女優でミュージシャンのコートニー・ラブ(Courtney Love)は、シルクのロングスリ-ブドレスにレザ-サンダル、リングやイヤリングなど、全身ゴールドでスタイリングした。

 その他、ダコタ・ジョンソン(Dakota Johnson)、バズ・ラーマン(Baz Luhrmann)、ジャレッド・レト(Jared Leto)、ラナ・デル・レイ(Lana Del Rey)、ゾーイ・クラヴィッツ(Zoe Kravitz)、ミランダ・カー(Miranda Kerr)、キム・カーダシアン(Kim Kardashian)、コートニー・カーダシアン(Kourtney Kardashian)ら映画関係者や俳優、女優、モデル、ミュージシャン、インフルエンサーが多く来場。パーティーではベック(BECK)が「Loser」や「Where It’s At」などのヒット曲を披露し会場を盛り上げた。


 「アート+フィルム ガラ」は今回で8回目の開催となる。パーティーの収益は映画をテーマとしたLACMAの展示プログラム強化に使われる他、展覧会、作品収集、教育プログラム、上映会など、LACMAのさまざまな取り組みに充てられる。



  by leonardo_D | 2018-11-06 19:58 | ランキング&アワード

人生で一番泣いた映画ランキングの1位が「タイタニック」

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12205-024436/

意外とストレス解消の効果もある「泣く」という行為。
気分をスッキリさせたいときは、感動的な映画やドラマを見て思いっきり泣くという人も多いだろう。
そこで今回は、これまで観た映画の中で「一番泣いた映画」について、10~60代までの各世代の男女100人に聞いてみた。

 まず、第3位には『ショーシャンクの空に』と『アルマゲドン』が同率でランクイン。
『ショーシャンクの空に』は1994年に公開されたアメリカ映画で、主演はティム・ロビンス。冤罪によって刑務所へ収監された銀行員が、数々の奇跡を起こしながら生き抜いていくという内容で、「苦境からの逆転がしびれる」(31歳男性)、「感動的な作品、いつ見ても泣ける」(43歳女性)との声が集まった。
『アルマゲドン』は主演がブルース・ウィリスで、1998年に公開されたアメリカ映画。内容は、人類を救うべく、地球に接近した小惑星を核爆弾で爆発させるため宇宙に旅立った男たちの闘いを描いた物語。娘婿と一緒に闘っていた父親が、自ら犠牲なることで地球が救われるのだが、やはり、「親子の愛に感動」(37歳女性)、「父親が命を張るところにしびれてしまう」(28歳女性)、「ブルース・ウィルスがかっこよすぎて泣ける」(34歳男性)という声が寄せられている。ちなみに、女優の有村架純(24)も同映画のファンだそうで、以前『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演した際、泣いてスッキリしたい日に『アルマゲドン』を見ると告白していた。

 続く第2位は、1988年に公開されたアニメ映画『火垂るの墓』が選ばれた。太平洋戦争中、空襲で母親と家を失った14歳の兄と4歳の妹が、終戦前後の混乱期を生き抜こうとする姿を描いた野坂昭如氏原作による映画。最後は食べ物も尽き、栄養失調になった妹が息を引き取り、兄も孤児として死を待つだけという悲しい物語である。理由を見ると、「戦争で何もかも失いながら懸命に生きる兄妹に胸を打たれる」(47歳女性)、「兄妹愛にどうしても涙してしまう」(59歳男性)、「兄妹が死ぬところ、泣かずにいられない」(38歳男性)など、悲運な兄妹の姿に涙した人が多いようだ。

 そして見事第1位に輝いたのは『タイタニック』。
1997年のアメリカ映画で、主演はレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット。1912年に起きた英国客船タイタニック号沈没事故に、貧しい画家志望の青年と上流階級の娘のラブストーリーを絡めた超大作だ。
後半、タイタニック号が氷山に衝突し、二人は海に投げ出される。船の残骸につかまりながら救助を待つも、青年は力尽きてしまうのだが、やはりその悲劇的な別れの印象が強いようだ。
「最愛の人が目の前で亡くなるところで泣いた」(35歳女性)、「ドラマティックな死別」(39歳女性)、「主人公が死亡してしまうところで泣いてしまった」(44歳男性)といった声が多数あった。

 ランキングを振り返って見ると『アルマゲドン』『火垂るの墓』『タイタニック』など、「家族や恋人との別れ」というシーンのある映画が上位に。やはり、そんな悲しい要素も盛り込まれた映画が涙を誘うのだろう。

■人生で一番泣いた映画ランキング

第1位:『タイタニック』(1997年・アメリカ)

第2位:『火垂るの墓』(1988年・日本)

第3位:『アルマゲドン』(1998年・アメリカ)

第3位:『ショーシャンクの空に』(1994年・アメリカ)

第4位:『君の名は。』(2016年・日本)

第4位:『グリーンマイル』(1999年・アメリカ)

第4位:『ローマの休日』(1953年・アメリカ)

第5位:『永遠の0』(2013年・日本)

第5位:『いま、会いにいきます』(2004年・日本)

第5位:『世界の中心で、愛を叫ぶ』(2004年・日本)


  by leonardo_D | 2018-05-08 19:47 | ランキング&アワード

4/26 TCM Classic Film Festival でスコセッシ監督がRobert Osborne賞受賞☆プレゼンターはレオ☆

https://www.hollywoodreporter.com/news/leo-dicaprio-present-martin-scorsese-award-at-tcm-film-festival-1103479

ハリウッドのチャイニーズシアターで行われるTCM Classic Film Festivalで、
クラシック映画を維持するための貢献に対し、
スコセッシ監督にRobert Osborne賞を授与することになり
スコセッシ監督と5つの作品に出演し、監督の友人であり協力者のレオが、
プレゼンターなんだそう♪

〜〜

松さま、ありがとう〜〜


スコセッシ監督、ニッコニコ(*^^*)
d0007144_23114954.png
d0007144_23115761.png
d0007144_23120562.png
d0007144_23121241.png
d0007144_23121984.png


  by leonardo_D | 2018-04-27 23:14 | ランキング&アワード

『ブラックパンサー』、タイタニックを抜く

https://www.cinematoday.jp/news/N0099970

全米公開から約2か月が経とうとしているマーベル映画『ブラックパンサー』(3月1日公開)のアメリカ国内における累計興行収入が、『タイタニック』(1997年)を抜き全米歴代興収の第3位にランクインした。

 同作品は、現地時間7日に全米興収が6億6,318万740ドル(約729億4,988万1,400円)に到達。
『タイタニック』(『タイタニック 3D』と20周年記念再上映を含む)の全米興収6億5,936万3,944ドル(約725億3,003万3,840円)を抜いて『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015年)『アバター』(2009年)に次ぐ歴代第3位となった。


 ちなみに、この順位はインフレを反映したものではなく、インフレを調整した歴代ランキングでは『ブラックパンサー』は34位、『タイタニック』は5位となっている。第1位は『風と共に去りぬ』(1939年)。
(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

 『ブラックパンサー』は、黒人俳優をメインキャストに起用しマーベル映画の新境地を開拓した作品で、ワカンダ王国の若き王である主人公ティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)が、漆黒のヒーロー・ブラックパンサーとして王国を守るため悪と戦う。『クリード チャンプを継ぐ男』のライアン・クーグラーがメガホンをとり、マイケル・B・ジョーダン、 ルピタ・ニョンゴ、マーティン・フリーマン、アンディ・サーキスらが参加してる。
 公開からわずか51日目で全米歴代3位となった『ブラックパンサー』だが、この快進撃がどこまで続くのか、引き続き目が離せない。(編集部:倉本拓弥)


  by leonardo_D | 2018-04-10 23:57 | ランキング&アワード

3/2 プレオスカーパーティー

kuroさま、ありがとう〜〜

3/2、プレオスカーパーティーに出席していたそうです☆
エマ・ワトソン、レオとハグで嬉しそう〜
思い切り背伸びもしてるw

ウルフ・オブ・ウォールストリートで共演したマーゴ−ット・ロビーの姿も。

CAA Pre-Oscars Party

http://www.justjared.com/2018/03/03/leonardo-dicaprio-greets-emma-watson-margot-robbie-at-pre-oscars-party/

d0007144_18343909.jpg
d0007144_18362548.jpg
d0007144_18344259.jpg
〜〜


http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-5457709/Leo-DiCaprio-tries-incognito-WME-Talent-party-LA.html

パーティーのはしごかな?
こちらは、トビー君の姿も♡

WME Talent party

d0007144_18433257.jpg
d0007144_18413560.jpg
d0007144_18415317.jpg



  by leonardo_D | 2018-03-06 18:37 | ランキング&アワード

ゴールデングローブ賞のプレパーティー

kuroさま、ありがとう〜〜

http://www.justjared.com/2018/01/06/leonardo-dicaprio-tobey-maguire-buddy-up-at-pre-globes-party/

1/5 ビバリーヒルズのプライベートな邸宅で、ゴールデングローブ賞のプレパーティーが行われていたもよう。
レオやトビー君やルーカス君も一緒に出席していたそうです♪

d0007144_13492204.jpg
d0007144_13492601.jpg
d0007144_13493736.jpg

  by leonardo_D | 2018-01-06 13:42 | ランキング&アワード

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE