支援していたホームレスの為の村がオープン

http://www.afpbb.com/articles/-/3175149?pid=20135217

俳優のジョージ・クルーニー(George Clooney)さんや
レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)さんらの支援で、丸ごとホームレスのための「村」が17日、英スコットランドのエディンバラ(Edinburgh)にオープンした。

 フォース川(River Forth)の河口に面したウオーターフロント、グラントン(Granton)地区に誕生した「ソーシャルバイト村(Social Bite Village)」には、とりどりのパステルカラーで彩られた「ネストハウス(NestHouse)」と呼ばれる小さな家が10軒立ち並ぶ。

 1軒には寝室2部屋とリビングキッチンが備わり、最大20人が暮らせる。家々は花壇に囲まれ、フォース川の素晴らしい眺望が楽しめる村内には住民たちの交流の場となるコミュニティーセンターもある。ホームレスの人々が一般住宅に移るまでの間の住まいとして、誰もがつい外に出たくなるような快適なコミュニティーを目指した。

「従来とは異なるホームレスの居住支援モデルを開発したかった」と、村を設立した慈善団体ソーシャルバイトの共同創設者ジョシュ・リトルジョン(Josh Littlejohn)さんは語る。「コミュニティー環境がとても美しく、人々が十分な支援を受けられ、社会からのけ者にされることなく生活を築いていける住宅支援モデルをつくりたかったんだ」
 
現状ではホームレスになると路上で寝るか、一時宿泊施設(シェルター)で夜を過ごすか、専用のホステル(簡易宿泊所)やベッド&ブレックファースト(B&B)に泊まることになるが「こうした施設には支援は全くなく、社会的には無視され、レッテルを貼られ、負のスパイラルへと人々を追いやっている」(リトルジョンさん)という。

 ソーシャルバイトはスコットランドでサンドイッチ店をチェーン展開し、ホームレスの人々を雇用している。社会的・経済的に恵まれない人々への食事提供のほか、一般客や著名人も来店する。リトルジョンさんによると、クルーニーさんは2~3年前にひょっこり店にやってきて、翌朝にはそれがニュースとして世界中を駆け巡った。

1年後にはディカプリオさんが来店し「現実とは思えなかった」そうだ。

 最近ではヘンリー王子(Prince Harry)と当時まだ婚約者だったメーガン・マークル(Meghan Markle)さん(現メーガン妃、Meghan, Duchess of Sussex)も来店し、募金集めやホームレス支援活動のアピールに大きな支えとなったという。
(c)AFP/Mark MCLAUGHLIN

ーーー関連エントリー
エディンバラにあるホームレスを支援するカフェを訪れる☆
エディンバラにあるホームレスを支援するカフェを訪れる☆ その2


  by leonardo_D | 2018-05-21 19:53 | 環境問題&イベント

<< 「ストレンジャー・シングス」出... ボタンを留めたい! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE