マーゴット・ロビーの夫がレオと共演で嫉妬。(マンソン映画)

ウルフ・オブ・ウォールストリートで共演したマーゴット・ロビー。
今回はレオがマーゴットの隣人役という役柄で共演ですが、
マーゴットの夫がレオとの共演を手放しで喜べないようですねw

https://news.walkerplus.com/article/134981/

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(13)で夫婦役を演じたレオナルド・ディカプリオ(43)と、マーゴット・ロビー(27)が、再タッグを組むことが決定。
しかし、マーゴットの夫トム・アッカーリー(28)は、あまり嬉しくないようだ。

同作で一躍有名になったマーゴットは、その後も『スーサイド・スクワット』(16)などに出演し、ついに今年『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(日本5月4日公開)で各映画賞にノミネートされるなど、飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

次回作は、シリアルキラーのチャールズ・マンソンについて描くクエンティン・タランティーノ監督の次回作に抜擢されたが、相手役が『ジャンゴ 繋がれざる者』(12)でタランティーノ監督とタッグを組んだレオだという。

「とにかくレオはハリウッドきっての“レディ・キラー”で、しかも独身です。
マーゴットはレオの好みですし『ウルフ・オブ・ウォールストリート』での2人の相性は抜群で、皆2人が交際していると確信していたほどです。
マーゴットはその当時トムと交際をしており、2016年には結婚しているので、トムはマーゴットを疑っているわけではないのですが、とにかく心配なのです」と、ある人物がWoman’s Day誌に語っている。

まだまだ快進撃を続ける妻に対して、取り残され感があるのではないか?という指摘もあるが、相手がレオとなれば不安になるのも無理はないかもしれない。

NY在住/JUNKO

ーーー関連エントリー

タランティーノ監督との新作。レオの役どころ
タランティーノ監督と☆チャールズ・マンソンの殺人事件 にアル・パチーノも出演?
新作!タランティーノ監督と☆チャールズ・マンソンの殺人事件




  by leonardo_D | 2018-02-05 00:06 | Once Upon a Time in

<< 映画「レオナルド・ダ・ビンチ」... タランティーノの新作のマンソン... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE