ヘアメイクSian Griggさんのインタビュー

のんのん様、ありがとう〜〜⭐︎

(かきこみより転載)

http://www.wheretowatch.com/2016/02/revenants-oscar-nominated-makeup-artist-sian-grigg-talks-dirtying-dicaprio

ヘアメイクSian Griggさんのインタビュー

タイタニックのころからレオのメイクを担当していて、とても信頼されている人ですね♪
以下は、面白いと思ったポイントを抜粋で。
(英文の読み取りが間違ってたらごめんなさい!)



この作品では、主人公のグラスが傷つき再生していくストーリーの中でメイクがとても重要な役割を持つこと、
「すばらしいメイクだ。」と思われては台無しで、あくまでリアルに見せなければならないこと、
また、撮影場所の気候の過酷さなど、とても大変だったけど、チャレンジしがいがあった..
というような経緯を、詳しく話してくれています。

そして、このインタビューを読むまで知らなかったのですが、
レオの希望で顎を受け口に見せるように下の歯に入れ歯のようなものを付けたり、
鼻を少し大きくしたりして、顔の形をちょっと変えて見せているのだそうです。
また監督の希望でレオを少し老けて見せるために、ひげを毎日グレーに塗ったりしたそう!
このように誰も気づかないようなことをいろいろほどこしていて、もしそうしなければ、
"he’d look like an L.A. boy in a period costume"
なのだそう(笑)

また、過酷な環境で長期間の撮影にかかわることになるのを承知でいどんだレオに対して、
"He’s always such a trooper."、
冷たい水の中に入ったりするようなことをしてほしくなかったのだけど...などと言っています。
(←このあたり、レオの勇ましさを心配つつ、称賛している感じでしょうかね(笑)。)


また、インタビュアーにオスカーノミネートを祝福されて、
いつだって自分の仕事には疑いを持つものだけど、人々が振り向いて、
「そんなことはない、実際、あなたは素晴らしい仕事をした。」と言ってくれることは、
本当に素敵なことだと言っています。
きっと、レオも自分の演技に対して、同じような気持ちですよね!

〜〜

へぇぇ〜!
気がつかなかったけど、お鼻を大きくしていたり、受け口にして、
老けさせて粗野な感じ?をだしているのですね⭐︎
確かにそのままのレオだと、役柄にあったリアルなメイクを施しても
元が美しすぎて、LAの都心に住んでる男の子に見えちゃうのかも〜?!♪

極寒の中に、水の中に入るのは、レオがやると言っても、
危険を伴うので心配になっちゃいますよね..。
しかも過酷な状況下での長期ロケ。
そんな状況下だけでも大変なのに、
さらに命がけといっても過言ではないようなシーンの撮影をしていますものね(;^ω^)
命にかかわるような事故が起きなくて、本当に良かったです!

Sian Griggさん、
以前からのレオの担当さんで、信頼のおけるメイクさんですよね♪
今まで知らなかったお話が飛び出してきて、貴重なインタビューですね😊

そして、
お仕事ですけど、メイクでレオを間近で凝視できるなんて羨ましいー♥

〜〜

ほんとだ。
言われてみると、顎や、下の歯ならびや、お鼻が違う〜。
d0007144_11281464.jpg

  by leonardo_D | 2016-02-28 11:24 | The Revenant

<< 本命とされる五つの理由 (シネ... シネマ・オーディオ協会(CAS... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE