「タイタニック 3D」中国興収成績は第1位!

http://www.hollywood-ch.com/news/12041605.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter&cut_page=1

新しく3D公開された「タイタニック 3D」(公開中)が中国で大ヒットしている。初公開週で5,800万ドル(約47億円)を売上げ、中国の初公開週の興収歴代1位に躍り出た。

ハリウッドレポーターによると「タイタニック 3D」の前は、マイケル・ベイ監督「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」(11)の5,500万ドル(約44億円)が歴代トップの成績だった。

 中国では、「タイタニック 3D」の公開にあたりケイト・ウィンスレットのヌードシーンをカットしたことでも話題となっていた。
中国のSARFT(State Administration of Radio Film and Television)、いわゆる政府の検閲機関は「優れた3D技術によって、観客が映像に触れようと手を伸ばすことが考えられる。
それが他の観客の鑑賞の妨げとなる」との理由から、ウィンスレットの胸が映し出されるシーンは全てカットして公開されている。


〜〜

omepage3.nifty.com/CinePre/Tp/より

10日に中国で封切られた「タイタニック」("Titanic",1997年)3D版は、週末までの総興収が5800万ドルを超えたようだ。

全世界での3D版の総興収は1億9080万ドル、
オリジナル版を含む総興収は20億3400万ドルに達した模様。(Variety)

  by leonardo_D | 2012-04-16 14:40 | タイタニック3D

<< タイタニック号沈没100年追悼... 「ジャンゴ ・アンチェインド」... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE