「AKIRA」ゲイリー・オールドマンに代わって渡辺謙?!

http://www.slashfilm.com/ken-watanabe-gary-oldman-akira/

敷島大佐役は、ゲイリー・オールドマンに代わって、渡辺謙にオファーがいってるようです〜〜。

くわしくはCIA☆映画中央情報局様で。
全文はCIA☆映画中央情報局でご覧ください…!!

一部転載させて頂きます☆↓

ゲイリー・オールドマンとの交渉が進展しなかったワーナー・ブラザースが見切りをつけ、敷島大佐の役を、ハリウッドで最も真面目な名優として尊敬を集めるケン・ワタナベに、あらためて振ることにしたそうです…!!

ケン・ワタナベもゲイリー・オールドマンと同じく、ワーナー・ブラザースの看板映画「バットマン」シリーズのキャストであり、共にクリス・ノーラン監督が絶対の信頼を置く演技派の名優ですから、そうした実績にもとづいて、ゲイリー・オールドマンに匹敵する人材として、ケン・ワタナベの名前が浮上したのかもしれませんが、主役の金田に内定しているギャレットロン・レガシー・ヘドランドをはじめ、ヒロインのケイ役を依頼されたベラ・スワンAKAクリステン・スチュワート、教祖ミヤコ役に予定されているヘレナ・ボナム=カーター、そして、鉄雄の候補にあがっているローガン・マーシャル・グリーン(「プロメテウス」2012年6月8日全米公開)や、ポール・ダノ(「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」2007年)ほか…といった各キャラクターを演じる見込みの俳優たちがみな白人であるため、冒頭のように、アジア発の漫画を映画化するのに、なぜ、アジア人の俳優を使わないのか…?!といった批判がくすぶり始めてきてただけに、日本出身ながら、準主役で出演した「インセプション」(2010年)の大ヒットで世界的にスターのケン・ワタナベを、ここは無難に起用しておこう…という次第に、ワーナー・ブラザースは目論んだのかもしれません…?!

これまで何人もの映画スターが、この企画は間違いなく、絶対に100%失敗する…!!と確信し、今や、どれだけ原作とは違うトンデモ映画に仕上がるのか…?!といった別な意味で期待?!の色メガネで見られている “第2のドラゴンボール” ?!の「AKIRA/アキラ」に、果たして、ケン・ワタナベが出演するのか、しないのか?!、今のところ、ワーナー・ブラザースからのオファーがあったばかりで、ケンさん側のリアクションはまだ何もないので、予想はつきません

~~

d0007144_1341210.jpg




〜〜〜

http://axn.co.jp/dramanews/20111124105.html

渡辺謙に、ハリウッド実写版『AKIRA』への出演がオファーされているようだとtwitch filmが報じている。
だが、渡辺の日本での所属事務所であるケイダッシュの担当者は「現状、わかりかねます」とコメントしており、続報が待たれるところだ。

 twitch filmによると、渡辺がオファーを受けているのは敷島大佐の役。
当初、同役は『ダークナイト』などで知られる名優ゲイリー・オールドマンが有力候補とみられていたが、結局契約にまでは至らなかった模様。
そこで今回、ハリウッドを代表する日本人俳優である渡辺にオファーが出されることになったと同サイトは報じている。

 この突然のニュースにファンが盛り上がっている一方で、渡辺の日本での所属事務所であるケイダッシュの担当者はこの件について「現状、わかりかねます」とコメント。これはロサンゼルスにもマネージメントの担当者がいるためであり、同担当者は、もしオファーの話があったとしてもごく初期の段階であり、まだ渡辺本人も把握していないだろうと説明している。

 監督やキャスティングが二転三転しているハリウッド実写版『AKIRA』については以前、日系アメリカ人のジョージ・タケイが白人キャストの起用に苦言を呈したことが話題になった。だが、その点、日本人の渡辺ならばどこからも文句は出ないはず。すでに鉄雄役のスクリーンを実施しているという情報もあり、徐々に製作が本格化してきた本作。続報が待ち遠しい。
(編集部・福田麗)[シネマトゥデイ ニュース]

ーーー

今までも多くの俳優さんや監督さんの名が上がっては消え、上がっては消え、、と、繰り返しているので、
最終的にキャストがどう決まるのか楽しみでありますが、こうも捻れてしまうと出来上がりが不安になりますね。。

  by leonardo_D | 2011-11-23 12:18 | AKIRA

<< 「Six Million Do... 「AKIRA」鉄雄役にマイケル... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE