<   2008年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

 

お約束ってことで。

「タイタニック2」が製作されるのか?と、噂されたこともあると思うのですが、
個人的には、続編は作ってほしくないです。
このまま感動させておいてほしい〜

ま、有名な動画ですが、一応貼っておきます。
タイタニックの続編です(爆)

Titanic: The Sequel

ロミジュリだったり、キャッチミーだったり、ビーチだったりと、
いろんな映画を切り貼りして作ったと思われる力作。
ジャックは冷凍状態にあり、死んでなかった!というもの(笑)
この動画は面白いけどねw

  by leonardo_D | 2008-03-31 17:20 | 動画

視聴率の結果

日本テレビで放送された「タイタニック」の視聴率ですが、
結果がでました。

こちらのサイトを参照させて頂きました☆

「タイタニック・前編」12.3%。

「タイタニック・後編」12.9%。

うー。
想像していたより、視聴率が良くなかった・・

でも、同じ日に放送された「オールスター感謝祭」15.7%。
「土曜プレミアム・ハリーポッターと秘密の部屋」12.1%。
同じ時間帯の映画枠のハリポタよりは良かったようですが。。

今回4回目の放送ですしね。

1回目 前編34.5% 後編35.4%    2001年 フジテレビ
2回目 前編21.9% 後編26.1%    2003年 日本テレビ
3回目    13.2%          2004年 フジテレビ
4回目 前編12.3% 後編12.9%    2008年 日本テレビ

関連エントリー

  by leonardo_D | 2008-03-31 14:53 | TV情報

視聴率はどのくらい?

昨日今日と2夜連続で、地上波の日本テレビで放送される「タイタニック」。
視聴率は良かったのかな〜?と、ちょっと気になるw

前編、後編の視聴率の平均値を予想するサイトによると、

2003年の放送では前編:21.9%、後編:26.1%だったらしいです。
さて、今回はどのくらいなんでしょね?

ちなみに、地上波初放映(フジテレビ)の時の
平均視聴率前編は34.5%、後編は35.4%だったらしい。 スゴイ!

これはブッシュマン(1983年放映)40.4%、JAWS(1981年放映)37.7%に次ぐ歴代第3位。
瞬間最大視聴率は前編でラブジョイがジャックのポケットにダイヤを忍ばせるシーンの40.7%、後編はローズが笛を吹くシーンの42.7%。
だったらしいです〜♪

カルト・ザ・タイタニックさんより
こちらのサイト、すごい量のタイタニックの情報です( ゚∀゚)


==追記 
ビデオリサーチによると、過去の映画の視聴率ランキングは

2001年に放送した「タイタニック」は、35.4%で歴代第8位でした。
一位は、2003年放送の「千と千尋の神隠し」で、46.9%。
邦画も加えたランキングだと、8位になってしまうのね、、

今回の「タイタニック」の視聴率の発表は、月曜日かな??


==2008.3.31追記

結果は
「タイタニック・前編」12.3%。

「タイタニック・後編」12.9%。 でした。。

関連エントリー

  by leonardo_D | 2008-03-29 19:07 | レオニュース

今日だ。今日w

ちゃー様、有り難う〜

そうそう、本日、日テレで9時03分から「タイタニック」の放送があります。
今日明日と、2夜連続で放送するそうです。

関連記事ヤフーTVより転載

タイタニック(前編)
◇97年、米。レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット。
北大西洋に沈んだ豪華客船タイタニック号の悲劇を、船上で運命的に出会った男女の恋とともに描く前編。

ジェームズ・キャメロン監督。
1912年、17歳のローズ(ウィンスレット)は豪華客船タイタニック号のデッキに立ち、海に身を投げようとする。
彼女は愛してもいない婚約者と結婚させられる自分の人生に絶望していた。
それを止めたのはジャック(ディカプリオ)という画家志望の青年だった。
2人はたちまち恋に落ちるが、タイタニック号には刻一刻と運命の瞬間が訪れようとしていた。

監督 ジェームズ・キャメロン,
出演者 レオナルド・ディカプリオ,
出演者 ケイト・ウィンスレット,
出演者 キャシー・ベーツ,

声の出演者 石田彰,
声の出演者 冬馬由美,
語り 坂上みき

過去の関連エントリー

  by leonardo_D | 2008-03-28 20:35 | TV情報

香港でファンサービス

Thanks Joke

tvbsquare.comより

d0007144_2035411.jpg
d0007144_204366.jpg


香港の「The 11th Hour」のプレミアで、ファンにサインや握手をするレオ。
ツルツル頭さんに守られ、ぼっちゃん刈りのようなかわいいレオちんの後頭部♪
(*´ω`*)カワイイ!

会場には何百人のファンがつめかけたらしいです。
香港の有名人さん(?)が、遅刻してレオに会えず、とても失望したらしい。
映画の上映は午後7時からだったのですが、多くのファンは午前1時から待機して
いたとかw 

  by leonardo_D | 2008-03-28 20:12 | The 11th Hour

バスケットコート訴訟 その2

Thanks Peanut
うーん。
ちょっとよく解らないのですが、、(英語が。笑)

全文はこちらで


バスケットボール・コートの工事で、隣人(Ronald LinclauさんとJoan Linclauさん)から
訴えられていたレオ。
レオがお庭にバスケットボールのコートを作るための工事を進めていたら、
工事の影響で、お隣の家のプールがヒビ割れした、とか、いくつかの植物が勝手に
取り除かれた。等々のことで訴訟を起こされていました。

↓バスケットボール・コート建設停止の要請をレオは拒否。

↓隣人は レオを侵入・迷惑・怠慢で、損害賠償25万ドル(約3000万)を求める。

↓ロサンゼルス裁判官は、仮にレオに対して怠慢及び不法侵入侵害訴訟に許可を
与えた。
訴訟の要求を支持するためにより多くの事実を要求し、去年の5月に
RonaldさんとJoan さんは提起した。

↓レオ側は、造園業者及び、擁壁を建設した外注業者が"主”として
損害に対する責任がある。と主張。

と、いうことなのかな・・?
なんかもっと他にも書いてあったけど、よくわかんない(爆)
早く解決するといいんですが。。

関連エントリー バスケットコート訴訟 その1
関連エントリー バスケットコート訴訟 その3

  by leonardo_D | 2008-03-28 13:19 | レオニュース

横顔が素敵☆

Thanks Joke

この横顔も素敵だったのでペタペタ。
香港での写真です。

d0007144_0401532.jpg


画像はここから
大きいサイズの画像がたくさんありまーす☆

他の画像

  by leonardo_D | 2008-03-28 00:43 | The 11th Hour

HSBC グリーンカード 追記有り

Thanks Joke!

香港に行ったのは、「The 11th Hour」のプレミアだけでなく、
環境問題に一役買うグリーンカードの販売促進の宣伝の為もあったようです。

Source 画像もあり

レオはHSBC(銀行)の新しい「グリーンクレジットカード」を促進するために
香港へ訪問した。
「グリーンカード」は、環境に優しい材料でできていて
紙の消費を減らすために、デジタル請求を行うらしい。
あらゆる業務が環境保護プロジェクトに貢献するとか。


ーーーー2008.3.25 追記

cinemacafeより転載

レオナルド・ディカプリオが香港を初訪問し、23日にHSBC(香港上海銀行)が
発行する新しいクレジット・カード「Green Credit Card」のプロモーションに
参加した。

このカードは使えば使うほど、環境保護に貢献できるというシステムで、
一部の学校に緑色の屋根を建設するユニークなプログラムへ寄付することができる。
カードの素材は無塩素の材料、PETG(非結晶性PETコポリマー)が使用され、
使用明細は紙の節約のためにエレクトロニックのフォーマットで提供されるという。

セレモニーに出席したディカプリオは、自身の製作した環境ドキュメンタリー
『The 11th Hour (原題)』の上映に併せて、「もしクレジット・カードを使うことで、環境に対して何かいいことが出来るなら? 
HSBCのグリーン・カードならそれも可能だ。
世界を代表する銀行がこんな風に地球の未来のためになる行動を起こすのは素晴らしい。
今後、ほかの企業もこれに続いてくれるとうれしいと思います」とコメント。
カードは4月7日から利用開始となる。

(text:Yuki Tominaga)

  by leonardo_D | 2008-03-24 22:28 | レオニュース

香港でプレミア

Thank you very much!! peanut!! and Courtny!! ,Joke!!;)

2008.3.23
「シャッター・アイランド」の撮影中かと思いきや、
なんと香港で、「The 11th Hour」のプレミアをしてました〜!
今年はジャパンプレミアはあるのかしら。 期待してます☆

最近、ブラピやジョニデもそうだったと思うけど、サイドの髪を刈り上げてますね〜
流行なの? たまたまブラピと同じなだけかしらん?! 
演じる年代が同じ頃でたまたまカブったのかな(笑)

画像をありがとう みけ様♪

画像はまとめてここにアップしました☆

d0007144_242494.jpg
d0007144_243497.jpg
HSBCのジェネラル・マネージャーでエグゼクティブ・ディレクターでもあるピーター・ウォン氏とレオ。
d0007144_245669.jpg
ヒゲ! ピントがメチャ合ってます!
d0007144_2195157.jpg
d0007144_222362.jpg

オデコにある2つの陥没もわかるー
d0007144_127443.jpg

d0007144_12182571.jpg



動画も有り!
YouTube Leonardo DiCaprio @ HK - 23.3.2008 香港プレミア

YouTube Green steps take DiCaprio to HK 記者会見

YouTube Interview with Leonardo in HK 23.3.2008

Thanks Peanut!!!
モノクロ版もかっこいいのだー
d0007144_2193175.jpg
d0007144_2193989.jpg



追記
ここにも画像たくさん〜
tungstar.com

  by leonardo_D | 2008-03-24 02:07 | The 11th Hour

The Low Dweller 日本語記事

「The Low Dweller」日本語の記事がでないかしらー?と、思っていたら、ありました!
バラエティジャパンさん、ありがとう♪

variety japanより転載

ブラッド・インゲルスビーは先週まで、ペンシルベニア州の実家に住みながら、父親の保険会社で働く27歳の青年だった。
しかし今月13日(木)に、初めて書き上げた脚本でひと財産を手に入れた。
リドリー・スコットが監督を務め、レオナルド・ディカプリオが主演するかもしれないからだ。

その脚本“The Low Dweller”を、リラティヴィティ・メディアが他4社を押しのけ65万ドルで獲得。
1986年のインディアナ州を舞台にしたダーク・ドラマの映画化権を手に入れた。
殺人罪で捕まり、何年もの間刑務所生活を送ったスリム役をディカプリオが演じる予定。
主人公は、辛抱強く彼の帰りを待っていた恋人と結婚することを唯一の目標としてきたが、釈放後、弟がギャンブルが原因の些細なケンカに巻き込まれ殺されていたことを知る。
そして、罪を償ったばかりでありながら、復讐から目をそむけるわけにはいかなくなっていく、というストーリーだ。

アメリカン・フィルム・インスティテュートで、2年にわたって脚本執筆を学んだインゲルスビー。その後実家に戻り、働きながら脚本を書いていた。
「フォーカス・フィーチャーズのマイケル・プラスに感謝しなければ」。
プラスは、今年1月に読んだ彼の脚本に惚れこみ、脚本をエージェントたちに回していた。WMAが早急に契約を結び、スコット・フリーと繋げた。
その後すぐに、ディカプリオのアピアン・ウェイと、リラティヴィティのライアン・カヴァナーが企画に乗った。

製作時期は決まっていないが、『ノーカントリー』のようなプロットであるのに加え、無骨な作品であるため、撮影期間が1カ月弱でも大丈夫なのではないかと言われている。
スコット監督とディカプリオは、米ワーナー・ブラザースの“Body of Lies”で組んだばかり。再び別の大作を一緒に撮る予定もあるが、この程度の規模の作品ならばなんとかスケジュールにねじ込めるのではないかと見られている。

ディカプリオは、同じようなスケジュール調整を“Shutter Island”でやったばかり。
マーティン・スコセッシ監督と“The Wolf of Wall Street”を共に作る予定だったが、
企画が頓挫したと分かり次第、すぐに“Shutter Island”に鞍替え。
出演の理由は、SAG(米俳優組合)の契約が6月に失効する前に、撮り終えることができるだろうと考えられているからだ。

リラティヴィティが、“The Low Dweller”の資金調達をするのか、またはどこかのスタジオに渡すのか、はたまた大手スタジオにお願いするのかは、明らかになっていない。

~~
リドリー・スコット監督とレオ絡みの話題が続けてでてきているので
ややこしいですなw


===2008.3.24 追記
MTV Japanより転載

レオナルド・ディカプリオが、リドリー・スコット監督の新作スリラー「The Low Dweller」で主演を務めることが明らかになった。
米「ハリウッド・リポーター」が伝えた。

映画の舞台は80年代半ばのインディアナ州。
刑務所を出所後、社会復帰しようとしているディカプリオ扮する主人公が、何者かが自分への恨みを晴らそうとしていることに気づく。
ディカプリオは監督のスコットと共に製作にも関わるという。

ディカプリオは先日、同じくスコット監督の映画「Body of Lies」をクランクアップしたばかり。
同作にはラッセル・クロウも出演している。

「The Low Dweller」は、ブラッド・イングルスビーによるデビュー小説。
イングルスビーはペンシルバニア州出身の20代の保険セールスマンで、余暇に同作を書き上げたという。


ーー
関連エントリー

関連エントリー The Low Dweller 2009年から?!

  by leonardo_D | 2008-03-23 15:01 | ファーナス/訣別の朝

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE