<   2007年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

アカデミー賞 2007

ふぅ。
中継が始まる前から落ち着かず泣きそうでした(笑)

結果は主演男優賞はフォレスト・ウィテカーが受賞。
発表を聞いてレオちんは立ちあがってウィテカーに拍手を
送っていたわ。 ・・・イイコ♪
レッドカーペットでのインタビューで、レオちゃんは
「受賞できない」と、語っていたからなぁ。
私も半分期待してなかったんだけど、
貰えるものなら貰っておきたいオスカー像。
腐ってもオスカー
政治的な絡みが左右してもやっぱりオスカーはほしい。。

はぁ・・・ 残念。

でもでもぉ!!!

スコセッシ監督が監督賞を受賞~~~!!!
きゃーーーー♪

プレゼンターも豪華でスピルバーグにコッポラにルーカスというアリエナイ3ショット!
それに受賞したスコセッシが加わってスゴすぎる4ショット!
スコ監督ったら、何度サンキューを言ったのかわからんほど
たっくさんサンキューを言っていた(笑)
あー。良かった 良かったぁぁ!!
おめでとう スコ監督~♪
やっとやっとオスカー像を手にできたねっ!
会場もスタンデジングオベーションで大興奮だったわ。
レオちゃんも心から祝福していそう♪

あー。
肩の荷がおりた気分だよ。
(一体、私はどんな立場なんだよ。爆)

そしてそして、作品賞もディパーテッドが受賞!!
やったー♪
しかもプレゼンターがジャックニコルソン!

・・自分も出演しとるやんけw

スコ監督、ダブルでおめでとう!!

しかし、リメイクで受賞&レオが受賞していないので複雑ぅ。
リメイク作品とはいえスコ監督作品に仕上がっていたから、見た人にはわかるだろうけど
ディパの奥深さを感じ取れない方には、しょせんリメイク物という目で見られそう。クヤシイ・・
・・今までスコ監督が受賞してないっていうのがそもそもおかしいんだけどさ。

がっかりしたり喜んだり忙しい1日でした。


==============================

☆助演男優賞、マーク・ウォルバーグは受賞ならず。
リトルミスサンシャインのアラン・アーキンが受賞☆

☆ディパーテッド、脚色賞受賞~♪

☆助演女優賞
 ジェニファー・ハドソンでした。菊地凛子は受賞できなかったですー

☆ディパーテッド 編集賞受賞~♪    スコ感涙してた

☆主演女優賞 ヘレン・ミレン(クイーン)

☆主演男優賞 フォレスト・ウィテカー(「ラストキング・オブ・スコットランド」)

☆監督賞 マーティン・スコセッシ(「ディパーテッド」)

☆作品賞 「ディパーテッド」

  by leonardo_D | 2007-02-26 17:02 | ランキング&アワード

ニルヴァーナ(インド料理店)

ニューヨークにある、レオちゃんやマドンナに愛されているインド料理の海外進出店が、
東京赤坂にオープンするそうです
オープンは3月30日。

どの料理がレオちゃんのお気に入りなのか知りたいところ。
名物料理はレオちゃんも食べているかも?!
同じメニューを食べたい~

店の名物は、専用釜で焼き上げる様々な食材を使ったタンドリー料理で、
「柔らかジューシーな骨付き子羊のタンドリーロースト」「ニルヴァーナスペシャルカバブ盛り合わせ」
「レッドクラブ・クローのチリソテー」など。
平均客単価はランチ=1,500円、
ディナーはバー=2,500円・ダイニング= 5,000円。
営業時間はランチ=11時~15時30分、ディナー=17時~23時。

インド料理店「Nirvana New York Tokyo Midtown」
TEL 03-5647-8305

ニルヴァーナ お店のサイト


六本木経済新聞より

  by leonardo_D | 2007-02-24 01:19 | レオの行ったお店

封筒の中身は・・・(ディパーテッド)

ディパーテッド通の「ジョーカーさん」のとっても興味深い視点の文章を発見し、
転載させていただきました!
快く承諾してくれたジョーカーさん、感謝です♪

以下転載~~

ビリーがマドリンに渡した封筒の中身……

mixiのレビューとかを読んでみると、
これについて疑問に思ってるヒトが結構多いみたいなんで、
チョット書いてみよーと思いマス。

オリジナル版であの封筒に当たるのは、
ラストの方でトニー・レオンが精神科医のケリー・チャンに残した、
「俺の秘密を覚えていて、さようなら」 と書かれていたメモ用紙でした。
もちろん〝俺の秘密〟とゆーのは、〝本当の身分〟のコトであって、
つまり〝俺は警官だ〟とゆー真実デス。

『ディパーテッド』ラストの墓地でのシーン、
ビリーの死に対して涙ポロポロのマドリンがクローズ・アップで映し出されマス。
そして今度は、そのマドリンの視線の先にあるビリーの遺影が、
同じくクローズ・アップで映し出されマス。
〝本当の身分〟である警官の制服を身にまとい、
堂々とした表情のビリーの遺影が……

もうお分かりデスよねェ??
あの封筒の中身に入っていたのは、
このときの遺影に使われていたビリーの写真だと思われマス。


『ディパーテッド』を観てて、ホント奥が深いなァ~~、
と思わされた瞬間がいくつもあったんデスが、その中の1つに、
ビリーがマドリンに封筒を渡した直後に今度はマドリンがコリンに別の封筒を渡す、
って瞬間がありマス。
マドリンからコリンへの封筒の中身には、
ビリーからマドリンへの封筒の中身と同じく、ある1枚の写真が入っていました。
だけどそれは、遺影に使われるよーな〝死〟の写真とは真逆で、
妊娠したコトを示す腹部の超音波写真、〝生〟の写真が入っていました。

この2つが交差しているだけでも相当オモロいモンがあるんデスが、
興味深いのはこの順番が〝生〟から〝死〟ではなく、
〝死〟から〝生〟に移行してっているコトです。

これって、キリストの復活のよーなモンを感じるコトもデキませんかァ??

とゆーのも、これは映画評論家の町山智浩さんもパンフや
オサレ雑誌「smart」で書かれていたコトなんデスが、
マドリンとゆー名前は〝マグダラのマリア〟に由来しているからデス。
スコセッシがキリストを描いた『最後の誘惑』で、
〝マグダラのマリア〟はキリストの子供を生みマス。
そして、ビリーがマドリンの部屋を訪れるシーンは、
〝聖母マリア〟への〝受胎告知〟を模していマス。
つまり、マドリンが身ごもっているのはコリン・サリバンの子供ではなく、
ビリー・コスティガンの子供なのデス。

『ディパーテッド』は決して絶望的なモンだけを描いた映画ではありません、
ソコには〝希望〟っつーモンもちゃんと描かれているのデス♪♪



~~転載終わり

なるほど~  
奥が深い~~。 面白い~!

封筒の中身はビリーの警察官の写真かもしれないですね
それでマドリンの妊娠を伝える方法が、超音波写真なのね~~
封筒の中身の映像はなかったけれど、こうやって見るとわかってきますね。
私も、ビリーの身分を証明するなにかだろうと思いつつ、
録音テープのコピーや、コリンの悪事を証明するものとか、
証拠のバックアップみたいなものも候補にありました。
でも、ビリーが一番望んでいたものは、「身分を返してくれ」と、いう事だったし、
マドリンの妊娠とビリーの死を「対」に考えると、ビリーの警官写真が一番納得できるかも。
そして、希望も描かれていたのね。
すげーや。 スコセッシ監督。

見れば見るほどハマっていきます~
何度見ても飽きない!

スコ監督映画はキリスト教、アイリッシュ系のことを映画に取りいれますよね
マドリンの名前の由来もマグダラのマリアに由来していたのね☆
マグダラのマリアって、娼婦だったよね。
ビリーやコリンと関係を持つという事でこの辺りも繋がってきそう。
シオン修道会の聖杯伝説。
マグダラのマリアはキリストの子孫を産んでいるんですよね。
コリンとマドリンはベットシーンの映像がないけれど、ビリーとマドリンのベットシーンは
必要不可欠なシーンだったんだな。改めて思うです。
マドリンのお腹の中の子はやっぱりビリーだわ♪

こういったことを知っていくと、ますますディパーテッドが面白くなってきます!
ストーリーの緻密さとディテールの細かさに驚きますわ
今年のアカデミー賞の監督賞は、スコ監督が受賞しますように・・・

そうそう、今年の監督賞のプレゼンターに、デニーロかジョディ・フォスターの名前が挙がっているとか。

これは「タクシードライバー」じゃんっ!

スコ監督じゃん!

と、、、いうことは!!

スコ監督のオスカー受賞 確定かも?!

↑ この情報もジョーカーさんから教えていただきました。

ジョーカーさん、ありがとう!!!

==追記

マグダラのマリアについてちょっとだけ調べてみた
本の解説なんだけど
http://item.rakuten.co.jp/book/3571867/

歴史上、最も有名な「娼婦」―マグダラのマリア。イエスにその罪をゆるされ、
敬虔な信徒となり、十字架刑の最後を見届け、そしてイエスの復活を最初に目撃した
この穢れの多い女性が、実はイエスの「花嫁」だった―?


映画では、マドリンは娼婦ではないけれど、警官や刑務所の患者さんに
セラピーを通して、男性に癒しを与えていたと思うの。
イエスの復活を最初に目撃したマグダラのマリアらしいけど
これも出産したら母親マドリンも最初に目撃するよね。


スコ監督の「最後の誘惑」を未見なので、こっちもしっかり見ておかねばー。

  by leonardo_D | 2007-02-20 00:58 | ディパーテッド

クゥー・ドゥ・ヴァン

某サロンでお料理教室やセミナー、パーティーがあるのですが、
たまたまヘアメイクのセミナーがあり、そのときヘアメイクの講師として紹介していただいた
「こうじろうさん」の美容院に行ってカットしてもらってきました。

こうじろう先生は「ギルバート・グレイプ」で、レオちゃんが来日した時に
レオちゃんのヘアメイクを担当した方なんですよ♪

今日こうじろうさんから聞いてきたレオちゃんのお話を紹介します。

朝、ホテル(urakuホテルだったかな?)の部屋のチャイムを鳴らすと、一人で部屋で眠っていたレオちゃんが
ドアを開けてくれたんですって。
寝起きのレオちゃんと遭遇したらしい~!   キャー
ママは違うお部屋にお泊りしてたんですって。

今起きたばかりだからと、レオちゃんはシャワーを浴びたらしいです~!
シャワーを浴びている間、こうじろうさんはレオちゃんの部屋でTVをつけたりして待っていたそうです。

(・・・・・私なら覗く)
(・・・・・・・・・・・・・・・・お背中お流しもいたしますっ!w)

部屋にはレオちゃんとこうじろうさんの二人っきりだったらしいです

(・・・・・なんとも羨ましい! ヨダレがでます)

シャワーを浴び終えた、洗い立ての新鮮なフルーツのようなレオちゃんに
メイクと髪のセットをしたそうです。

(・・・・・サラサラの髪にさわりたい・・  スベスベのほっぺに触りたい・・)

レオちゃんは、かっこよくしてもらった髪型に「good!!」と、言ったんですって♪

「CUT」とかの雑誌の撮影は、衣装を用意してくれるみたいなんだけど、
部屋でのインタビューとかは、レオちゃんの自前の服で撮影をしたみたいなの。
レオちゃんは、持ってきた洋服をこうじろうさんに見せて、
「どれを着たらいいかな?」と相談してきて、一緒に選んだらしいのー

(・・・・私なら着替えも手伝うわっ)

途中でマネージャーがお部屋に来たらしいけど、ヘアメイクさんはレオちゃんと
ずーと一緒に行動をするらしいです。

夜は六本木のクラブ「レキシントンクイーン」やお寿司屋さんに連れていったそうな。
すぐさま「VIPルーム」に通されたらしいけど、お酒を飲みに立ったり、
フロアに歩いていったり、普通にクラブを楽しんでいたみたい。
まだ有名じゃなかったけど、レオちゃんのことに気づいたお客さんが
ワーと集まってきた時もあったみたいだけどね。

(・・・・・・一緒にクラブに行きたい・・)

こうじろうさんから見たレオちゃんは、「良い子」「おりこうさん」という印象で
悪いことは教えちゃいけない!と、思ったそうです(笑)
そのときは、タバコも吸ってなかったみたい。

(・・・・そりゃもうイイコです。 かわいいです。 素直です。)

こうじろうさんは、レオちゃんと話しがつまってくると、美容のお話しをしたそうです。
ハゲないようにちゃんとお手入れしておいたほうがよいというアドバイスを
しっかり聞いていたそうですw

(・・今も美肌だし髪の毛もしっかりあるわ)

お店のファイルにあったその時のレオちゃんの写真を見せてもらったので
写真をとってきました。
デジカメだったらもっと鮮明に撮れたんだろうけど、今日は用意してなかったので
携帯カメラで激写。

レオちゃん自前の服で撮影。

d0007144_2114337.jpg



レオちゃん手書きのメッセージ。
ギルバートグレイプのハガキの裏に書かれていました

d0007144_2122163.jpg



私はレッドカーペットで撮影した写真をこうじろうさんに見せたら
「大人になってかっこよくなった~」と、言ってました♪
こうじろうさんも「ギルバート・グレイプ」や「太陽と月に背いて」を見たそうで
演技派だということをご存知でした♪
かわいい顔立ちだからアイドルと思われがちで損しちゃうけど、
レオちゃんの作品をちゃんと見た人にはわかってもらえるのが嬉しい~

では、神宮前にあるこうじろうさんの美容院の紹介
coup de vent

「coup de vent」  03-3405-9395  渋谷区神宮前3-24-5 3F
原宿駅(竹下口)から、竹下通りを抜けて明治通りを左折。
セコムの向かい側の道のビームズの入っているビルの3階です。

  by leonardo_D | 2007-02-16 21:25 | その他・番外編

チラシ

足立区の新聞に折り込まれたリトーキョーのチラシが届きました♪
(反射してしまい上手に撮影できなかった・・)

d0007144_21445721.jpg


チラシと呼ぶには贅沢な代物です!
ポスターみたいです。 (折られているけどね・・)
A2サイズと聞いていたけど、どのくらいの大きさかよくわからなかったんですが
かなりデカイ!

レオファンにとってはお宝チラシだけど、レオファン以外にはただのマンションチラシ。
これは新聞と共にリサイクルやゴミ箱行きになっていくんだろうなぁ・・
もったいなーーーーいっ

関連エントリー
リトーキョーのチラシ

  by leonardo_D | 2007-02-14 21:59 | レオニュース

ネタバレ&妄想入りのディパーテッド_その3

その2からの続きー

コステロに呼ばれビリーがネズミか疑われる
「ボストン市警」のネズミがいるといわれ、「FBIのネズミ」では無いと
言われる。
ビリーは自分が他の仲間と違うのは、人を殺してないだけで、たいしたことじゃない。と
反論。
一度疑われるのは許すが、
二度目は相手が誰であろうと殺す。という。
コステロになりたいものは今まで殺されてきた。
ビリーはコステロの地位になれるが、なりたくない。と強気の発言。
面と向かってコステロにここまで言う人は、今までいなかったんじゃないのかな。
コステロはもう70歳。お金も女性ももううんざりするぐらい手に入れているはずだ。
いい加減、大人しくしたらどうかと勧めるビリーだが、
お金も女ももういらないけど、「やめられないだけだ」と、コステロはいう。

コステロのビリー疑惑の目は続くが、コステロは犯罪をやめようとはしない。

コリンは警察内の内部調査を任される

コステロの取引にビリーははずされる。
この取引の情報が警察に流れなかったら、この取引にいかなかったビリーが
怪しくなる。
ネズミのあぶりだしだ。

コステロがネズミあぶり出し作戦をはじめたことから
ビリーはコステロにばれて殺されるのは時間の問題だと、
クイーナンに電話を入れる。
ビリーの強い希望でクイーナンと密会することになる。

コリンは警察内部のネズミ探しの内部調査という名目でクイーナンに尾行をつける。
クイーナンと密会する相手が、潜入捜査官だからだ。

344番地の空きビルの屋上でビリーとクイーナンは会う。
クイーナンは尾行されていることに気が付かない・・

クイーナンを尾行をしていた警察官から、誰かと接触しているとコリンに情報が入る。
そして、コリンからコステロに情報が流れたのだろう。
ここでクイーナンと会っている相手が、潜入捜査官のネズミである。
コステロ一味は密会場所の「344番地」のビルへと向かう。

家に戻っていたことになっているビリーにも電話があり、(ビルの屋上にいたけど)
「314番地へ来い」と言われる。

コステロの手下は屋上に向かってくる。
ビリーは屋上から逃げだすことに成功したが、屋上からクイーナンが
落とされ殺された・・
ビリーはコステロ仲間とそこで合流する。
駆けつけた風を装う。
そして尾行していた警察とコステロの手下で銃撃戦に・・

314番地と指示したのに344番地に現れたビリーがネズミだと
電話でビリーに連絡をした人は確信する。
でも、ビリーに電話連絡をしたのは、ボストン市警のネズミだったので
コステロ仲間にこの事実を話すことなく死んでいく。

この死体を沼に埋めるが、すぐに警察に発見される。
身元が割れ、市警の潜入捜査官だったとわかるのでネズミ探しは一件落着かと
思いきや、沼に埋めた死体がすぐに発見されるのは、埋めた場所の情報が
警察に流れているんだろうと、コステロは思ったんだと思う。

ビリーが一人で部屋にいて、お酒をラッパ飲みしている時に
クイーナンの携帯電話からビリーに電話がかかってくる。
ビリーは電話にでるものの、死んだ者の携帯電話からの発信だ。
不審に思うビリー。 
電話にでたものの一言も発せずに電話を切る。

着信音が鳴っている間、カメラはビリーを下のほうから顔のアップを撮っている。
なんだか幼くみえるんだよね。なんで死人からの電話なんだよ・?って、表情(・・カワイイw)
でも、意を決して電話に出ると、おっかない仕事モードの顔に切り替わる。(・・カッコイイ)

着信した電話が気になり、逃亡する準備をする。
意を決し、ビリーはクイーナンの携帯に電話をかける。
「おまえは誰だ」
緊迫した空気の中、電話に出たコリンは、一芝居をうつ。
クイーナンに代わって指揮をしているという

ディグナムに電話を代われというが、休暇を取っていると言われ、
コリンのいう事が信用できず、ビリーは電話を切る。

コステロはネズミ探しに執念を燃やす。
自分がコカインの取引現場にいかなくてもいいものを 自ら行く。
コリンから警察の尾行が付いていることを知らされるが、
尾行するのをやめさせろとコリンに無茶な指示をするが、コリンも機転をきかし
尾行車はコステロの車を追うのをやめる。

コリンの思惑どおり、ビリーから取引現場の情報のメールがきたので
警察は取引現場で逮捕の準備。
取引が終わり、退散しようとするコステロと現場を押えた警察と銃撃戦に。

コリンはコステロと対峙する。
コリンはFBIとも繋がっていたコステロに怒りを溜めていた。
FBIに自分が売られているのではないかと? 

コステロはFBIとも繋がっているが、コリンを売ったりしていない。
息子のようなお前を売るものかという。
FBIとも繋がっていたコステロに裏切られた感の強いコリン。
息子と思われたくないという。
力をつけてきたコリンにとって、コステロの存在は疎ましく思えていた頃だったと思う。
息子のようだといいながらも、隙を見て発砲してきたコステロ。
弾は当たらなかった。
コリンはコステロの胸めがけて発砲。  命中。
血を吐きながら後ろに倒れるコステロ。

コステロ、絶命

コステロは息子のようにかわいがり、自分好みのワルに育てたそのコリンの手によって殺された。

コステロ死亡で、これで捜査は終息へ。

ビリーも警察へ出頭。潜入捜査もこれで終わりだ。
身分を返してもらい早く家に帰りたいビリー。

しかし、ビリーはコリンの机の上に、社会保険番号を書いた封筒を見つけてしまう。
この封筒を持っているコリンが コステロと繋がっていたネズミだと知る。

封筒を見られたとわかったコリンはビリーの身元情報を抹消してしまう。

ビリーはマドリンと接触
この封筒を預かってもらいたい。何かあったときか、自分が頼んだとき以外は開封しないで
預かっていてほしい。
信用できる人はマドリンしかいないと封筒を預ける。

マドリンは妊娠していた。
赤ちゃんができたの。と、コリンに告げる。
男の子らしい。

ビリーからコリン宛ての郵送物を勝手に開封するマドリン。
そこにはDVDが入っており、再生しろというメッセージが。
コリンがシャワーを浴びている間にDVDを再生する。
コリンとコステロの電話の会話が録音してあった。
マドリンはコリンが信用できない人物だと呆然。
そして、シャワーからでてきたコリンにテープを聞かせる。

ビリーは身分を戻せと、コリンをクイーナンが殺されたビルの屋上へ呼び出す。
ネズミだったコリンへの怒りは隠せない。
逮捕して警察に突き出すつもりだ。

警察学校で一緒だったデブ(名前忘れたw)とディグナムもこのビルに呼んでいたらしい。
デブは一階で待っていろと指示したのに、屋上まできてしまう。
暴力を振るい銃をコリンに向けている姿を見てデブは驚き、ビリーに銃をおろせと
ビリーに銃を向ける。

ビリーはコリンに手錠をし、エレベーターで降りる。
(結局ディグナムの姿は映像では確認できなかったけど、その様子をどこかで見ていたのかな?! 私が見逃してるだけかな?)

エレベーターが開いた瞬間、ビリーは頭を打たれる・・・・
撃ったのはコリンと同じ立場の警察内部のネズミの人。
デブも撃たれる。。
コリンは警察内部のネズミをを撃つ。

バン!バン!バン!と3人がバタバタと死ぬ・・・

あっけないビリーの死。。
頭を撃たれ、その反動で上を向くビリー。
撃たれた瞬間に頭から真っ赤な血が流れる。

エレベーターのドアが開いた瞬間に撃たれ、なにも考える隙はなかっただろう。
何が起こったのかわからなかっただろう・・
前に倒れ、閉まってくるエレベーターのドアに挟まれる。
ドアはビリーにぶつかり、また開く。

ん・・・・
このシーン、どこかで見たことがある・・

やーん・・・
「太陽にほえろ」の渡辺徹が殉職するシーンと一緒じゃない?!
エレベーターに挟まれて、閉まろうとするドアにお腹がぶつかって
またドアが開くの・・
スコセッシ監督が「太陽にほえろ」を見ていたとは思えないから、偶然だろうけど(笑)
私も、たまたま殉職シーンの番組をやっていたのを見たことがあるだけで
別に「太陽にほえろ」ファンではない。。
どうせなら、、渡辺徹じゃなく松田優作の殉職シーンのほうがいいんだけど・・・

いや、そんなことはどうでもいいのだ。
ビリーはあっけなくコステロの手でなく、ネズミに殺されたのだ!!

コリンはまた嘘八百を警察内部に報告する。

ビリーの葬式の写真が、かっこいい・・
ブルーのシャツの制服が良く似合っている。

買い物を済ませ、マンションに戻るコリン。
部屋のドアを開けると、ディグナムが銃を向けて立っていた。
ディグナムは無言でコリンを撃つ。

コリン、死亡。

ベランダの手すりにネズミがチョロチョロ走る姿を映して ジ・エンド。

妊娠していたマドリンの子供はきっとビリーの子!(そうであってほしい)
コリンの遺伝子が残るなんて嫌すぎる。
マドリンとビリーは愛情があったと思うし、ビリーが生涯最後に信じられ頼った女性だもの。
その女性との子供ならビリーも嬉しいよね。
マドリンだって、コリンの子よりビリーの子のほうがいいよねぇ 

そういえば、
コリンが警察学校を卒業した日、コステロの車の中で、コリンがコステロから
プレゼントを貰うんだけど、その中身が知りたい。
箱を開けるシーンは映るんだけど、中身がなんだったのかわからない~
気になる・・・w

  by leonardo_D | 2007-02-13 20:18 | ディパーテッド

ネタバレ&妄想入りのディパーテッド_その2

その1からの続き・・

コリンの野望の象徴のような議事堂。
議事堂が見えるマンションに引越しを決めるとき、ヨダレをたらさんばかりに
口をポカーンと開けて議事堂に見とれているコリン。
幼い頃からコステロに
「自分の道は自分で掴み取れ。望めが叶う。警官でも犯罪者でも銃を持てばやることはひとつだ」 と、目的を叶えるための手段は選ぶな。と、叩き込まれている。
幼い頃から洗脳して、悪いことでも罪の意識を感じない人物に育てたのよね。
コステロもアイリッシュ系でまともな仕事につけなかったものの
ワルをして周りから一目おかれるマフィアにのし上がった人物だ。
コリンはコステロの警察の情報を流し、コステロから仕組まれた犯人を検挙したりして
警察内でも地位をあげていく。

潜入捜査も1年が経ち、クイーナンとディグナムと密会し、いつまでこんなことを続けるのかっと
怒り爆発するビリー。
追い討ちをかけるようにディグナムが憎まれ口を叩く。
ビリーはディグナムを殴りつけるけれど、もっと殴ってしまえ!と、このときは心の中で思ってました。
車の中で、コステロを早く逮捕しろ。と怒り狂うビリー。
ビリーに警察内部にコステロのネズミがいるということを知らせる。
現場を押えられない警察におかしいと思っていたビリーも、ネズミの存在を確信。
ますます窮地に立たされいく・・
かわいそうなビリー・・(涙)

いよいよマイクロチップの取引にコステロが動く。
警察もこの取引の現場を押えようと動き出す。
でもぉ、コリンがコステロに警察の動きを教えやがる。
コリンは携帯電話のメールでコステロに「携帯電話を使うな」と連絡する。
コステロは手下に「携帯電話の電源を切れ」と指示。
ビリーも電源を切ります。
このときジーパンの後ろポケットから携帯電話を取って電源を切り、またポケットに
携帯を仕舞うシーンがかっこいいのー☆
なんでもない一連の動作がかっこよく見えちゃうのよね。 ビリー! ス テ キ ☆

警察に情報を入れるため、一度、携帯の電源を入れメールを送るビリー。
不安になりながらも、このチャンスを逃すまいとする目の動きの演技がイイ~!
ドキドキしちゃいます。

しかーし、、コステロ側にもコリンによって情報は筒抜け。
まんまとコステロを取り逃がしてしまう・・
あーん。じれったい!

マドリンとお茶を飲んでいるビリー。
マドリンは恋人と真剣に付き合っているけれど、ビリーとお茶をしていることは
コリンに嘘をつくという。
事を荒立てないために嘘をつくというが、ビリーにとっては脈有り!と、思わせてるよね。
なかなかのテクです。
マドリンとの会話を真剣な表情で聞き入るビリーがかわいい♪
ニヤけた表情もあり、目をギュっとつぶってみたりしてかわいい♪
これだけ真剣に自分の話しを聞いてくれて、コロコロ変わるビリーの表情をみるのは
飽きないだろうなぁ~♪
反応がかわいくて、ちょっかい出したくなるわーw

マドリンはコリンの家に荷物を運び始める。
マドリンの幼い頃の写真を部屋に飾らないというコリン。
知り合いも来るし写真は見られたくないという。
ビリーはマドリンの家を訪れた時に、この写真を見つけ、より見やすい高いところへ
写真を飾りなおすというのに、大違いの行動だ。
コリンとマドリンの関係には愛情はなかったのかも?!
「人」として見ているのではなさそう。
マドリンは暴力事件を起こし通院しているビリーとは、将来的なことは考えられなかったのかもしれないけど
愛情があったのはビリー&マドリンのカップルのほうだったみたいだ。
良かったねー ビリー♪
暴力事件も潜入捜査するための偽経歴だし、捜査が終わったらコリンからきっと奪えるよ~♪
本当は犯罪者どころか、潜入捜査が終われば表彰されるリッパな警察官なのだ! 


警察側とコステロ側のネズミ探しが本格化してくる。
ビリーもコステロに疑惑を掛けられる。 が、 コステロはビリーを信じたい気持ちも
あるように感じた。
ビリーの叔父さんジャッキーは信用できる人物だったし、ビリーの父親はコステロ側につかなかったけれど信念の強い人だったようだ。
ビリーは頭の回転の良さや度胸を見込まれ、金儲けのためにコステロに付いたけど、
ビリーの父親はお金が一番大切なものではないと言う信念を貫いた。
実はそういった男が一番強いのだ。と、コステロは言っていた。
その息子のビリーが汚い裏切りはしないんじゃないかという気持ちもあったんじゃないかな。
でも、なぜコステロの縄張りにビリーは姿を現してきたのか。
裏切るようにも思えるし、裏切るような奴じゃないとも思える。
(セリフはかなり違うかも 似たようなセリフを言っていた記憶が・・よく覚えてないw)

ネズミが誰だかわからないコステロは、頭が狂ったかのように血だらけになっていたり
コカインを女にぶっかけている・・  怖い・・

コリンもネズミ探しに躍起になり、コステロ一味の社会保険番号の情報をくれ。と言い、
そのモノの言い方がコステロの逆鱗に触れる。
そんなコステロをちょっと疎ましく思えてきているコリン。
でも、ネズミを炙り出さないと自分の身もヤバイ。 コリンも必死だ。 

上納金の取立ての最中、ビリーはコステロがSIUに情報を流していたのだけではなく、
FBIにも情報を流していたということを知る。
ネズミがいっぱいだ・・

コステロの手下達は店に呼ばれ社会保険番号を紙に書けといわれるがビリーは書けずにいる。
ネズミと疑われるなんてバカバカしいといった素振りで店をでていってしまう。


不安を和らげたいのか? 雨の中、マドリンの家へ行くビリー。
マドリンの顔を見ると、家にまで来たらやっぱりマズイかな。と思い直し帰ろうとするが
マドリンに帰ることはないと言われる。
引越しの準備中ということが部屋を見てわかり、もうすぐ彼氏の家に引っ越すことを知ってしまったビリー。
落ち着きがなくなり残念そうな表情。でもそれを無理に繕おうとしている顔がかーわいいのだっ!
そんな素直な反応がマドリンの胸にメガヒットしたのかもしれない。

そして、マドリンとビリーはあっさりベットイン。 (患者といいのかよっ)
このベットインは伏線になっていくかんじ。

コステロは、ネズミ探しの為の手下が記入した社会保険番号を書いた紙をコリンに渡す。
その尾行をしていたビリー。
惜しくもネズミの顔を見ることができなかった。
尾行されていたと感じたコリンは一般人を刺したりするのよねぇ。
ひどい男だわぁぁ
↑こう書いてしまうと緊迫感がまるでないけど。。
かなり緊迫したドキドキシーンでした!!


続きはまた あとで~

  by leonardo_D | 2007-02-12 20:07 | ディパーテッド

ネタバレ&妄想入りのディパーテッド_その1

シーンごとの「ディパーテッド」を、振り返ってみた。
多くの私情と偏見が入り混じってます(笑)

ギャングオブニューヨークでは、父の仇をとるため、身元を隠し敵のギャングに潜入したけど、
今回は潜入は潜入でも、自らの意思でなく職務として遂行。
犯罪者の一族から決別しようと警察官になったのに、暴力事件を起こし刑務所に入り
その後保護観察&精神科に通院という偽の経歴作りをしていくことになる。
刑務所では上半身裸で赤いパンツ姿で筋トレをしている姿がかわいい(はーと)
白いお肌に似合わぬムキムキっぷり。男らしくなっちゃって~♪
でも、男むさくなるより、いつまでも少年らしさを失わないでいてね♪

出所後、従兄弟のワルの家に行き、食事をごちそうになるビリー。
猫背で食事をすすり、すっかり品のない生活ぶりに変わっている。
右手にスプーン、左手でクラッカーの皿に手を伸ばしていたりする。
お行儀の悪い”ワル”って感じです。  (カワイイ・・)

従兄弟も一度警察官になったビリーに警戒していたけど、しだいに行動を共にするようになる。
従兄弟を騙し、ボストンのマフィア連中に近づいていく。
従兄弟の友達は、マイクロチップを盗み出すために、マス社に偽経歴で潜り込み、
マイクロチップを持ち出した翌日、殺された人物だ。
このマイクロチップはコステロが中国へ売りさばくためのものだったりするのよね。
用済みは殺して処分です。 こわいわ・・
そんなところへ潜入させるなんて・・・

偽人生を歩み始めたビリー。
ストレスは溜まる一方だっただろう。いつも切羽詰った険しい顔をしている。
クランベリージュースが好きだったのか、お酒を飲んで本音を吐露してしまうのを避けたのか
外でお酒を飲むシーンがない。
クランベリージュースを注文したビリーに、「女の飲み物だ。生理中か?」と
からかわれると、一気に怒り爆発。  相手の頭を瓶で殴ってしまう。
急に豹変するのも、普段の鬱憤が溜まっているからなのかな。
コステロと初めて言葉を交わすシーンも、ビリーが飲んでいるのは真っ赤なクランベリージュースだった。

ビリーが武器や盗聴器を持っていないか検査をするフレンチ。
あの役は私がしたかったわぁ~
まず靴を脱がし、手を上げたビリーの脇から足まで触って身体検査~♪
更にビリーをひっくり返して、シャツをめくり上げ腰の辺りの検査~♪
(いや、全然浮かれるシーンじゃないんだけど・・w)
その後、ギブスをしていた左手を机に叩きつけられ、ビリーが絶叫・・・

このギブスは店で暴れた時に怪我をしたものだったんだけど、
この治療を受けているときのビリーは、唯一穏やかな顔だったかも。
女性に優しく接してもらえて嬉しかったのかな。 ルン~♪っていう顔をしていた。
このスケベ男め(笑)

コリンはエレベーターの中で出合ったマドリンを口説いていく。
エレベーターの扉が開いてからも口説いているなんて迷惑な男だ。
一緒に食事をして、「また会ってもいいわ」なんて、マドリンのほうから言っている。
コリンのどこにそんな魅力があるのだー!
もしかして、飢えてる?!

保護観察の身分のビリーは精神科への通院もかかしません。
この精神科医がコリンの恋人のマドリン。
潜入生活の苦悩、犯罪者一族から決別するつもりが、犯罪の数々に手を染めている矛盾した自分。
コステロに警察官だとバレル恐怖。
自分の身分を知っている二人の警察官も頼りなく、孤独に追い込まれていくビリー。
ディクナムにもう少し優しく接してやれと、殴りたくなります。
マドリンに「嘘をついたことあるか?」などと、苦悩を和らげるために話してみたりするけど
イラつきは消えず、安定剤を2錠しか渡さないマドリンとケンカ口調になってしまい、
病院を飛び出していく。
このとき、目を細めて怒るビリー。
犯罪の時や男相手の時と怒りの表し方が違うのよね。
まるでママとケンカしたときのような怒り方。 カワイイ・・(またそれかよw)

そして、安定剤の処方箋を書き、ビリーの後を追うマドリン。
「自殺できる量か?」などと、憎まれ口を叩き、それにのる返事のマドリン。

怒りが爆発する寸前のようなおっかない形相をして、ビリーはマドリンに
「コーヒーでも飲みに行かないか?」と誘う。
こんな怒りを溜めたおっかない表情をしている男とコーヒーなんて飲みに行かないだろうと思うのだけど、
そこは尻軽マドリン。 いや、患者思いのマドリンは応じるのよね。
ビリーのことを思えば、殺される心配のない相手と普通の会話ができる唯一の安らぎの時間。
しだいにマドリンに惹かれていくのは納得です。

マドリンにとって、ビリーは研究対象なの?!
それとも運命的ななにかを感じて、ビリーと接していたのかしら?
母性本能がくすぐられたのかしら?
誘いは断らない主義? それから相手と深く付き合うかどうするか決めるのかしらん?


まだ全然途中なんだけど、時間がないので、今日はこの辺で(笑)
来週中にはラストまで書くと思います。(多分)

  by leonardo_D | 2007-02-11 00:16 | ディパーテッド

リトーキョーのチラシ

足立区の友達から教えてもらいました。
リトーキョーのレオちゃんのA2版の大きいチラシが新聞に折り込まれていたそうです!
もしかしたら、足立区近辺の新聞に折り込まれているかもしれません。
足立区近辺にお知り合いのいる方は聞いてみると良いかも?!

ちなみに、リトーキョーのパンフレットにもレオちゃんのカットが7カットもあるそうです。
大きいパンフレット(36cm×25cm)で、まるで写真集のようだとか。
(ネットにでているカットのようですがね)

リトーキョのサイト

足立区西新井近辺在住の知り合いのなかでは、レオ様が
「 ニ シ ア ラ イ」 とCMでしゃべるところにバカウケしています。
世界のレオ様に「ニシアライ」なんて言わせちゃっていいの~?と、笑っています(笑)
得にレオファンじゃない友達なのですが、このCMは大好評のようですw

ーーー
関連エントリー
チラシ

  by leonardo_D | 2007-02-10 13:01 | レオニュース

王子辞典

2月1日に発売された「王子辞典」という本の中に
レオちゃんも載っていました。
王子様っぽい人がデータベースになっている本なのですが、
少しだけレオちゃんについても書かれていました♪

では、記事の紹介 P59

ディカプリオが暗黒マンガの金字塔「デビルマン」のファンだという話しを聞いたとき
「ああ やっぱ彼は生まれながらの王子なんだな」と、思わず手を叩いて納得したものだ。
そう、「デビルマン」といえば、悪魔界のプリンスだから。
大体彼の場合、母親のお腹にいる頃のエピソードも無視できない。
彼女がダヴィンチの絵画を見ていたとき、お腹を蹴ったから「レオナルド」と名付けた・・
という高貴且つ崇高なお話は彼の王子的オーラを象徴するようである。
彼の代表作といえば映画「タイタニック」に代表されるように悲恋ものだが、
そこから10年が経過し、いまだにそのイメージが彼を取り巻いているのは無視できない事実だが、
それでもいいと思うわけなのだ。
いっそのこと永遠に「タイタニック」シリーズを演じ続けて欲しいくらいである。
沈没船だから無理ですが。 (鈴)


「ロミオ+ジュリエット」  P83

かの有名な古典劇をリメイク。
ロミオとジュリエットがすれ違いに次ぐすれ違いで、死んでからやっと結ばれるという皮肉な
悲恋物語だ。
不良っぽさと純粋さ兼ね備えた現代版ロミオ。
それをレオ様が演じれば、顔にかかった前髪が醸し出すアンニュイさと、深くあいたシャツの
胸元のセクシーさも加わって、最愛の最強の最高!
一般人だとサムいだけになりかねないシェークスピアのキザなセリフも、レオ様が口にすれば
ロマンチックに早変わり。
ワイルドに革ジャンを着て銃を持ったかと思えば、ベットシーンでは無邪気にジュリエットに
甘えたりして、そのギャップにもうクラクラ。
一目で誰かに強く惹かれてしまい、目が離せなくなって一歩も動けなくなる。
そんなレオ様を、私達は画面越しにただひたすら眺めるしかないのだ・・・・
その辺りも皮肉といえば皮肉。 (安)



~~~  太田出版  王子辞典  タイムマシンラボ編 1480円 ~~~~

d0007144_21394646.jpg

  by leonardo_D | 2007-02-08 21:41 | 雑誌

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE