カテゴリ:ファーナス/訣別の朝( 18 )

 

ファーナス/訣別の朝の新聞広告☆

みけ様、ありがとう〜〜☆

27日から公開の「ファーナス/訣別の朝」の新聞広告です。
レオの名前がどぉぉ〜〜ん☆

d0007144_23515167.jpg
d0007144_23515942.jpg

  by leonardo_D | 2014-09-26 23:52 | ファーナス/訣別の朝

「ファーナス/訣別の朝」感想 (ネタバレ有り)

9/18、新宿明治安田生命ホールで行われた試写会で、「ファーナス 訣別の朝」を観てきました☆

原題/Out of the Furnace
配給/ポニーキャニオン
上映時間/116分
監督/スコット・クーパー
キャスト/クリスチャン・ベール/ウッディ・ハレルソン/ケイシー・アフレック/フォレスト・ウィテカー/ウィレム・デフォー/ゾーイ・サルダナ

この作品、一番初めは、リドリー・スコットが監督、レオナルド・ディカプリオが主役を演じるかも?と、言われていたものです。
最終的にレオの会社のアピアンウェイとリドリー・スコットが製作をし、監督がスコット・クーパー、主演をクリスチャン・ベイルが演じることになった作品です。
ですので、レオが演じたらどーだったかな?♡ な〜んて、思いながら鑑賞しました☆
そして、ラッセル(クリスチャン・ベイル)の恋人の名前が「リナ」なんですよ!!w
(このブログをよく御覧の方はご存知かもしれませんが、古くからのレオファンさんのお名前!)
これ、もしレオが演じてたら、狂喜乱舞だったんじゃないかしら〜と、更によけいな想像をしちゃいましたw

ファーナスとは、「溶鉱炉」という意味だそう。
主人公の住む田舎町の製鉄所から、溶鉱炉の白煙が立ち込めていました。

映画の冒頭にAppian wayとレオの名前がクレジットされながら、物語が始まります☆
ここで小さな拍手を思わずしてしまいました〜w( ^ω^)

と、前置きはこのへんにして、、
映画の感想です☆ 
ざっくりあらすじとネタバレしてますので要注意!!

(ネタバレ有り。要注意)

↓ ↓


この映画、男ばかり出てきます。
おじさま率、高めです。
華やかなシーンはありません。
セリフも少なめで、淡々と進んでいきます。
笑いも無し。
漢の映画です。

クリスチャン・ベイルとケイシー・アフレック(←ベン・アフレックの弟なんですって!)の演技は見応えのあるもので、この二人のおかげで、淡々と進む映画も、興味深くスクリーンに釘付けになりました。
物静かな分、よりリアルでした。

ラッセル(クリスチャン・ベイル)は、製鉄所でコツコツと働きながら、病床の父を見舞い、まじめに暮らし、
恋人のリナ(ゾーイ・サルダナ)と、地味ながらも幸せな日常を過ごしていた。
弟のロドニーのこしらえた借金も内緒で返済していたりする家族思いの兄ラッセル。

そして、ロドニー(ケイシー・アフレック)は、イラク戦争でのトラウマを抱えながら、
借金返済の為、ファイトクラブみたいな、ストリートファイト(素手でのケンカ)をし、それを兄には隠しながら日銭を稼いでいる。

そんなある日、酒を飲んだラッセルが交通事故を起こす。
それは死亡事故となり、刑務所に入所し、罪を償うことになる。
刑務所に入っている間に、父親が亡くなり、恋人が去った...。
不注意の交通事故から、人生の転落が始まっていく・・。

刑務所を出所してからも、またラッセルはマジメに製鉄所で働きだす。
恋人だったリナは刑務所にも面会にも来ず、警察官(フォレスト・ウィテカー)と恋人関係になり、新しいスタートを切っていた。
ラッセルにとって唯一の希望と幸せの象徴だったリナ。
ラッセルがリナに復縁を求めるものの、すでにリナのお腹には赤ちゃんが...。

そして、弟のロドニーは、より危険を犯すのをわかっていながら、極悪な犯罪組織の親玉(ウディ・ハレルソン)のもとを訪ね、ストリートファイトの闘いをしようとする。
このファイトの報酬で、全て借金の返済をし、その後はまじめに働く決心をしていた。
これが最後のストリートファイトのつもりだった。
その決意を手紙に残していた。
そして、人生のリスタートを切るつもりだった。

だが、、、
運命とは上手くは行かないもの...。
ストリートファイトは大怪我をしつつも無事に終わったものの、地元への帰り道、極悪の親玉に銃で撃たれて死んでしまう。

ラッセルはリナの新恋人の警官から、弟のロドニーが、極悪犯罪組織が絡む事件に巻き込まれたこと→遺体となって発見されたことを知る。

ラッセルは危険を顧みず、極悪親玉を探し出し、復讐を果たそうとする。
でも、見つけてもさすが極悪。めっちゃしぶとい。
ゴキブリみたいにしぶとい。
足を撃たれ、逃げ切れないことが分かっても、逃げていく。

ラッセルが極悪親玉を捉え、銃で追い詰めている所を、リナの新恋人の警官が発見する。
ラッセルが銃を構えているのを止めるが、後ろでワァワァ喚いているだけで、止めきれない。
そして、ラッセルはバンっと一発、極悪親玉の頭を見事に仕留める。
これで弟の敵を討つことができた。
自らの手で、極悪親玉を傷めつけながら、恐怖心を味あわせながら、ジワジワと復讐しながら始末した。
でも、復讐できても、なんだかすっきりできない結末...。

きっと、、
それは、誰も幸せになっていないせいなのかもしれません。。

弟のロドニーが改心していたのに、、
どうして全て悪い方向に運命が動いてしまったのだろう..
人生は自分の思った通りにいかないものだけれど、物凄くはがゆいです。
ラッセルは復讐は出来ても、また刑務所に入らねばならないでしょう..。
警官に瀕死状態の極悪親玉を突き出すこともできたのに...。
それをしなかったのは、自らの手で息の根を止めたい程の、人生の絶望を味わったせいかもしれませんね...。(泣)
それを思うと心が痛い..。

ラッセルはこの後の人生を生きていけるのでしょうか..。

漢の復讐劇で、私は気分が沈んでしましたが、男性が見るとかっこよく痺れるかもしれません。
どんなことを差し置いてでも、漢にはやらねば!なことがあるのかもですね..。
映像、カットワークがカッコ良かったです!!

映画のセリフで印象に残ったのは、(全然セリフは正確には覚えてないけど。(汗))
ストリートファイトで顔中血だらけのロドニーが、鼻をすすると、
極悪親玉に、「鼻をすするな。目が赤くなるぞ」と、言われていたことでした。
あ、血が目に行っちゃうのか〜と、なんだか生々しく感じてしまいました☆
あと、追い詰めた極悪親玉に「俺はロドニーの兄だ」と、ラッセルが告げたとき、「あの強い奴のか」と、
ちゃんとロドニーを覚えていて、あの強い奴の兄ちゃんに殺されるんじゃしょうがねーな。やられたぜ。みたいなニヤケをしたシーンが印象強く残りました〜!

冒頭とエンディングに流れるパールジャムの「Release」が、胸に響きます。

この映画は多くの男性に観てもらいたいです(^_^)v

劇場公開は9月27日からです☆
大きなスクリーンで味わってください(*^^*)

「ファーナス 訣別の朝」公式サイト
http://furnace-movie.jp/

  by leonardo_D | 2014-09-19 22:19 | ファーナス/訣別の朝

シネコンウォーカーに「ファーナス 訣別の朝」

kuroさま、ありがとう〜〜☆

映画館に置いてある 「シネコンウォーカー」のファーナスの頁に小さいレオ写真が載っていたそうです☆

d0007144_12571362.jpg
d0007144_12571915.jpg


レオがプロデューサーの「ファーナス 訣別の朝」は、9月27日から公開です☆

公式サイト「ファーナス 訣別の朝」

  by leonardo_D | 2014-09-10 12:57 | ファーナス/訣別の朝

「ファーナス/訣別の朝」 サンケイスポーツ

http://www.sanspo.com/geino/news/20140827/oth14082705000006-n1.htmlより

アカデミー賞をはじめ数々の賞に輝いた「クレイジー・ハート」(2009年公開)のスコット・クーパー監督がメガホンを取った新作「ファーナス/訣別の朝」が9月27日、東京・新宿ピカデリーほか全国でロードショー公開される。

 ペンシルベニア州で暮らすラッセル(クリスチャン・ベイル)は年老いて体を壊した父親の面倒を見ながら、製鉄所で働いていた。
イラク戦争で心に傷を負った弟、ロドニー(ケイシー・アフレック)を気にかけながらも恋人、リナ(ゾーイ・サルダナ)の愛に支えられ、平穏な生活を送っていた。
しかし、ある夜を境にラッセルの運命は闇の底へと転がり落ちていく…。

 クーパー監督は今作を撮影するにあたり、「彼なしでは撮れない」と主演のベイルを熱望。
当時、ベイルは「ダークナイト ライジング」の撮影を控えていたため、それが終わるまで1年待って撮影を開始した。
多くの実力派俳優が集結する中、米俳優のレオナルド・ディカプリオと「グラディエーター」でアカデミー賞作品賞などを受賞したリドリー・スコット監督がプロデューサーとしてタッグを組み、全面的にバックアップした。

 西部劇を思わせる男と男の決闘、そしてアメリカン・ニューシネマの遺伝子を受け継ぎ社会性をも併せ持った魂を震わせるクライム・ドラマがついに幕を開ける!!

(紙面から)

  by leonardo_D | 2014-08-27 15:53 | ファーナス/訣別の朝

パール・ジャムの「Release」が冒頭とエンディングで使用される

 9/27公開の「ファーナス/訣別の朝」ですが、パール・ジャムの名曲が使用されるそうです♪

http://timewarp.jp/movie/2014/08/25/66019/

メガホンをとったのは『クレイジー・ハート』(09)でアカデミー賞®をはじめ数々の賞に輝いた期待の新鋭スコット・クーパー。
製作にはレオナルド・ディカプリオ、リドリー・スコットとビッグネームが名を連ねる。
主人公ラッセルを演じるのは『ダークナイト』のバットマンで一躍世界に名をとどろかし、『ザ・ファイター』(10)ではアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞の助演男優賞を受賞したクリスチャン・ベイル。
家族、恋人を失い絶望の淵に追い込まれる男の孤独な戦いを描いた極上のアメリカン・クライムドラマの傑作が遂に日本に上陸する。

本作の予告編とエンディング曲に使用されているのは、1990年代前半にアメリカで大流行したオルタナティヴ・ロック・ムーヴメントの代表格として語られるロック・バンド、パール・ジャム (Pearl Jam)の「Release」。

Usa Today誌が行った最も偉大なアメリカのロック・バンドというテーマの読者投票ではイーグルスなどの大御所を抑えて選ばれるなど、今もなおアメリカの一般聴衆から評価が高いパール・ジャムを一躍有名にしたデビュー・アルバム「Ten」(91)のラストを飾る「Release」は、ライブのオープニングで歌われることも多い名曲だが、未だかつていかなる媒体にも使用許諾がおりたことのない曲である。

しかし、スコット・クーパー監督から曲使用のオファーをされた際に本作を鑑賞したボーカルのエディ・ヴェダーは、感動で涙を流し、曲の使用許可だけでなく、偽りのない気持ちを観ている人に伝えたいとエンディング用にボーカルパートを20年ぶり再録音し直すことに同意した。

「Release」は、父親への思いを歌ったエディにとって非常に私的で思い入れのある曲であり、起用の理由についてスコット監督は、「本作のテーマの一つでもある“喪失”と共通するところがあった」と語っている。

また、本作の冒頭シーンとエンディングの両方で流れるこの曲だが、冒頭シーンで使用されているのは、デビュー・アルバム「Ten」に収録されているもので、エンディングでは本作のために新たに録音されたものが使用されている。


それぞれの収録時に込められた思いを、是非本作で聴き比べていただきたい。

「ファーナス/訣別の朝」 9/27公開

Pearl Jam, Release (HQ Audio)

  by leonardo_D | 2014-08-25 22:24 | ファーナス/訣別の朝

「ファーナス/訣別の朝」日本版トレーラー

9/27 公開  映画『ファーナス/訣別の朝』予告編


公式サイト
http://furnace-movie.jp/

d0007144_20385393.jpg

  by leonardo_D | 2014-08-25 20:39 | ファーナス/訣別の朝

「ファーナス/訣別の朝 」試写会情報☆ 追加有り

レオの出演はありませんが、レオの会社アッピアンウェイがプロデュースした映画です。
主演はクリスチャン・ベイル☆
日本での公開は無いのかと思っていましたが、9/27より公開☆
(詳しくは、左のカテゴリーの「Out of the Furnace」をご覧くださいませ(*^_^*))

「ファーナス/訣別の朝 」試写会情報

■ニューズウィーク日本版
 5名10名様 
日時:2014年9月18日(木) 18:00開場/18:30開映
会場:新宿明治安田生命ホール 東京都新宿区西新宿1-9-1 明治安田生命新宿ビルB1F
応募締切:2014年9月1日(月)10:00
http://www.newsweekjapan.jp/information-furnace.php

■docomo×シネマnavi
10組20名様をご招待!
日時:9月18日(木) 18:00開場/18:30開映
場所:新宿明治安田生命ホール
※PG12作品です。ご応募の際はご注意ください。
締切:9/7(日)応募分まで
http://www.cinemanavi.com/sp/cms.asp?id=00001584

〜〜

りな様、ありがとう〜〜☆

https://qlete.jp/qlete-web/bh61s8fv/present/20140826furnace.php

■シネマスタイル
10組20名様をご招待!
開催日:2014年9月18日(木)
時間:開場18:00/開映18:30
場所:新宿明治安田生命ホール
(〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-9-1 明治安田生命新宿ビルB1F)
当選人数:10組20名様

〜〜

■AOL
日時:9月18日(木) 18時00分開場/18時30分開映
場所:新宿明治安田生命ホール(東京)
プレゼント人数:5組10名様

http://news.aol.jp/2014/08/26/furnace/

■J-WAVE
開演日時:9月18日(木)18:30~
上映場所:新宿明治安田生命ホール
招待者数:60組120名
https://www.j-wave.co.jp/topics/1408_furnace.htm

■CINEMA COLORS
開催日時:9月18日(木) 18:00開場 18:30開映
場所:新宿明治安田生命ホール
ご招待人数:10組 20名様 【応募締切:9月12日】
http://eigairo.com/?p=28975

■パーフェクト ムービー ガイド
日時:9月18日(木) 18:00開場 18:30開映(上映時間:116分)
場所:新宿明治安田生命ホール(新宿区西新宿1-9-1 明治安田生命新宿ビルB1F)
提供数:5組10名様(提供:ポニーキャニオン)
http://www.p-movie.com/2014/08/post-3413.html

■雑誌の「FLIX」
開演日時:9月18日(木)18:30~
上映場所:新宿明治安田生命ホール
招待者数:10組20名
応募方法:綴じ込みハガキ
応募先:
(詳細)FLIX 10月号

■雑誌の「シネマ☆シネマ 」No.52
開演日時:9月18日(木)18:30~
上映場所:新宿明治安田生命ホール
招待者数:5組10名
応募方法:綴じ込みハガキ
応募先:
(詳細)シネマ☆シネマ No.52

■雑誌の「シネマスクエア」vol.65
開演日時:9月18日(木)18:30~
上映場所:新宿明治安田生命ホール
招待者数:5組10名
応募方法:綴じ込みハガキ
応募先:
(詳細)シネマスクエア vol.65

■ハガキで応募
開演日時:9月18日(木)18:30~
上映場所:新宿明治安田生命ホール
招待者数:25組50名
応募方法:官製ハガキ
応募先:
〒105-0012 港区芝大門2-7-9-2F スキップ『ファーナス』試写会週女係
記入事項:住所、氏名、年齢、職業、電話番号

■eiga.com
日付: 2014年9月18日(木)
場所: 新宿明治安田生命ホール(東京・新宿)
開場: 18:00
開演: 18:30
当選者数: 25組50名様
http://eiga.com/preview/2354/

  by leonardo_D | 2014-08-14 21:15 | ファーナス/訣別の朝

9/27 公開「ファーナス/訣別の朝」原題Out of the Furnace」

2008年から新作の噂として登場していた映画です。
レオの出演はないですが、クリスチャン・ベイル主演で、レオの会社アッピアンウェイがプロデュースしています。

まだちょっと先の9月27日から日本公開ですが、
日本でも上映してくれて嬉しい〜☆


http://www.cinemacafe.net/article/2014/06/20/24170.html

『ダークナイト』のバットマンから、『ザ・ファイター』ではジャンキーに変貌を遂げ、アカデミー賞そしてゴールデン・グローブ賞「助演男優賞」を受賞したクリスチャン・ベイル。壮絶な役作りで知られる彼が一介の労働者役として主演し、製作にレオナルド・ディカプリオ、リドリー・スコットというビッグネームが名を連ねる
『ファーナス/訣別の朝』が、9月27日(土)より日本公開されることが決定。
あわせて、豪華キャスト陣の面々も映るポスタービジュアルが解禁となった。

ペンシルベニア州・ブラドックは、ファーナス(=溶鉱炉)から昇る白煙が常に立ちこめる田舎町。
ラッセル(クリスチャン・ベイル)はこの町で生まれ育ち、年老いた父親の面倒を見ながら製鉄所で働いていた。
心配なのは、イラク戦争で心の傷を受けて帰ってきた弟・ロドニー(ケイシー・アフレック)。だが、貧しいながらも恋人・レナ(ゾーイ・サルダナ)とはささやかな幸福の時間を見出していた。
だが、ある夜を境に、彼の運命は闇の底へと転がり堕ちていく…。

本作のメガホンを取ったのは、『クレイジー・ハート』で主演のジェフ・ブリッジスにオスカーをもたらすなど数々の賞を受賞した若き新鋭スコット・クーパー。

製鉄所で煙にまみれながら働く主人公・ラッセルを演じるのは、作品によって体重や毛髪までも増減させ、歯並びまで変えるという役作りで知られるオスカー俳優、クリスチャン・ベイル。
本作では、一見、誠実で寡黙な労働者の男が、実は心の奥底で何かをたぎらせているという複雑なキャラクターを見事に作り上げている。

共演には、“怪優”ウディ・ハレルソンを始め、ヒロインに『アバター』のゾーイ・サルダナ、さらに『セインツ -約束の果て-』のケイシー・アフレック、オスカー俳優のフォレスト・ウィテカー、『グランド・ブダペスト・ホテル』にも出演中のウィレム・デフォー、『8月の家族たち』のサム・シェパードらが集結し、ハリウッドを代表する演技派俳優たちによる魂のぶつかり合いを予感させる。

解禁となったポスターには、クリスチャンがライフルを構える背後に、物語の舞台となる町の象徴でもあるファーナスが描かれ、「運命を撃ち破る。」とのコピーが。
朝焼けに照らされたクリスチャンの横顔から、絶望の果てに何かとの訣別をした男の強い信念を感じさせるビジュアルとなっており、豪華な共演者たちの表情もひと筋縄ではいかない展開を物語っている。

ディカプリオやリドリー・スコットも惹かれた、孤独な男の戦いを描くアメリカン・クライムドラマ。
まずはこのポスターから、その世界観を感じ取ってみて。

『ファーナス/訣別の朝』は9月27日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)

d0007144_2112281.jpg
d0007144_21123785.jpg


Out of the Furnace - Official Trailer (HD) Christian Bale

  by leonardo_D | 2014-06-20 21:19 | ファーナス/訣別の朝

「Out Of The Furnace」訴えられる。。

のんのん様、ありがとう〜〜☆

Out Of The Furnace訴えられたそうです。


〜〜

レオの製作会社アッピアンウェイがプロデュースで、クリスチャン・ベイル主演の映画「Out Of The Furnace」ですが、

映画の中で、ラマポ族に多い名字、デグルートという名のリーダーが、貧乏で乱暴なドラッグ中毒として描かれていること。また、「同血統繁殖した、ニュージャージーの山岳地帯の人たち」と、不適切な呼ばれ方をしている。というのが原因で、ネイティブアメリカンの団体から訴えられているようです。

日本語記事でもありました。(少し前の記事なので、↑の状況と少し変わってるかもです)

2014.1.4
http://www.cinematoday.jp/page/N0059356より

[シネマトゥデイ芸能ニュース] 
クリスチャン・ベイル主演の映画『アウト・オブ・ザ・ファネス(原題) / Out of the Furnace』が、作品の中で自分たちのことが誤った表現で描かれているとして、ネイティブアメリカンの一部族に訴えられていることが、The Independentにより明らかになった。

 本作は、ベイル演じるラッセルが、行方不明になった雇い兵の弟を探し出そうとするストーリー。

 ネイティブアメリカンの一部族、ラマポ族の17人が、本作の脚本家とプロデューサーを相手取って訴訟を起こした。
内容は、映画の中で、ラマポ族に多い名字、デグルートという名のリーダーが、貧乏で乱暴なドラッグ中毒として描かれていること。また、「同血統繁殖した、ニュージャージーの山岳地帯の人たち」と、不適切な呼ばれ方をしているとのことだ。

 一族の長であるドウェイン・ペリー氏は、被告側に名は連ねていないものの、今月はじめに本作が公開された際、「まるで憎悪犯罪だ」とコメントしている。

 『アウト・オブ・ザ・ファネス(原題)』は、現在、世界順次公開中。(鯨岡孝子)

〜〜

2013.12.16
http://www.cinemacafe.net/article/2013/12/26/21043.htmlより


クリスチャン・ベイル主演のリベンジ・アクション映画『Out Of Furnace』(原題)の製作陣を相手取り、アメリカ・ニュージャージーに住むネイティヴ・アメリカンの団体が、5,000万ドル(約520億円)の訴訟を起こしたことが明らかとなった。

この作品は、不況にあえぐ工場地帯を舞台に、犯罪組織とのトラブルに巻き込まれ、行方不明になった弟の復讐のために立ち上がる男(クリスチャン・ベイル)を描いたもの。

同作で、ウディ・ハレルソンが演じた犯罪組織のボスの名前が、「ランプー・マウンテン・インディアン」と呼ばれるニュージャージーのネイティヴ・アメリカンによくある苗字で、またその犯罪組織が「ニュージャージーの山岳地帯に住む、貧困層で、薬漬けで、暴力的」だという描写が、彼らのアイデンティティーを著しく傷つけるものだというのが、訴えの原因だ。

本作の配給会社Relatively Mediaは、マスコミからの質問には沈黙を貫いており、まだ公式コメントを発表していない。関係者は、おそらく訴訟内容をよく吟味した上でコメントを出すのだろうと話している。

(text:Mieko Nakaarai)

  by leonardo_D | 2014-03-05 14:55 | ファーナス/訣別の朝

「Out of the Furnace」 12/6から米公開☆

アメリカで12月6日公開の「Out Of The Furnace」を、
レオが、驚くほどの演技で素晴らしい。と、褒めています☆

主演がクリスチャン・ベールで、アッピアンウェイがプロデュースしている映画ですね☆
今のところ、日本での公開は決まってないみたい。。
観たいなぁ。。!!

  by leonardo_D | 2013-12-06 17:04 | ファーナス/訣別の朝

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE