カテゴリ:新作情報・噂( 193 )

 

レオ『The Black Hand』主演と製作へ☆

http://beagle-voyage.com/leonardo-dicaprio-the-black-hand-movie.html

スティーブン・タルティ(Stephen Talty)原作のスリラー『The Black Hand』映画化作品に主演と製作を兼任することが判明しました。

現在は原作をベースにシナリオを執筆する脚本家を選定中。

原作の舞台は1903年のニューヨーク。正体不明の犯罪組織がイタリア系移民の子供たちの誘拐を繰り返し、ビルは爆破され、多くの犠牲者を出していた。

犯罪組織の姿は見えず、しかしその犯行は同時多発的だった。

そしてあらゆる犯行現場に残された唯一の手がかりこそが「黒い手」だった。


この難題に取り組んだのは「イタリアのシャーロック・ホームズ」と呼ばれたジョセフ・ペトロジーノ。

「黒い手」による犯行がアメリカ全土に広がる中、オールイタリア系警官たちが犯人逮捕のために結集する。


〜〜


http://www.excite.co.jp/News/cinema/20170201/Crankin_4796410.html

2015年の映画『レヴェナント:蘇えりし者』でアカデミー賞主演男優賞に輝いたレオナルド・ディカプリオが、トム・ハンクス主演『キャプテン・フィリップ』の共同原作者ステファン・タルティの新刊『The Black Hand(原題)』の映画化で主演を務めると、Deadlineが伝えた。

【関連】「レオナルド・ディカプリオ」フォトギャラリー

 米パラマウント・ピクチャーズが今年4月に全米発売予定の新刊『The Black Hand(原題)』の映画化権を獲得したという。

ゴッサム・グループとレオナルドの映画製作会社アピアン・ウェイがプロデュースするとのこと。現在、脚本家の選定を進めているそうだ。

 『The Black Hand(原題)』はノンフィクション・ノワールで、イタリアからアメリカ・ニューヨークに拠点を移した悪の集団と、彼らに果敢に挑んだニューヨークの警官ジョー・ペトロシーノ(Joe Petrosino)の姿を描くという。

 イタリアからの無法者集団、通称ブラックハンド(The Black Hand)は1980年代後半から1900年代にアメリカに実在し、アメリカン・マフィアの前身と言える存在だったとのことだ。
彼らは誘拐した人物の家族から身代金を引き出すという悪行を繰り返していたが、ペトロシーノは彼らを忌み嫌う善良なイタリア系移民達の協力を得て一味の逮捕に活躍しながら、最後は彼らの手にかかり命を落としたという。

~~

http://www.hollywoodreporter.com/news/leonardo-dicaprio-star-produce-black-hand-paramount-970634

.

  by leonardo_D | 2017-02-01 19:41 | 新作情報・噂

リメイク版「スカーフェイス」に出演するかも?

https://empireherald.com/scarface-remake-starring-leonardo-dicaprio-and-sofia-vergara-announced-for-2017/

ユニバーサル・スタジオは、「スカーフェイス」のリメイク版の主演は
レオとソフィア・ベルガラとリリース?!

d0007144_23524937.jpeg


ハワード・ホークス監督の「暗黒街の顔役」をリメイクし、
「スカーフェイス」として、1983年にブライアン・デ・パルマ監督&主演アル・パチーノで暗黒街を描いた有名な映画ですね〜☆

またまた有名な作品のリメイクとなると、あーだこーだ言われるので、
不安がつきまといますね...(^_^;)


ーーーー関連エントリー
アントワン・フークア監督「スカーフェイス」をリメイクか

  by leonardo_D | 2017-01-27 23:49 | 新作情報・噂

サン・レコード創業者サム・フィリップス役、演じます☆

少し前に、主演も視野にいれている。というニュアンスで書かれていた記事もありましたが、
主演をレオが演じるのは間違いないようですね☆


http://www.cinematoday.jp/page/N0086991

映画『レヴェナント:蘇えりし者』で念願のアカデミー賞主演男優賞を受賞したレオナルド・ディカプリオが、サン・レコードの創業者サム・フィリップス役に挑戦することが決定した。
Deadlineが報じている。

 本作は、ディカプリオの制作会社アピアン・ウェイがパラマウント・ピクチャーズのもとで企画している作品。
音楽評論家ピーター・ギュラルニックが執筆した著書「サム・フィリップス:ザ・マン・フー・インヴェンティッド・ロックンロール(原題) / Sam Phillip: The Man Who Invented Rock ‘N’ Roll」を基に映画化する予定だ。
ディカプリオはフィリップスを演じるだけでなく、ミック・ジャガーらと共にプロデューサーとしても参加している。

 フィリップスは、アラバマ州の農家の家庭で8人兄弟の末っ子として生まれ、1940年代にアラバマ州のラジオ局WLAYでディスクジョッキー、エンジニア、アナウンサーなどを経験し、テネシー州メンフィスにメンフィス・レコード・サービスを開業。
そこでB・B・キング、ハウリン・ウルフなどを輩出し、1952年にサン・レコードを設立。
エルヴィス・プレスリー、カール・パーキンス、ジェリー・リー・ルイス、ジョニー・キャッシュなどの大物歌手が最初に契約したレコードレーベルとして、黒人、白人などの人種に関係なくさまざまなジャンルのレコードをリリースする。

 1986年にロックの殿堂入りを果たし、1991年にはグラミー賞特別功労賞理事会賞を受賞した。その他、全米に展開するホテルチェーン、ホリデイ・インの最初の投資者でもあった。
そして、2003年にメンフィスの聖フランシス病院で呼吸器不全で亡くなっている。
(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

ーーー関連エントリー
サム・フィリップス伝記映画で主演&プロデュース☆追記有り


.

  by leonardo_D | 2016-10-29 22:47 | 新作情報・噂

サム・フィリップス伝記映画で主演&プロデュース☆追記有り

http://deadline.com/2016/10/leonardo-dicaprio-sam-phillips-sun-studio-movie-1201840489/

http://variety.com/2016/film/news/leonardo-dicaprio-cast-sam-phillips-paramount-1201896820/

https://twitter.com/eigahiho 様より

レオナルド・ディカプリオがサム・フィリップス伝記映画で主演&プロデュース!
ロックンロールを生みだした音楽プロデューサーを描く同作には、原作となる伝記の著者ピーター・グラルニック、ミック・ジャガーも製作として参加

https://twitter.com/i/web/status/789576650518253568様より

音楽プロデューサーのサム・フィリップス(1923-2003)を描いたピーター・ギュラルニックの著書"Sam Phillips: The Man Who Invented Rock 'n' Roll"が、レオナルド・ディカプリオ製作


サム・フィルップスのWIKI
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B9

サミュエル・コーネリアス・フィリップス(Samuel Cornelius Phillips、1923年1月5日 - 2003年7月30日)は、アメリカ合衆国の実業家、レコード会社重役、音楽プロデューサー、ディスクジョッキー。サム・フィリップス (Sam Phillips) として知られる。
1950年代のポピュラー音楽においてロックンロールの登場の一躍を担った。
1940年代から1950年代にかけて彼はプロデューサー、レコード会社オーナー、タレント・スカウトとして活動していた。
テネシー州メンフィスにあるサン・スタジオおよびサン・レコードの創立者として最もよく知られている。

フィリップスはサンでハウリン・ウルフ、カール・パーキンス、ジェリー・リー・ルイス、ジョニー・キャッシュなどを発掘したが、1954年、エルヴィス・プレスリーを発掘したことが最大の功績であった。
また彼はこの時代のリズム・アンド・ブルース、ロックンロールの数々のスターとも関わりがあった。
1969年、フィリップスはサンを売却した。
またフィリップスはホテル・チェーンのホリデイ・インの初期の投資家でもあった。
人種差別撤廃を支持し、音楽業界での人種の壁の撤廃に尽力した。
d0007144_1550998.jpg



~~

やった〜!
主演もするのですね!!

ーーー追記2016.10.25

http://eiga.com/news/20161025/10/

[映画.com ニュース] 
ロックンロールの父と呼ばれ、1950年代の音楽界を牽引した伝説のプロデューサー、サム・フィリップスを描く伝記映画が、レオナルド・ディカプリオ主演で製作されることがわかった。

フィリップスは、米テネシー州メンフィスにあるサン・スタジオの創設者で、エルビス・プレスリーをはじめ、ジョニー・キャッシュ、アイク・ターナー、ジェリー・リー・ルイス、ハウリン・ウルフといった偉大なミュージシャンたちを発掘し育て上げた。

米Deadlineによれば、米パラマウント・ピクチャーズが音楽評論家ピーター・グラルニック著の伝記本「Sam Phillips: The Man Who Invented Rock ‘N’ Roll(原題)」の映画化権を獲得。
ディカプリオの製作会社アッピアン・ウェイとミック・ジャガー、ビクトリア・ピアマン、スティーブ・ビング、リック・ヨーン、原作者グラルニックがプロデュースする。監督、脚本家は近日中に決定する見込みだ。

ディカプリオは「レヴェナント 蘇えりし者」(2015)でアカデミー賞主演男優賞を受賞して以来、次回作がまだ発表されておらず、本作がオスカー受賞後初の出演作となるのか注目される。
ちなみに、パラマウントとアッピアン・ウェイは先ごろ、誘拐された兄弟の実話を描くベス・メイシー著「Truevine(原題)」の映画化権も獲得しており、ディカプリオはプロデュースだけでなく、
主演も視野に入れているという。



.

  by leonardo_D | 2016-10-22 15:40 | 新作情報・噂

スーパーヒーローアニメ「キャプテン・プラネット」の実写化プロデュース

http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/captain-planet-movie-leonardo-dicaprio-938852

https://news.nifty.com/article/entame/movie/12121-N0086818/

レオナルド・ディカプリオが環境保護をテーマにしたスーパーヒーローアニメ「キャプテン・プラネット」の映画化を進めていると The Hollywood Reporter が報じた。

 「キャプテン・プラネット」は、自然の力を操る魔法の指輪を与えられた五人の子供たちを描いた1990年代のアニメーションシリーズ。
五つの指輪を合わせると青色の肌に緑色の髪のスーパーヒーロー、キャプテン・プラネットが現れ、
子供たちは彼の力を借りて環境を汚染する企業や密猟者などに立ち向かう。

これまでスーパーヒーロー映画とは距離を置いてきたディカプリオだが、地球温暖化対策に人一倍の情熱を注ぐ彼だけに、“環境スーパーヒーロー映画”を制作することは特別驚くことでもないのだろう。

 ディカプリオの制作会社アッピアン・ウェイ・プロダクションズとパラマウントがタッグを組み、
『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』などへの出演で知られる俳優・脚本家・プロデューサーのグレン・パウエルらが脚本を務めるものとみられている。
パウエルが主演も務めるのか否かは明らかになっていない。

 映画版はテレビシリーズ終了後から数年たった世界が舞台で、キャプテン・プラネットは今や過去の人となり、子供たちが彼を必要とする以上に、彼の方が子供たちを必要としているという設定になるという。
(編集部・市川遥)

d0007144_13103927.jpg


〜〜

松さま、ありがとう〜〜

http://www.crank-in.net/movie/news/46037

映画『アビエイター』や『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などの作品でプロデューサーとしても手腕を発揮する俳優レオナルド・ディカプリオが、1990年代に6シーズン続いた人気アニメシリーズ『キャプテン・プラネット』の実写映画化を進めているという。The Hollywood Reporterが伝えた。

 米TBS局で後続シリーズも含めて1990年から1996年に放送された『キャプテンプラネット』。
環境問題などに焦点を当てたスーパーヒーロー・アニメシリーズで、地球の女神ガイアが地球の存続危機を察し、アフリカ、北米、ソ連、アジア、南米の5人の若者に大地、炎、風、水、心のパワーを宿す神秘の指輪を与え、
5人が力を合わせてキャプテンプラネットとして地球を守るために活躍するさまを描いた。

 米パラマウント・ピクチャーズが映画化権の獲得に向けて動いているとのことで、映画化が決まればディカプリオ率いるアピアンウェイ・プロダクションズが制作に参加するという。
ディカプリオは映画『レヴェナント:蘇えりし者』の製作総指揮ジェニファー・デイヴィソン・キローランと共に製作として名を連ねる。

 パラマウント・ピクチャーズは脚本家として、ジョノ・マットと、映画『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』など俳優としても活動するグレン・パウエルに目を付けているという。
情報筋の話では、映画版ではアニメシリーズから何十年も経ち、5人が冴えない過去の人になった元ヒーロー達という設定があるという。

 『キャプテンプラネット』の映画化企画は以前、米ソニー・ピクチャーズのもとで進められていたが、実現しないまま時間切れとなった。


.

  by leonardo_D | 2016-10-18 12:52 | 新作情報・噂

差別問題でとばっちり..。ジャラール・ウッディーン・ルーミーの伝記映画

脚本家とプロデューサーが、
ジャラール・ウッディーン・ルーミー役をレオに演じてもらいたいとの発言で、
「ハリウッドの“白人化”」の問題になっているとか。

レオはオファーを受けたわけでも、この映画に参加表明しているわけでもないようです。


http://www.cinematoday.jp/page/N0084234

脚本家とプロデューサーが、『レヴェナント:蘇えりし者』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したレオナルド・ディカプリオに演じてもらいたいとする人物が白人ではないことから、
別の俳優をキャスティングするよう求める署名がオンライン上で集められるなど、
近ごろハリウッドで話題の“役の白人化”に絡めて議論が巻き起こっている。
BBC News などが報じた。


 悲願のオスカー像を手にし、誰もが気になるディカプリオの次回作として取り沙汰されているのが、『グラディエーター』の脚本家デビッド・フランゾーニが13世紀の詩人ジャラール・ウッディーン・ルーミーを描く映画。

現在のアフガニスタンの近くに生まれ、ペルシャ語文学史上最大の詩人とも呼ばれるルーミーの生涯をハリウッド映画にしたいと息巻くデビッドとプロデューサーのステファン・ジョエル・ブラウンだったが、The Gurdian のインタビューで「ルーミー役の第一候補はディカプリオ」と明かしたことから問題が発生した。

 実写版「攻殻機動隊」でスカーレット・ヨハンソンが主人公の草薙素子を演じることが問題視されるなど、白人ではない人物を白人が演じる“白人化”に対して厳しい意見が寄せられる昨今のハリウッド。

この発言もまたたく間に広がり、Twitterには「ルーミーは白人ではない」という意味のハッシュタグ「#RumiWasntWhite」を付けたディカプリオ出演反対の意見が多数投稿され、
署名サイトcare2では、「ハリウッドの白人化を止めろ! ルーミー役には中東出身の役者を!」と呼びかける署名活動に1万3,000人以上(7月1日20時時点)が署名し、現在もその数は増え続けている。

 ディカプリオに近い関係者が米映画情報サイト The Hollywood Reporter で、
「まだディカプリオはオファーを受けたわけではなく、もちろん彼の方から映画への参加を求めていくことはない」というコメントまで発表することとなったこの問題。


「ディカプリオの次回作」と「ハリウッドの“白人化”」という2つの大きな関心事があわさっているだけに、事態はなかなか収束する様子を見せていない。

(編集部・海江田宗)

~~

http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp01607030002.html

米俳優レオナルド・ディカプリオ(41)が、白人ではない役を演じることに抗議する署名活動がオンラインで行われていると英BBCニュースなどが報じた。
米映画「グラディエーター」などを手掛けた脚本家のデビッド・フランゾーニ氏とプロデューサーのステファン・ジョエル・ブラウン氏が、映画「レヴェナント:蘇えりし者」でアカデミー賞主演男優賞を受賞したディカプリオにペルシャ語文学史上最も有名な詩人ルーミーを演じて欲しいと語ったことが発端。

 ルーミーの半生をハリウッドで映画化するに当たり、ディカプリオを主演候補としてあげた2人だが、今年のアカデミー賞にノミネートされた俳優全員が白人だったことから「白すぎるオスカー」として物議を醸したこともあり、さっそくネットでファンたちから抗議の声があがったようだ。
署名サイトでは、「ハリウッドの白人化を止めろ。ルーミー役には中東出身の俳優を」と呼びかけ、1万1000人を超える署名が集まっているという。

 また、ツイッターでも「ルーミーは白人ではない」とのハッシュタグを付けた投稿も多数行われており、再びハリウッドの人種問題がクローズアップされている。ディカプリオの関係者は、「出演オファーを受けてはいない」とした上で、自らこの作品への参加を求めることはないと米ハリウッド・レポーター誌にコメントしている。
(ロサンゼルス=千歳香奈子)



ーーー関連エントリー
13世紀のペルシャの詩人、Jalal al-Din Rumiの伝記映画のプロジェクト


.

  by leonardo_D | 2016-07-01 21:06 | 新作情報・噂

「The Ballad of Richard Jewel」のプロデューサーと仕事をしているらしい

のんのん様、ありがとう〜〜☆

(かきこみより転載)

http://www.indiewire.com/2016/06/leonardo-dicaprio-produce-netflix-film-the-outlaw-ocean-1201691273/

この記事の中で、この作品のエグゼクティブ・プロデューサーである、
Kevin Misherが、“The Ballad of Richard Jewel”のプロデュースでも、現在、
レオと一緒に仕事をしている、と書かれているので、
こちらの企画も、その後続報を聞かないけれど、進行中なのかな??
最近、NYでジョナ・ヒルと一緒のところを何度か見かけられていますものね。
“The Ballad of Richard Jewel”にレオが出るのかどうかはわからないけど、
早く、次の出演作の情報が聞きたいですよね~。



ーーー関連エントリー
「The Ballad Of Richard Jewell」イーストウッド監督かも?!その2
「The Ballad Of Richard Jewell」イーストウッド監督かも?!
「The Ballad Of Richard Jewell」ポール・グリーングラス監督かも?!
「The Ballad Of Richard Jewell」アトランタオリンピックの爆破事件
「The Ballad of Richard Jewell」の脚本家決定(Billy Ray)

.

  by leonardo_D | 2016-06-23 02:11 | 新作情報・噂

「The Outlaw Ocean」 をプロデュース (Netflix)

のんのん様、ありがとう〜〜☆

(かきこみより転載)

http://www.indiewire.com/2016/06/leonardo-dicaprio-produce-netflix-film-the-outlaw-ocean-1201691273/

レオが、Netflix向けに、’The Outlaw Ocean’という
アクションスリラーをプロデュースするそうです。
PGAの会員になったから、というわけではないでしょうが、
このところプロデュース業に精力的ですよね。

~~

プロデュース業も大事ですが、
でも、、早く俳優レオの姿を見たいですよね〜...。

.

  by leonardo_D | 2016-06-23 02:10 | 新作情報・噂

”The Shining Girls” Appian Wayとレオがプロデュース

のんのん様、ありがとう〜〜☆

(かきこみより転載)

http://variety.com/2016/film/news/morten-tyldum-time-travel-movie-shining-girls-1201788372/

イミテーション・ゲームの監督、Morten Tyldumが、
”The Shining Girls”という、タイムトラベルが題材の小説の映画を監督するという話があり、
Appian Wayとレオがプロデュースにかかわるようです。

〜〜

ペンと絵筆inアフリカ様のブログより転載

『シャイニング・ガールズ』(The Shining Girls) アーサー・C・クラーク賞受賞作家ローレン・ビアカスの新作

うら若い女性を時間をかけて殺害し、内臓を取り出して殺害現場を飾り立てる(!?!)連続殺人犯。
キラキラ輝く少女(題名の「シャイニング・ガールズ」の由来)の「輝きを止める」のが動機。(そんな訳のわからない理由で殺されるなんて、被害者は浮かばれないが。)

少女がまだ幼い頃に近づき、「また戻って来るから」と予告。
20歳過ぎに再び姿を現し殺害。現場には以前の被害者から奪った小物(ライターとかベースボールカードとか)を置き去り、新たな被害者の小物を持ち去る。

そんな悠長な手順を踏んでいては、時間がかかって仕方がない。「連続殺人犯」と呼ばれるまでに、数十年かかってしまう!

心配ご無用。

犯人はなんと、タイムトラベラーなのである!

その犯人ハーパー・カーティス(Harper Curtis)を、襲われて瀕死の重傷を負いながら、奇跡的に生き永らえた被害者、カービー・マズラチ(Kirby Mazrachi)が追う。。。

一章一章は短い。「ハーパー 1931年11月20日」「カービー 1974年7月18日」「ゾラ 1943年1月28日」・・・という風に、様々な人々がひとつひとつの章の主人公となっている。ハーパー、カービー、そして殺されていく女性たち。。。それぞれの人生を見事に描き上げる。

特に、被害者が主人公の章はやるせない。自分が狙われていることなど露知らず、それぞれの人生を一生懸命生きている。夫を戦争でなくし、女手一つで4人の子供を育てるゾラ、望まぬ妊娠をして困っている貧しい女性を助けるマーゴ、建築家のウィリー、麻薬中毒のキャサリン・・・。白人、黒人、韓国系など人種も様々。

それが、ある日、ある時、突然、幼い頃一度だけ会ったことのある男に、言葉に尽くせないほど残酷な方法で殺されてしまうのである。殺される側の立場から書かれているから、怖さひとしお。

とにかく、読ませる。

著者は2011年、前作『Zoo City』でアーサー・C・クラーク賞を受賞したローレン・ビアカス(Lauren Beukes)。


〜〜


http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/hot-book-shining-girls-acquired-561252

2013年からレオやアッピアンウェイが映画化に関わってたのですね☆
今回、監督が決まったのですね(*^^*)
2013年当時は、TVドラマ化する予定だったようですね〜


ーーー関連エントリー
ローレン・ビアカスの『シャイニング・ガールズ』(The Shining Girls)をTVドラマ化

.

  by leonardo_D | 2016-06-10 22:20 | 新作情報・噂

13世紀のペルシャの詩人、Jalal al-Din Rumiの伝記映画のプロジェクト

のんのん様、ありがとう〜〜☆

(かきこみより転載)

https://www.theguardian.com/film/2016/jun/08/jalal-al-din-rumi-poet-biopic-and-spider-man-reboot-whitewashing-row

13世紀のペルシャの詩人、Jalal al-Din Rumiの伝記映画のプロジェクトが進行していて、
グラディエイターの脚本家、David Franzoniがかかわっているそうなんですが、
なんと、彼は、レオに主演を演じてほしいと思っているそう!

まだまだこれからの企画だし、無茶なキャスティングな気がするので、
実現するとは思えませんが...。

上のリンク先の肖像画を見ると、またもやお髭もふもふな人。
The Devil In The White Cityの主人公もお髭もふもふな予定なんだから、
次回作ではお髭が無い人の役をやってほしいです!

d0007144_22101960.jpg




〜〜

ジャラール・ウッディーン・ルーミー wiki

ジャラール・ウッディーン・ルーミー(ペルシア語: جلال‌الدین محمد رومی‎、Mawlānā Jalāl ad-Dīn Muḥammad Balkhī-e-Rūmī; トルコ語: Mevlânâ Celaleddin-i Rumi、1207年9月30日 - 1273年12月17日)はペルシャ語文学史上最大の神秘主義詩人である。
同時代のスーフィー・イブン・アル=アラビーと並ぶ、イスラーム神学、スーフィズムの重要な人物の一人と見なされている[1]。「沈黙」を意味する「ハムーシュ」を雅号とし[2]、ルーミーの父バハーウッディーンをはじめとする人々は、「識者」を意味する「ホダーヴァンデガール」と彼を呼んだ[3]。

ルーミーの思想の一つに、旋回舞踏によって「神の中への消滅」という死に似た状態に陥る神秘体験の実行が挙げられる[4]。
ルーミーの没後、コンヤのルーミー廟を拠点とする彼の弟子たちによって、コマのように回って踊るサマーウ(セマ)という儀式で有名なメヴレヴィー教団が形成された。
メヴレヴィー教団では同教団の始祖と仰がれている。主な著書はペルシャ語の詩集『精神的マスナヴィー』(Masnavī-ye Ma'navī; مثنوی معنوی)。
ルーミーの生涯は1244年までの第一期、1244年から1261年までの第二期、1261年から没年までの第三期に大別される

d0007144_2294751.jpg


~~


確かに〜☆
次回はおヒゲ無しのすっきりレオの姿が見たいな〜♡


.

  by leonardo_D | 2016-06-10 22:10 | 新作情報・噂

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE