カテゴリ:新作情報・噂( 211 )

 

映画「レオナルド・ダ・ビンチ」脚本家決定☆

http://eiga.com/news/20180205/8/

映画.com ニュース 
米パラマウント・ピクチャーズが、レオナルド・ディカプリオ主演で映画化する新作「レオナルド・ダ・ビンチ(原題)」に、脚本家のジョン・ローガンを起用した。

パラマウントは、ベストセラー評伝「スティーブ・ジョブズ」「アインシュタイン その生涯と宇宙」などで知られる伝記作家ウォルター・アイザックソンが執筆した新刊「レオナルド・ダ・ビンチ(原題)」の映画化権を獲得。

米Deadlineによれば、ローガンがこの脚色を手がけ、ディカプリオがルネサンス期を代表する芸術家で希代の天才ダ・ビンチに扮する。

ちなみに、ローガンはこれまで、ディカプリオ主演「アビエイター」のほか、「グラディエーター」「ラスト サムライ」「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」「ヒューゴの不思議な発明」「007 スカイフォール」といった大ヒット作を執筆している。

映画「レオナルド・ダ・ビンチ」は、ディカプリオの製作会社アッピアン・ウェイが、ジェニファー・デイビソンとともにプロデュースする。
(映画.com速報)


ーーーー関連エントリー
レオナルド・ダ・ヴィンチ役?!



  by leonardo_D | 2018-02-09 23:11 | 新作情報・噂

マーゴット・ロビーの夫がレオと共演で嫉妬。(マンソン映画)

ウルフ・オブ・ウォールストリートで共演したマーゴット・ロビー。
今回はレオがマーゴットの隣人役という役柄で共演ですが、
マーゴットの夫がレオとの共演を手放しで喜べないようですねw

https://news.walkerplus.com/article/134981/

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(13)で夫婦役を演じたレオナルド・ディカプリオ(43)と、マーゴット・ロビー(27)が、再タッグを組むことが決定。
しかし、マーゴットの夫トム・アッカーリー(28)は、あまり嬉しくないようだ。

同作で一躍有名になったマーゴットは、その後も『スーサイド・スクワット』(16)などに出演し、ついに今年『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(日本5月4日公開)で各映画賞にノミネートされるなど、飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

次回作は、シリアルキラーのチャールズ・マンソンについて描くクエンティン・タランティーノ監督の次回作に抜擢されたが、相手役が『ジャンゴ 繋がれざる者』(12)でタランティーノ監督とタッグを組んだレオだという。

「とにかくレオはハリウッドきっての“レディ・キラー”で、しかも独身です。
マーゴットはレオの好みですし『ウルフ・オブ・ウォールストリート』での2人の相性は抜群で、皆2人が交際していると確信していたほどです。
マーゴットはその当時トムと交際をしており、2016年には結婚しているので、トムはマーゴットを疑っているわけではないのですが、とにかく心配なのです」と、ある人物がWoman’s Day誌に語っている。

まだまだ快進撃を続ける妻に対して、取り残され感があるのではないか?という指摘もあるが、相手がレオとなれば不安になるのも無理はないかもしれない。

NY在住/JUNKO

ーーー関連エントリー

タランティーノ監督との新作。レオの役どころ
タランティーノ監督と☆チャールズ・マンソンの殺人事件 にアル・パチーノも出演?
新作!タランティーノ監督と☆チャールズ・マンソンの殺人事件




  by leonardo_D | 2018-02-05 00:06 | 新作情報・噂

タランティーノの新作のマンソン映画の続報

ブラピもトム・クルーズも出演決まってるのですね〜。
豪華すぎ〜(^_^;)


https://twitter.com/cwmoss7/status/959223944531202049

#タランティーノ 次監督作「マンソン映画」のキャラ続報。
Bピット+Tクルーズは検察役でなくスタントマンの設定。
ディカプリオは惨殺された女優シャロン・テート(マーゴット・ロビー)の隣人役。
当時テートの夫だったポランスキー監督(配役未定)がキー・キャラになる

http://www.indiewire.com/2018/02/quentin-tarantino-manson-movie-roman-polanski-1201924310/


ーーー関連エントリー

タランティーノ監督との新作。レオの役どころ
タランティーノ監督と☆チャールズ・マンソンの殺人事件 にアル・パチーノも出演?
新作!タランティーノ監督と☆チャールズ・マンソンの殺人事件

  by leonardo_D | 2018-02-05 00:02 | 新作情報・噂

タランティーノ監督との新作。レオの役どころ

りな様、ありがとう〜〜

当初、ストーリーは伏せられていましたが、
レオの役はハリウッドを目指す失業中の年老いた俳優と伝えられていましたが、
人気ドラマ番組の主演を務め、映画界を目指すも失敗し、B級映画の盛んなイタリア行きを考える俳優役と詳細がわかりつつあるようです〜
レオの出演時間が長いといいなぁ〜♥

http://www.crank-in.net/movie/news/53803

 2012年の異色西部劇『ジャンゴ 繋がれざる者』でクエンティン・タランティーノ監督と初タッグを組んだ俳優レオナルド・ディカプリオが、タランティーノ監督とマンソン・ファミリーを題材にした新作で2度目のタッグを組むという。


 タランティーノ監督の9本目の監督作はタイトル不明。共同生活を送っていたチャールズ・マンソン率いるマンソン・ファミリーが、ロマン・ポランスキー監督の身重の妻で女優のシャロン・テートら5人を殺害した1969年夏のロサンゼルスが舞台になるということだ。

 Deadlineによると、レオナルドは当初、年老いた俳優を演じると伝えられていたが、新たな情報では『Bounty Law』という人気の西部劇ドラマの主演を務めた俳優という役どころになるという。映画界への進出に失敗し、低予算の西部劇が盛んなイタリア行きを考えているとのことだ。

 映画『スーサイド・スクワッド』の女優マーゴット・ロビーがシャロン役をオファーされたほか、俳優トム・クルーズやブラッド・ピットといったトップスターの名前も挙がっているが、出演するかは不明。

 配給は米ソニー・ピクチャーズで、2019年8月9日(現地時間)より全米公開が予定されている。


〜〜


https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0123/hwc_180123_5321871519.html


2012年の異色西部劇『ジャンゴ 繋がれざる者』でクエンティン・タランティーノ監督と初タッグを組んだ俳優レオナルド・ディカプリオが、タランティーノ監督とマンソン・ファミリーを題材にした新作で2度目のタッグを組むという。 タランティーノ監督の9本目の監督作はタイトル不明。共同生活を送っていたチャールズ・マンソン率いるマンソン・ファミリーが、ロマン・ポランスキー監督の身重の妻で女優のシャロン・テートら5人を殺害した1969年夏のロサンゼルスが舞台になるということだ。

 Deadlineによると、レオナルドは当初、年老いた俳優を演じると伝えられていたが、新たな情報では『Bounty Law』という人気の西部劇ドラマの主演を務めた俳優という役どころになるという。映画界への進出に失敗し、低予算の西部劇が盛んなイタリア行きを考えているとのことだ。

 

ーーーー関連エントリー

タランティーノ監督と☆チャールズ・マンソンの殺人事件 にアル・パチーノも出演?

新作!タランティーノ監督と☆チャールズ・マンソンの殺人事件



  by leonardo_D | 2018-01-23 16:40 | 新作情報・噂

タランティーノ監督と☆チャールズ・マンソンの殺人事件 にアル・パチーノも出演?

https://news.walkerplus.com/article/134467/

クエンティン・タランティーノ監督の新作に、レオナルド・ディカプリオの出演が正式に決定したと、米Deadline.comが報じている。
物語はカルト集団「マンソン・ファミリー」の殺人事件を題材にしたもの。レオナルド・ディカプリオは、秘められたカルト集団のストーリーに関係のある、老いたハリウッド俳優を演じるそうだ。
マンソン・ファミリーに殺害されてしまう女優シャロン・テート役にはマーゴット・ロビーの配役が検討されている。

さらに現在タランティーノ監督は、本作に名優アル・パチーノの出演を強く希望しているという。
アル・パチーノとはまだ出演の交渉段階には入っていないようだが、タランティーノ監督の作品は毎回注目度が高いため、彼の求めるようなオールスター・キャストになる可能性は非常に高い。

現時点では本作の題名は未定だが、2018年中旬に撮影され、2019年に公開される予定との事だ。
                           LA在住/小池かおる

ーーー関連エントリー
新作!タランティーノ監督と☆チャールズ・マンソンの殺人事件


  by leonardo_D | 2018-01-22 20:48 | 新作情報・噂

新作!タランティーノ監督と☆チャールズ・マンソンの殺人事件

おまめ様、ありがとう〜〜☆

http://deadline.com/2018/01/leonardo-dicaprio-quentin-tarantino-manson-movie-casting-1202241971/

http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-5264189/Leonardo-DiCaprio-starring-Quentin-Tarantinos-movie.html

https://qetic.jp/film/quentine-tarantino-171121/269091/

Twitterでディカプリオがトレンド入りしていたそうです。
なにかと思ったら、レオの新作の話題です☆
タランティーノ監督とのもので、ジャンゴに続き2回目☆
公開日も決まっているようなので、期待大☆
早く撮影始まっておくれ〜♪


アメリカの元カルト教団指導者チャールズ・マンソン(Charles Manson)の殺人事件が起きた1969年のLAを背景にしたパルク・フィクション的な映画になるんだとか。
マーゴット・ロビーが惨殺された女優さんのシャロン・テート役。
ソニーが配給で、公開日は2019年8月9日。

〜〜

https://www.cinematoday.jp/news/N0097604

俳優のレオナルド・ディカプリオが、クエンティン・タランティーノ監督が取り掛かっている新作映画の主演を引き受けることになったとDeadline.comや The Hollywood Reporter が報じている。

 タランティーノ監督にとって9本目の長編劇場映画となる本作は、カルト集団「マンソン・ファミリー」によって、ロマン・ポランスキー監督の妻であった女優のシャロン・テートさんが殺害された1969年のロサンゼルスを舞台にしたアンサンブル作品になるという。
ディカプリオは以前より同作の出演候補として名前が挙がっていたが、ようやく本決定となったよう。なおストーリーの詳細は伏せられているが、ディカプリオは年老いた俳優の役柄で登場するとのこと。

〜〜

https://theriver.jp/dicaprio-tarantino-cast/

カルト指導者による女優シャロン・テート殺害事件を描くクエンティン・タランティーノ監督作に、レオナルド・ディカプリオが出演することが決定した。米国時間2018年1月12日、Deadlineなど複数メディアが報じた。
タランティーノ監督にとって9作目となるこの作品は、1969年のロサンゼルスが舞台。シャロン・テート殺害事件と、ハリウッドでの成功を狙う2人の俳優およびそのスタントマンのストーリーが同時に描かれる。
過去の監督作『パルプ・フィクション』(1994)のようなオムニバス形式の映画になるという。

この映画でディカプリオが演じるのは、失業中の年老いた俳優。
メインキャラクター2人のうちの1人だというから、ハリウッドパートにおける主役ということなのかもしれない。

なお候補にはディカプリオの他、ブラッド・ピットやトム・クルーズの名前も挙がっていた。この2人が作品に出演するのか否かは明らかになっていない。

〜〜

チャールズ・マンソンのwiki






  by leonardo_D | 2018-01-13 14:29 | 新作情報・噂

ビリー・ミリガンを描く映画『ザ・クラウデッド・ルーム(原題) / The Crowded Room』


俳優のDacre Montgomery(デイカー・モンゴメリー)のインスタに「The Crowded Room」の文字の入った画像がアップされているので、The Crowded Roomに出演するのかと思われるのですが、GQアワードでレオと共演したいと語ったとか。

レオにまでツイートしてる...
https://mobile.twitter.com/dacremontgomery/status/931286994591690752


IMDbを見たら、まだキャストの発表はないですね。
The Crowded Roomは、以前にレオが製作&主演という噂があったものだし、本当にレオが出演するのか気になる〜
映画化のお話が進んでいるのかな???
24の多重人格で知られるビリー・ミリガンを描く映画ですね☆
IMDb 

〜〜

関連エントリー
ビリー・ミリガンを描く映画『ザ・クラウデッド・ルーム(原題) / The Crowded Room』にリアーナ?

ビリー・ミリガンを描く映画『ザ・クラウデッド・ルーム(原題) / The Crowded Room』




  by leonardo_D | 2017-11-21 19:27 | 新作情報・噂

スコセッシ監督と。セオドア・ルーズベルト米大統領の伝記映画で主演

https://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/レオナルド・ディカプリオ、スコセッシ監督と再タッグでルーズベルト大統領役に/ar-AAsvEMc?ocid=st#page=2

映画『レヴェナント:蘇えりし者』で初オスカーを手にした俳優レオナルド・ディカプリオが、マーティン・スコセッシ監督によるセオドア・ルーズベルト米大統領の伝記映画で主演を務めるという。VarietyやDeadlineなどの海外メディアが伝えた。

 米パラマウントピクチャーズのもと、ディカプリオは『レヴェナント:蘇えりし者』のジェニファー・デイヴィソン・キローラン、スコセッシ監督らと共に製作総指揮も務める。

 1858年ニューヨーク生まれのルーズベルトは、ニューヨーク市警本部長職を経て、1882年にニューヨーク州下院議員に就任。ニューヨーク州知事になった後、ウィリアム・マッキンリー政権下で副大統領を務め、1901年に大統領が暗殺されると第26代大統領に就任。自然保護に積極的に取り組んだことでも知られる。

 ルーズベルト大統領の伝記映画は過去にもディカプリオが興味を示していたが、実現しなかったという。気心の知れたスコセッシ監督との再タッグで今回は映画化が加速しそうだ。脚本はスコット・ブルームが執筆する予定。

 ディカプリオ主演、スコセッシ監督メガホンの作品は、2001年の『ギャング・オブ・ニューヨーク』に始まり過去に5本製作されている。また今回の伝記映画の他に、『The Devil In The White City(原題)』と『Killers of The Flower Moon(原題)』の2作品が進められており、すべての作品が予定通り製作されれば、ルーズベルト伝記映画は実に8度目のタッグ作品となる。

d0007144_19005142.jpg

  by leonardo_D | 2017-09-27 18:58 | 新作情報・噂

スピルバーグ監督のドキュメンタリー映画にレオ出演☆

スティーヴン・スピルバーグのテレビドキュメンタリー「Spielberg(原題)」の海外版予告編が、YouTubeにて公開された。

テレビドキュメンタリーシリーズ「American Masters(原題)」のスーザン・レイシーが監督した本作は、「ジョーズ」「E.T.」「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」「カラーパープル」「シンドラーのリスト」「ジュラシック・パーク」「プライベート・ライアン」といった作品における、スピルバーグの映像作家としての考えを探求するもの。

本編には、J.J.エイブラムス、ケイト・ブランシェット、フランシス・フォード・コッポラ、ダニエル・クレイグ、ダニエル・デイ=ルイス、ブライアン・デ・パルマ、ローラ・ダーン、マーティン・スコセッシ、レオナルド・ディカプリオ、ハリソン・フォード、トム・ハンクスといった映画人が出演した。

このたび公開された予告編は「僕が素晴らしいアイデアを思いつくのは、パニック寸前まで追い詰められたときだよ」と語るスピルバーグのインタビューからスタート。
彼の若かりし日々を記録した映像や、スコセッシが「ジョーズ」公開時の様子を振り返るインタビューなども切り取られている。

また、ディカプリオが「ある日、1人の少年が映画スタジオに忍び込んで自分の運命を切り開いていく。それ自体がハリウッド映画のストーリーそのものじゃないか」と、スピルバーグが映画業界に入るきっかけとなったエピソードに触れる様子も。

「Spielberg」は現地時間10月5日に第55回ニューヨーク映画祭にてプレミア上映され、米HBOにて10月7日に放送される。
なおスピルバーグの監督最新作「Ready Player One(原題)」は、2018年に日本公開。

レオもトレーラーに出てます♡


  by leonardo_D | 2017-09-25 18:48 | 新作情報・噂

スタン・リーの伝記映画に出演希望のレオ☆

http://screenrant.com/leonardo-dicaprio-stan-lee-movie-biopic/?utm_source=SR-TW&utm_medium=Social-Distribution&utm_campaign=SR-TW&view=list

d0007144_15011734.jpg


https://theriver.jp/stan-lee-biopic-dicaprio/

マーベル・シネマティック・ユニバースや『X-MEN』シリーズ、『デッドプール』といった実写映画が今まさに活況を呈しているマーベル・コミックにおいて、水面下で進行している注目のプロジェクトが“レジェンド”スタン・リーの伝記映画だ。

20世紀フォックス社が映画化権を取得したことが報じられていたこの映画に、レオナルド・ディカプリオが主演を希望しているという。

このたびの情報は、2017年9月8~10日に開催されたコンベンション・イベント「HASCON」ならびに「ウィザード・ワールド・コミコン・ナッシュビル」のそれぞれでリー本人が明かしたものだ。
彼の自宅の近所に暮らしているというディカプリオは、直接リーに伝記映画への出演を打診してきたのだという。
HASCONの会場にて、リーはその時の様子をこう語っている。

「信じられないかもしれないが、もう私はレオナルド・ディカプリオと話をしたんだよ。彼はうちの近所に住んでて、何ヶ月か前に話をしたんだ。“あなたの物語を演じるのはきっと楽しいでしょうね”って言ってくれたよ。だから“よし、オーディションしよう”って答えたんだ。出演できるかどうか確かめておくよ。」
ディカプリオがリーの伝記に興味を示すのは、彼がマーベル・コミックの大ファンだからだという。
リーいわく「ディカプリオの家の壁はマーベルのポスターやら何やらで覆われているんだ」とか。今の時点では世間話にすぎないとしても、ディカプリオにリーを演じる意向があることは間違いないだろう。あとは具体的な条件がどのように整うかということだ……。

ところでディカプリオといえば、つい先日ワーナー・ブラザースがDCコミックス作品『ザ・ジョーカー(仮題)』の主人公にキャスティングする意向があると報じられたばかり。
そちらは「ほぼあり得ない」ともいわれているが、真相は不明のままだ。スタン・リーとジョーカーという、アメコミ界の象徴的な人物/キャラクターをディカプリオが両方演じる未来もありうるのかもしれない。
ちなみにスタン・リーの伝記映画は、いわゆるシンプルな“伝記映画”ではなく、彼を主人公にしたアクション・アドベンチャー作品になるという。『キングスマン』(2014)やロジャー・ムーア主演の『007』作品のようなテイストを目指すようだが、果たしてどんな映画になるのだろうか?


Sources:?http://www.adventuresinpoortaste.com/2017/09/10/hascon-2017-stan-lee-has-talked-to-marvel-fan-leonardo-dicaprio-about-playing-him-in-a-movie/
http://comicbook.com/marvel/2017/09/11/stan-lee-leonardo-dicaprio-biopic-marvel-movie/
http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/fox-buys-stan-lee-life-928087
cTHE RIVER


  by leonardo_D | 2017-09-09 15:01 | 新作情報・噂

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE