カテゴリ:環境問題&イベント( 254 )

 

パリ協定離脱のトランプ政権に遺憾の意

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0602/hwc_170602_0291306320.html

環境保全活動に力を入れるオスカー俳優レオナルド・ディカプリオが、地球温暖化対策に関する国際的な枠組みを定めたパリ協定からの離脱を発表したドナルド・トランプ米政権に対して遺憾の意を表した。 

2015年に世界195ヵ国が締結したパリ協定は、地球温暖化の原因の1つとみられている温室効果ガスの排出量を削減し、地球の気温上昇を抑えることを目的にしている。 

環境保全に取り組むため、24歳の時に自身の財団「レオナルド・ディカプリオ・ファンデーション」を立ち上げたレオナルド。今回の発表を受け、「今日、地球は被害を被った。今こそ、行動を起こすことが何よりも大切だ」とツイート。

自身の公式フェイスブックには長文のメッセージを寄せて、「今日、米国のパリ協定離脱というトランプ大統領の軽率な決断によって、地球の住居としての将来性が脅かされた」とトランプ大統領を直球で批判した。 

レオナルドは「今こそこれまで以上に意を決して気候変動の問題を解決し、科学的事実や経験上の事実を信じない指導者達に挑む必要がある」と主張し、環境保全に取り組む草の根運動を活発化することを呼びかけている。


〜〜

http://eiga.com/news/20170605/13/

[映画.com ニュース] 
ドナルド・トランプ米大統領が6月1日(現地時間)、地球温暖化対策の国際ルールを定めたパリ協定離脱を表明したことを受け、各国政府だけなくハリウッドからも批判が噴出している。

気候変動問題をはじめ環境保護に強い関心を寄せていることで有名なレオナルド・ディカプリオは、
「きょう、私たちの星の将来がトランプ大統領の無配慮な決断により脅かされた。この星における私たちの未来は、いまだかつてないリスクにされされている」とInstagramに投稿。「いまこそ、これまで以上に、私たちは気候変動問題を解決する意志を固め、科学的根拠や経験から導かれる真実を信じない指導者たちに挑まなければならない」とアメリカ国民に呼びかけた。

元カリフォルニア州知事で俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーは、「ミスター・プレジデント、あなたにとって最も重要な責務は、人々を守ることだ」と、米attn:にビデオメッセージを寄せ、モノマネでトランプ大統領を風刺してきたアレック・ボールドウィンは、「トランプは、世界はもう我々を笑わなくなると言った。そんなんじゃすまない。世界は我々を遠ざけ、避け、敬遠しようとするだろう」とTwitterで警鐘を鳴らした。

大統領選前から反トランプ運動を繰り広げてきたマイケル・ムーア監督は、パリ協定離脱を「人類に対する犯罪」と切り捨て、新作ドキュメンタリー映画「不都合な真実2 放置された地球」で地球環境問題の重要性を改めて訴えた、ノーベル平和賞受賞者のアル・ゴア元副大統領も「擁護できない暴挙」と非難。ゴア氏は、「世界におけるアメリカの地位をおとしめ、人類が気候変動の危機を解決する力を損なうをがある。間違いを犯してはならない。トランプ大統領が先導しないのであれば、アメリカの国民が率いるのです」と声明を発表した。

その他にも、映画監督のエバ・デュバーネイが「恥ずべき決断」、ミュージシャンのジョン・レジェンドが「トランプは我が国の恥だ」とTwitter上で糾弾。大女優ベット・ミドラーは「アメリカの歴史の中で、こんな破壊的で権力欲にまみれた人間がホワイトハウスにいたことはない」をツイートし、俳優のジョシュ・ギャッド(「美女と野獣」)は「ネロはローマが燃えゆく中バイオリンを弾いていた」と、トランプ大統領をローマ帝国の暴君ネロにたとえた。

映画関係者のみならず、米経済界からも抗議の声が上がっており、米ウォルト・ディズニー社の代表兼CEOのロバート・アイガー氏や、電気自動車企業テスラCEOのイーロン・マスク氏は、大統領の諮問委員会の辞任を表明している。




  by leonardo_D | 2017-06-02 13:46 | 環境問題&イベント

Haitian Relief Organazation Gala

http://people.com/celebrity/leonardo-dicaprio-attends-sean-penn-hosted-event-haitian-relief/?utm_campaign=Contact+Quiboat+For+More+Referrer&utm_medium=twitter&utm_source=quiboat

ショーン・ペン主催のハイチ大地震の被災者救済のために立ち上げた団体の「Haitian Relief Organization」に、レオも参加してます。

チャリティーディナーの写真
d0007144_12501172.jpg
d0007144_12501557.jpg
d0007144_12502824.jpg


チャリティーオークションとして、サザビーズが行い、
レオがコンポラリーアートを落札したそうです。
(Jonas Wood作のYellow Clipping2を2047万円で落札)

こちらのメンズセレブ日記さまのブログに日本語で書かれてます☆
https://ameblo.jp/huhuhuhuhujico3/entry-12273233083.html






  by leonardo_D | 2017-05-06 12:42 | 環境問題&イベント

トランプ政権への抗議デモ


https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1816142.html
レオナルド・ディカプリオ(42)が現地時間の27日、ワシントンD.C.で行われたトランプ政権の環境政策に反対する抗議デモに参加したことがわかった。

 ニューヨーク・ポスト紙によると、石油掘削の規制緩和に反対するエクアドルのアマゾンの先住民ザパラ族や、環境保護を訴える大勢の人々が、トランプ氏が大統領に就任して100日目を迎えたホワイトハウス周辺の通りをデモ行進。


 トレードマークの帽子をかぶり、サングラスをかけたレオも、ザパラ族の人々とともに「地球の温暖化は現実だ」と書かれたサインを掲げ、デモ行進したという。


 トランプ氏は28日、オフショアの石油とガス掘削に関する規制を緩和する大統領令に署名。この大統領令は、オバマ前政権による北極海と大西洋での掘削制限を緩和するためのものである。

 産油国エクアドルでは、石油掘削によるアマゾンの環境破壊が深刻化。アマゾンのジャングルで生活する先住民たちが、森林汚染を理由に大手石油会社を相手に訴訟を起こすに至っている。

(ニューヨーク=鹿目直子)



  by leonardo_D | 2017-04-27 12:36 | 環境問題&イベント

冷凍食品会社「ラヴ・ザ・ワイルド」に投資

http://front-row.jp/news/47816/

米People誌が伝えるところによると、レオナルドが投資した会社の名前は
「ラヴ・ザ・ワイルド」。自然を愛するこの会社は、社名の通り、
環境破壊をせずに食品を提供する冷凍会社で、養殖魚を加工した冷凍食品を販売している。
つまり、レオナルドの大きな目的は「環境保護」にあった。

レオナルドは今回の投資について、「概算によれば、世界人口は2050年までに90億人まで達することが分かっています。(
人口増加によって)私たちの自然の食糧源は、恐ろしいほど減少するでしょう」
「10億人近くの人が海産食品を主要なタンパク源としています。しかし、気候変動や酸性化、乱獲のせいで海の安定性が脅かされているのです」とコメント。 
またレオナルドは、「ラヴ・ザ・ワイルド」社の取り組みについて、「人々がこの危機に対してアクションを起こすよう、とても有意義な方法で働きかけている」とも付け加えている。

  by leonardo_D | 2017-03-09 19:52 | 環境問題&イベント

中国の車のCMにレオ。アンバダサーに。

松さま、ありがとう〜〜

あぁ〜  かっこいい〜〜♡





https://cleantechnica.com/2017/02/06/leonardo-dicaprio-new-brand-ambassador-china-byds-energy-vehicles/


http://jp.autoblog.com/2016/12/21/leonardo-dicaprio-byd-china-brand-ambassador/
中国の自動車メーカーである比亜迪汽車(BYD)の電気自動車のアンバサダーに就任。

  by leonardo_D | 2017-03-08 00:53 | 環境問題&イベント

「Night Before」galaにレオが出席☆(MPTF)

'Night Before' Oscars Galaにレオは出席するようです☆
本番のオスカーでも、プレゼンターで登場するかもですね〜?!

d0007144_19574580.png
https://www.mptf.com/nightbefore

d0007144_20033353.jpeg

  by leonardo_D | 2017-02-01 20:06 | 環境問題&イベント

1/7 ショーン・ペン主催のハイチ救済のガラパーティー その2

1/7 ショーン・ペン主催のハイチ救済のガラパーティーの動画です



1/7 ショーン・ペン主催のハイチ救済のガラパーティー

.

  by leonardo_D | 2017-01-14 23:04 | 環境問題&イベント

レオが次期大統領のトランプ氏に環境問題のプレゼンをした〜!

りなさま、ありがとう〜〜

http://www.hollywood-news.jp/news/gossip/70889/


ディカプリオがトランプ氏と会談、環境事業による雇用創出を議論

俳優のレオナルド・ディカプリオが、次期アメリカ大統領のドナルド・トランプ氏と会談したという。

環境問題に熱心に取り組んでいることで知られるレオナルドは、1998年にレオナルド・ディカプリオ財団を設立して、環境や動物保護をサポート。
今年の7月にも、環境問題の解決のために1,560万ドル(約17億円)を寄付していた。

そんなレオナルドと彼の財団のCEOを務めるテリー・タミネン氏は、ドナルド・トランプ氏と娘のイヴァンカらトランプ氏のチームと会合を持ったことを「AP通信」への声明で認めた。

トランプタワーで行われたこの会談で、レオナルドとタミネン氏は再生可能エネルギーやクリーンエネルギーに注力することで数百万の雇用を創出できるとプレゼンテーションを行ったという。

文:ハリウッドニュース 編集部

〜〜

http://www.excite.co.jp/News/world_ent/20161209/Cinemacafe_45518.html

レオナルド・ディカプリオドナルド・トランプ次期アメリカ大統領と会談、再生可能エネルギーの経済効果について話し合った。

環境保護活動に熱心で、自身の名を冠した「レオナルド・ディカプリオ財団(LDF)」を設立しているレオナルドは、LDFのCEOのテリー・タミネン氏とともにニューヨークのトランプ・タワーを訪問。大統領選挙期間中、地球温暖化について懐疑的な態度を示していたトランプ氏と彼の長女・イヴァンカと会談し、クリーン・エネルギーに注力することで数百万の雇用を作り出すとプレゼンテーションを行なった。

レオナルドはそれ以前にも、イヴァンカに自身が手がけた地球温暖化についてのドキュメンタリー映画『Before The Flood』(原題)を送っていた。

タミネン氏によると、トランプ氏は今後も会談を希望していて、来年1月にも再度会談を予定しているという。

(text:Yuki Tominaga)


〜〜

「before the flood」では、トランプ氏は環境問題に興味無しな感じでしたよね。。
レオのプレゼンをきっかけに、地球の現状を知ってもらって、
レオの活動に協力してもらいたいです〜。
地球を守ることは、自分や自分自身の子孫のためにも、ぜひ協力していただきたいです。


.

  by leonardo_D | 2016-12-08 19:00 | 環境問題&イベント

カリブ海に浮かぶベリーズ島のエコ リゾートホテルの全体像

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/161130/mcb1611300500011-n1.htm

俳優で、環境保護活動で知られるレオナルド・ディカプリオ氏が鳴り物入りで進める、カリブ海の小島のリゾート建設計画の全体像がついに明らかになった。
この計画は、中米の国ベリーズの沖合に位置する「ブラックアドア・キー(Blackadore Caye)」という、ディカプリオ氏自身が所有する島にリゾート施設を建設するというもの。2018年に開業の予定。

 同リゾートの設計を担当する建築家は、高級ホテルグループのアマンリゾーツなどの設計で知られるジャン・ミシェル・ギャシー氏だ。
ベリーズにあるマヤ遺跡からインスピレーションを受けて設計した宿泊施設は、必要不可欠な要素だけを残したミニマルなデザインだが、モダンな要素もはっきりと見て取れる。
屋根は草ぶきで、建材も木や大理石など天然のものを使用。36棟の居住用コテージと36棟のバンガローが、42万平方メートルの島に立ち並ぶ。

 室内は、空気、水、光の質の改善を目指し、環境に配慮したテクノロジーとデザインを特徴とする設計。たとえば各宿泊室にはサーカディアンリズム(生体リズム)に配慮した「サーカディアン照明」が設置されている。これは、1日を通して自然な睡眠・覚醒のサイクルが訪れるように、光の波長や色を調節するものだ。

このリゾート建設計画で何よりも優先されるのは、「持続可能性」と「環境保全」だ。
当初セールスポイントとされていた水上バンガローの建設は、中止となった。
6カ月かけて地元の利害関係者や住民から意見を募り、その結果、中止に至ったという。

 さらに、この計画の中核となる方針は「化石燃料ゼロ、化学物質ゼロ」だ。有害物質の空中滞留を防ぐため、建材は厳しく吟味され、屋外には再生可能エネルギーを作り出すためにソーラーパネルを設置。
ごみや雨水の処理施設も敷地内に造られる。すべては、島の環境に与える影響を少なくするためだ。

 この島はすでに森林伐採、魚の乱獲、海岸浸食という問題を抱えている。
ディカプリオ氏は、生態学者、海洋生物学者、動物学者の協力を得て、これらの問題に対処し、島の再建に取り組む構えだ。
再建計画の一環として、自生の植物の栽培やサンゴ礁や魚の繁殖の場の創設を進める方針。

 このリゾートが完成すれば、約400人分の雇用が生まれ、今後20年間の収益は2億ドル(約224億円)に達する見通しだ。
(ブルームバーグ Chadner Navarro)

ーーー関連エントリー
ベリーズ島のエコ リゾートを建設。2018年オープン予定
ベリーズ島のエコ リゾートを建設。2018年オープン予定☆追記有り
エコホテル建設は頓挫したままのもよう。
エコホテル情報2
カリブ海のエコ・リゾート
エコホテル


.

  by leonardo_D | 2016-11-30 18:28 | 環境問題&イベント

レオは気候変動に関する国連特使を辞任すべき??

https://jp.sputniknews.com/life/201610152905954/

ハリウッド俳優レオナルド・ディカプリオ氏が汚職事件を受け気候変動に関する国連特使を辞任するべきだ。
環境問題に取り組むスイスのブルーノ・マンセーラ基金代表ルーカス・シュトラウマン氏が述べた。

「ディカプリオ氏が自分の罪を認めない場合は、我々は気候変動に関する国連特使を辞任するよう求める。
このような重要な役割を担う信用がないからだ」。ハフィントン・ポストが伝えた。

米政府当局者は8月、俳優レオナルド・ディカプリオ氏の慈善団体が総額約30億ドルのマネーロンダリングをしていた疑いをかけた。
俳優はマレーシアの国営基金1MDBの資金横領に関与する人々と知り合いだったことが疑われる。
米国法務省のレポートでは10億ドルの資金を横領した投資家ジュ・ロウ氏の名が挙がっている。
ディカプリオ氏は2014年に気候変動に関する国連特使に任命されていた。

〜〜〜


マレーシアの疑惑の会社の1MDBが、
レオの基金を通してお金を洗浄したってことなのかな?
ウルフ・オブ・ウォールストリートの資金も出していた会社だけど、
レオがそのお金が汚れたお金ってことを知らないかもしれないのに...。
共謀していたならわかるけど、知り合いってだけで
手を組んでマネロンしたとか、そんなこと無いと思うんだけど!

これだけ環境問題に貢献しているのに、なんかとばっちりなような気がする...。


.

  by leonardo_D | 2016-10-16 15:52 | 環境問題&イベント

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE