カテゴリ:来日レポート( 82 )

 

来日中ファンとの交流とプライベートで行った所が楽しかったレオ♡

あけちん様のお友達さま、ありがとう〜〜〜!!!

インターFMでシャウラ・ヴォーグという人が
帰国後のレオのインタビューを紹介していて、

「日本のインタビューは皆同じ事を聞いてきてつまらない。
ファンの交流とプライベートで行った所が楽しかった」と言っていたそうです(*^^*)

〜〜

メディアの質問、、
やはりね。。という感じ。。


きゃー♡
ファンとの交流を楽しんでくれて嬉しい〜〜〜♡
そして、東京の桜や河口湖や富士山を楽しんでくれたようですね(*^^*)
また来てください♡

  by leonardo_D | 2016-04-10 01:02 | 来日レポート

伊藤さとりさんのブログ

記者会見やレッドカーペット、舞台挨拶で司会を担当した伊藤さとりさんのブログから
写真の転載です。

ブログはリンク先でご覧くださいませ☆
http://lineblog.me/satori_ito/archives/2300409.html

ニュースサイトにでてくる写真と別角度からのものが多いので嬉しい〜♪
さとりさんの司会もとっても良かった(*^^*)
今までの司会者の中で一番好き〜♡

d0007144_18535237.jpg

d0007144_18535766.jpg

d0007144_1854277.jpg

d0007144_1854425.jpg

d0007144_185476.jpg

d0007144_1854989.jpg

d0007144_18541264.jpg

d0007144_18541468.jpg

d0007144_18541677.jpg

d0007144_18541995.jpg

d0007144_18542188.jpg

d0007144_18542418.jpg

d0007144_18542645.jpg

d0007144_18542947.jpg

d0007144_18543122.jpg

d0007144_18543489.jpg

  by leonardo_D | 2016-03-26 18:55 | 来日レポート

来日中のレオ目撃情報などなど☆追記有り

レオの来日中の行動が気になる〜☆
目撃情報をまとめてます。

3/23 羽田空港 深夜0:30頃、来日したようですね(*^^*)
(どこかのTVで言ってました)

〜〜

おまめ様、ありがとう〜〜☆

高橋真麻オフィシャルブログより

レオ様に遭遇!
http://ameblo.jp/takahashi-maasa/entry-12142540142.html

3/23 田舎家ですね(*^^*)

〜〜

クッキータイム
https://twitter.com/cookiebarjapan
あの方が!私たちのクッキーを! "クッキーシェイクをください"と、
あのレオナルド ディカプリオさんが原宿クッキーバーに昨夜ご来店!!
レオ様はいま、映画レヴェナントの日本プレミアのため東京に滞在中のようです!

クッキータイムはニュージーランドのオーガニックなクッキーバーのようです☆
http://ameblo.jp/omotesando-info/entry-11734963859.html

もしかして、この時の写真がそうかな?
d0007144_2395390.png



〜〜

レオのレの字も出てこないけど、一緒に行動していると思われる人達のInstagramチェック☆

https://www.instagram.com/dosequisman/

ママ彼のInstagramより
3/24  ホテルからのようですね
d0007144_2342558.png



3/25 河口湖で富士山をバックでパチリ☆
d0007144_2316178.png


3/26

ママ&ママ彼達はインドネシアに到着。
d0007144_17394361.png



〜〜

香港から一緒らしいエイドリアン・ブロディの連れのスーパーモデルValentina Zelyaeva のInstagram 。
日本でレオ達と一緒に行動してるっぽいですね??

https://www.instagram.com/valentinazelyaeva/

3/24
新宿御苑
d0007144_2325983.png


根津美術館
d0007144_23275172.png



3/25上野
d0007144_23173678.png

江戸六地蔵 六番目の浄名院らしい。(まめこ様、Thx!!)
d0007144_23173790.png

多分、庭園は六義園らしい。(まめこ様、Thx!!)

3/26
ママ彼のIInstagramでは、インドネシアに到着した写真がアップされてましたが、
レオ達とは別行動だったのかな?
ヴァレンティーノのInstagramは、リッツ・カールトンの「ひのきざか」で朝食の写真がアップされています。
レオ達と一緒かわからないけど、まだレオは東京にいそう〜(@_@;)
d0007144_17443398.png


〜〜

3/25
場所は確定じゃないけど、上野松坂屋の店内ではないかと?!(みけ様、Thx!!)

日本人じゃないかな?
ラッキーな方ですね(*^^*)
d0007144_23171054.png


〜〜

多分、3/27 (日) 日本を離れたと思われます☆
今回は京都には行かなかったようですね。

また来てね〜(^_^)/~

ーーー追記2016.3.31

みけさま、ありがとう〜〜☆

d0007144_23321159.jpg



松さま、ありがとう〜〜☆

↑の歌手とはクリスタルケイですね
d0007144_23313810.png


みけさま、ありがとう〜〜☆

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160330-00000015-pseven-ent

3月24日深夜、東京・西麻布にあるクラブに、“レオ様”ことレオナルド・ディカプリオ(41才)の姿があった。映画『レヴェナント』(4月22日、日本公開)でアカデミー主演男優賞を射止め、2年ぶりの来日となったディカプリオは“日本びいき”で知られ、プライベートを合わせると今回が15回目の訪日。
同日行われたジャパンプレミアでは「仏像や寺院を見るのが楽しみ。桜の季節は初めてで本当に嬉しい」と目を細めた。映画関係者が言う。

「2泊3日の来日スケジュールでした。泊まっていたのは東京・六本木にある超高級ホテル。
日中で仕事が入っていないときは、大勢の仲間を連れて、東京都内の桜の名所である新宿御苑や六義園をカメラ片手に大はしゃぎで散策。
食事はホテル内で済ませ、夜は完全にお忍びで東京の盛り場を満喫したようです」

 女性セブンはレオ様のプライベート夜遊びの一部始終を目撃。来日初日(23日)の夜は深夜1時頃、東京・麻布十番にあるクラブに姿を見せた。4、5人の専属ボディーガードに囲まれ、店内の警備員も物々しい様子。

 黒のジャケット、グレーのTシャツ、デニムのパンツ、カーキのハンチング帽というラフな出で立ちでも、圧倒的な存在感の彼に、居合わせた女子たちの視線はくぎづけ。
VIP席でシャンパンをあおり、大きな声で笑い声を上げて、ノリノリで踊る彼の太い腕に一度でいいから触れてみたいと、女性セブンの20代女性記者も恐る恐る近づいてみたが、「NO!」「NOピクチャー!」と叫ぶ屈強なボディーガードにはばまれて断念…。

「その夜は1時間半ぐらいで店を出ましたが、店でお気に入りのDJを見つけたので、ホテルの部屋に連れて帰って、朝方までDJさせたそうです」(前出・映画関係者)

 翌日(24日)夜もディカプリオはハンチング帽を深めに被ってお出かけ。西麻布のクラブに現れた。
到着すると、前日とは打って変わって、ひとり静かにお酒に口をつけつつ、キョロキョロと落ち着かない様子。
そんなレオ様の隣に、少し遅れて腰掛けたのは、アメリカ人の父を持つ女性シンガーのクリスタル・ケイ(30才)だった。



「ディカプリオと彼女は店内で待ち合わせていたようです。ディカプリオは音楽好きで、DJや音楽関係者の知人が多いので、共通の知人がいて知り合ったんでしょう」(クラブ関係者)

 ふたりは次第に自分たちだけの世界に。冒頭のとおり、ふたりで立ち上がって踊り、見つめ合ったり、体や顔をピタリと密着させるなど、周囲の目を気にしないラブラブぶりを見せつけていた。
男性が彼女の腰に手を回して抱き寄せると、ふたりの唇が…。
さらには時折、ふたりは大きな笑い声を上げ、ノリノリのレオ様は「ウォー」と雄叫び。
そしてふたりは深夜3時頃、5分の時間差で店を後にして、姿は見えなくなった──。
15度目の日本を堪能したレオ様だった。

d0007144_0342139.png


※女性セブン2016年4月14日号

〜〜

女性自身より

http://jisin.jp/serial/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/23486

「YOUは何しに日本へ?」

来日したレオ様にそう聞いたら、こう答えたに違いない。
「お花見だよ!」と。
主演映画『レヴェナント:蘇えりし者』のPRで来日したレオナルド・ディカプリオ(41)。
じつはオスカー獲得のご褒美(?)に、日本での休日を楽しみまくっていた。

記者会見でも、「桜の季節の日本は初めてで本当に楽しみ」と話していたレオ様。
その翌日の3月24日、レオ様ご一行は桜の名所・新宿御苑を早速訪れた。
65種、1千300本の桜を誇る、都内有数の桜の名所で、レオ様と仲間たちはじっくり桜を堪能した。


「レオ様は10人くらいの大所帯で来ていました。
最初は何か仕事の撮影でもしてるのかと思ったんですが、お花見が目的だったらしく、レオ様は四分咲きの桜をじっと見上げていました」
(花見客の1人)


ところが驚くのはまだ早い。
翌日はさすがに仕事と思いきや、なんと翌25日もオフにしていたのだ。
快晴の昼下がり、レオ様が向かった先は、国指定特別名勝の東京・六義園。
江戸時代の大名・柳沢吉保が造営した名庭園だ。
そう、なんとレオ様が選んだのは、この日もお花見!


正門入口に車が停まると、ハンチング帽にサングラスをかけたレオ様が、降りてきた。
どこからどう見ても、オーラ全開のレオ様だが、不思議と他のお客さんは気づかない。
六義園の最大の見どころは、有名な「しだれ桜」。ピンク色に近い、濃い薄紅色のしだれ桜は、まだ五分咲きだったが、滝のように流れ咲き始めていた。
しだれ桜を目にしたレオ様は感動の面持ちでつぶやいた。

「ディス・イズ・ビューティフル……」

“Myカメラ”を取り出すと、仲間たちをしだれ桜の前に立たせて、何枚もシャッターを切る。
すると突然、レオ様が興奮気味に叫んだ。

「グリーン・ティー、グリーン・ティー!」

園内の茶屋を見付けたのだ。
だが親日家のレオ様と違い、仲間たちには茶屋の存在がよくわからなかったようだ。
同行の日本人ガイドから、「日本人がお茶を飲んで、いろいろ熟考するところよ」と聞くと、
レオ様含め全員が「熟考か!」「へえ~、熟考ねえ」「熟考、熟考」と口々に繰り返す。


茶屋の長椅子に陣取り、足を組んで我流で抹茶を楽しんだレオ様。
その真横には、若い日本人女性とその母親が座っていたが、やはりレオ様にまったく気付かないままだった。
もったいない――。
江戸時代の殿様と同じ場所で、日本の花、和の美に心酔することができたレオ様の表情は、実に満足気だった――。

  by leonardo_D | 2016-03-25 23:31 | 来日レポート

「レヴェナント:蘇えりし者」来日記者会見字幕付き動画

kuroさま、ありがとう〜〜☆


レオナルド・ディカプリオ 「レヴェナント:蘇えりし者」来日記者会見!
Leonardo Dicaprio Attends Revenant's Press Conference in Japan



ディカプリオ来日、都内で『レヴェナント』の記者会見
 DiCaprio criticises climate change deniers running for president


〜〜

りな様、ありがとう〜〜

レオナルド・ディカプリオ来日 dv ff

  by leonardo_D | 2016-03-25 22:54 | 来日レポート

「レヴェナント 蘇えりし者」来日 記者会見 写真

kuroさま、ありがとう〜〜☆



d0007144_22535828.png

d0007144_2254774.png

d0007144_23192357.jpg

d0007144_23193380.jpg

d0007144_23193643.jpg

d0007144_23193979.jpg

d0007144_23194113.jpg

d0007144_23194455.jpg

d0007144_23194868.jpg

d0007144_23195257.jpg

d0007144_23195581.jpg

d0007144_2320193.jpg

d0007144_2320473.jpg





http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/23/kiji/K20160323012266070.html

2月28日に行われた第88回アカデミー賞で主演男優賞に輝いた米俳優のレオナルド・ディカプリオ(41)が23日、「レヴェナント:蘇えりし者」(監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、4月22日公開)を引っ提げて東京都内で来日記者会見を行った。

 2014年1月以来、2年1カ月ぶり10回目の来日。今作は狩猟中に熊に襲われひん死の重傷を負った上、仲間に目の前で息子を殺され、復讐心を燃やし、300キロを旅する主人公を熱演。極寒のカナダや南米で9カ月間ロケを行い、川に飛び込んだり、捕まえた魚を生きたまま食べるなど壮絶なシーンを体当たりで演じ、演技部門5度目のノミネートで悲願のオスカーを手にした。

 現在、オスカー像は自宅のリビングにあるという。

映画にちなみ「サバイバルで3つ持っていくとしたら?」の質問には

「電話」
「ソーラーパネル」
「防水機能付きライター」と答え、

オスカー像は家に置いていくとした。

 10回目の来日だが「桜が楽しみ」と話した。

〜〜

http://www.sankei.com/entertainments/news/160323/ent1603230011-n4.html

ディカプリオさんは中国でのプロモーションを終え、同日未明に日本に到着。会見の会場には約500人の報道陣が詰め掛けた。

 ディカプリオさんは、黒のスーツに青と白のチェックのネクタイ姿で登場。盛大なフラッシュと拍手を浴び、微笑を浮かべながら、報道陣にゆっくりと何度もうなずいた。記者団から受賞を祝福されると、「アリガト。来日はもう15回目くらいだが、来るたびにうれしい」と笑顔。終始リラックスした様子で、一つ一つの質問に時間をかけて丁寧に応じていた。

 同作品は4月22日、公開される。

 ディカプリオさんと記者団との主なやり取りは次の通り。

--オスカー受賞の要因は

 「その分析は難しいね。この作品は僕にとっても、参加したすべての人々にとっても特別な存在で、1年近くこの作品にどっぷり漬かった。こんな偉大な作品には二度と関われないかもしれない」

 --受賞で演技や生活が変わったか

 「まだ数週間しかたっていないので、変わったかどうか分からない。変わってないといいな。もちろん、受賞したことは素晴らしいことだし、今はとても良い気持ちだ。でも、目的は受賞ではなく、自分の夢や理想を追求し、最高の映画を作ることだからね」。

 --オスカー像は今、どこにあるのか

 「僕の家の居間に置いてあるよ。好奇心旺盛な友人から『見せてくれ』ってよく言われるんだ。あれが僕の家にあることがうれしいよ」

 --今回の来日で、行きたい所はあるか

 「京都の仏像や寺院を見て回るのが好きだ。何度も日本に来たけれど、桜の時期に来たことは初めてなんだ。まだ咲き始めとは聞いているけど、楽しみにしている」

--俳優業の休養宣言を撤回してまで、この作品に出演した理由は

 「脚本にひかれたし、イニャリトゥ監督とエマニュエル・ルベツキ撮影監督と仕事がしたかったんだ。この撮影は壮大な日々だった。極寒の僻地(へきち)での撮影、複雑なアクションシーン…。照明なしですべてを自然光で撮ることもチャレンジだった。1日6~8時間リハーサルを行って、『マジックアワー』と呼ばれる、わずか1時間半の間だけ撮影を行うんだ。まるで舞台劇をやっているようで、アドレナリンが噴き出たよ。だからこそ、こんな作品ができた。イニャリトゥがやり遂げたことは、後々、高く評価されると思う」

 --実際にサバイバルするとして、3つだけ好きな物を持っていけるとしたら

 「(笑顔でしばし考えて)電話と、充電用のソーラーパネル、それに火を起こすための防水ライターだね。今回の撮影で身にしみたんだけど、実際に過酷な環境で生き残るのは大変なんだ。僕にはたぶん無理だ。(「オスカー像は持っていかないのか」と聞かれて)ふふっ。あれは家に置いていくよ」

 --あなたが熱を入れる自然保護活動への影響は

 「撮影中にイニャリトゥ監督とは、さまざまなことを話し合った。米国の環境破壊や石油会社、石炭会社による森林破壊、原住民が何千年も守ってきた土地が荒らされていること…。そうしたことが、作品の中にすべて反映されていると思う」

 --何か共演のトム・ハーディとの撮影時のエピソードがあれば

 「楽しいエピソードを話したいんだが、全くない(笑)。それほど過酷な撮影だったんだよ。彼とは『インセプション』で共演してすぐに仲良くなった。素晴らしい俳優と共演すると自分の演技も高まる。また一緒に仕事がしたいね」

 --過酷な撮影が終わったとき、何を思ったか

 「『レヴェナント』のプロモーションは、この会見が最後で、これが本当の意味での終わりかもしれない(笑)。

正直、ほっとしてる。この映画の撮影は僕にとって人生の重要な体験で、特別な作品だった。
人類とは何か。われわれは何をすべきかを問い掛けている意味深い作品だ。
この作品と同時期に、気候変動がテーマのドキュメンタリーも撮影していた。

『レヴェナント』撮影中も、(撮影地のカナダが記録的な暖冬となり、)アルゼンチンに移動して撮影しなければならなかった。
地球はどんどん変化している。
テーマは似ていて、人類という種が生き残れるかどうかなんだ。
世界中のすべての人々に問題意識を持ってほしいと思っている」

  by leonardo_D | 2016-03-24 23:20 | 来日レポート

「レヴェナント 蘇えりし者」来日 レッドカーペット 写真

kuroさま、ありがとう〜〜☆

2016.3.23 六本木ヒルズ アリーナ
レヴェナントのレッドカーペットです(^o^)

http://www.zimbio.com/photos/Leonardo+DiCaprio/The+Revenant+Tokyo+Premiere/dDowVUXK76O

d0007144_20361331.jpg

d0007144_20361836.jpg

d0007144_20362111.jpg

d0007144_20362593.jpg

d0007144_20362989.jpg

d0007144_20363422.jpg

d0007144_20405379.jpg

d0007144_20451043.jpg

d0007144_20451238.jpg

d0007144_20451566.jpg

d0007144_2191631.jpg

d0007144_2192784.jpg
d0007144_2193768.jpg
d0007144_2195034.jpg
d0007144_2110071.jpg


http://natalie.mu/eiga/news/180796

本日3月23日、「レヴェナント:蘇えりし者」のジャパンプレミアが東京・六本木ヒルズアリーナにて行われ、主演のレオナルド・ディカプリオが登壇した。

本作で描かれるのは、ディカプリオ演じるハンター、ヒュー・グラスの壮絶なサバイバル。第88回アカデミー賞では監督賞と撮影賞を受賞し、ディカプリオは主演男優賞に輝いた。


会場に詰めかけたファンたちの大歓声に迎えられたディカプリオは、「東京の皆さん、『レヴェナント:蘇えりし者』を携えてここに戻ってこられてうれしく思います」と挨拶。手を振るファンたちに、「ありがとう」と日本語で感謝を述べた。

主演男優賞受賞の感想を聞かれたディカプリオは、「僕も、監督賞を受賞したアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥも、撮影賞を受賞したエマニュエル・ルベツキも、本当にうれしかった」とコメント。「この映画はとても画期的な作品なんだ。過酷な環境で撮影し、CGもほとんど使っていない。とにかく一生懸命作り上げた作品だよ。観てもらえば、どれほどすごい映画なのか“体感”できると思う」と続け、自信を見せた。


イベント終盤には、ディカプリオの主演男優賞受賞を祝した鏡開きも。ファンの「コングラッチュレーション、レオ!」という掛け声に合わせて木槌を振り下ろしたあと、ディカプリオは「中から何かが飛び出してくるんじゃないかと思ってちょっと怖かったよ」と笑った。

トークを終えたディカプリオは、降壇してレッドカーペットへ。ファンと交流を楽しんだ後に会場をあとにした。

〜〜

http://www.fashionsnap.com/news/2016-03-23/leo-armani-1603/

俳優のレオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)が来日し、映画「レヴェナント:蘇えりし者」ジャパンプレミアに登場した。2月に開催された第88回アカデミー賞授賞式に続き「ジョルジオ アルマーニ(Giorgio Armani)」を着用した。

 「レヴェナント:蘇えりし者」ジャパンプレミアは、4月22日の全国ロードショーに先駆けて、3月23日に東京・六本木で開催された。この作品で主演男優賞を獲得したディカプリオは、「ジョルジオ アルマーニ」によるノッチドラペルのグレーの2ボタンスーツで登場。
レッドカーペットでは日本流に鏡開きなどが行われ、多くのファンらの声援に応えた。

  by leonardo_D | 2016-03-24 20:38 | 来日レポート

「レヴェナント 蘇えりし者」来日イベントに行ってきました☆

2016.3.23日(木)
「レヴェナント 蘇えりし者」来日イベントに行ってきました☆

今回も場所は六本木ヒルズのアリーナでレッドカーペット。
TOHOシネマズ六本木 スクリーン7で、舞台挨拶付きプレミア上映会が行われました☆

今回は、プレミア上映会で、「レヴェナント」の上映が始まってから、
レッドカーペットがスタートするという同時進行。

レッドカーペットでは、初めに舞台挨拶や鏡開き、写真撮影などを行い、
それからレッドカーペットでファンサービス。
それが終わってから、試写会場にレオが行き、上映後に舞台挨拶を行ったようです。

いつもはレオがけやき坂の方から車で到着して、
車を降りたレオに、溢れんばかりのキャァーーーー!!!で、
ファンサービスが始まりますが、今回はステージの裏からレオが登場でびっくりでした。
もうそこにいたのね!と、びっくりのキャァァー!!も今回はプラスですw

今回もにこやかにサインや握手に応じ、私もサインと握手をしていただきました♡
略してある簡単なサインですが、何度頂いても嬉しい〜♡

レオは、私が用意していったミッキーマウスのキャップのマッキー(油性ペン)を使って、
サインをしてくれました〜♡嬉しい..!!!


一緒に参加したレオ友さんは、イラストを描いて持って行ったら、
レオがとっても気に入ってくれて、レオがそのイラストを欲しいということで、
急遽プレゼントになりました☆
すっごーい!!\(^o^)/


本物の生のレオの姿はいつ見ても素敵ですが、
生レオの声も素敵なんですよね〜〜(*´ω`*)
舞台挨拶の時、酔いしれてしまいました。


夢のような時間はあっという間に過ぎ、
大ファンのレオと触れ合える貴重な体験を味あわせて頂き大満足♡

そういえば、エイドリアン・ブロディもレッドカーペットに参加してました。
すごい似てる人だなぁ〜と、見ていました。
本物だったと知ったのはレッドカーペットが終わってからでしたw
オスカー俳優を一度に二人も会えたなんて〜!
凄い〜ん(@_@;)

今回はいつもブレブレの写真しか撮れないので、
初めから撮影は諦めました...。

d0007144_22535337.jpg


次の来日はいつなのかなぁ...。と、
気が早いけど気になってしまいます..(*ノω・*)テヘ


レオ、日本に来てくれてありがとう〜〜♡
また来てくださいね☆

  by leonardo_D | 2016-03-24 09:26 | 来日レポート

今までの来日を振り返り(10回分)

クロさま、ありがとう〜〜☆

リンク先は写真付きですので、ぜひリンク先に飛んでください☆
http://news.line.me/list/oa-eigacom/1ievhz7a6ywrm/vbpq1t8wz7mu?share_id=Lar58730107873


ハリウッドきっての大スター、レオナルド・ディカプリオがオスカー俳優として“初来日”。悲願を果たした主演作「レヴェナント 蘇えりし者」を引っさげ、2年1カ月ぶりに日本に戻ってきてくれました。
そこで今回は、過去9回の来日を一気に振り返ってみましょう!

◆1997年11月:「タイタニック」

この美青年っぷり、懐かしいですね~。1997年、「タイタニック」が東京国際映画祭のオープニング作品に選ばれ、レオはジェームズ・キャメロン監督と来日しました。ワールドプレミアの会場となった渋谷の文化村には、世界的ブレイク前夜のレオを一目見ようとファンが殺到。あまりの混雑で、入場セレモニーは残念ながら中止になってしまったんだとか。ちなみに、初来日はこの3年前。「ギルバート・グレイプ」のプロモーションでした。

◆2002年11月:「ギャング・オブ・ニューヨーク」


2002年には、「ギャング・オブ・ニューヨーク」で念願の初タッグを果たしたマーティン・スコセッシ監督と一緒に日本を訪れました。5年も経つと「タイタニック」の頃の少年っぽさが跡形もなくなっちゃってさみしい……。ちょっとさかのぼって、00年4月には「ザ・ビーチ」のプロモーションでダニー・ボイル監督たちと来日。実は、当時から地球温暖化の話をしていたんですよ。そう思うと、今年のアカデミー賞授賞式でのスピーチに改めて感動しちゃうんだな~。

◆2007年:「ディパーテッド」


2007年の「ディパーテッド」でも、レオはスコセッシ監督と仲よく来日。このコンビ、同作の撮影準備のため、05年に予定していた「アビエイター」の来日プロモーションをキャンセルしましたが、それ以外のタッグ作では必ず日本に来てくれているんです。感謝。

◆2010年:「インセプション」

2010年は祭り状態。だって、「シャッターアイランド」と「インセプション」で2度も来日したんです。この頃には、すっかりおじさま的シブさがにじみ出ちゃって。「貫禄」って言葉がこんなにしっくりくる35歳なんて、そういないのでは?

◆2014年1月:「ウルフ・オブ・ウォールストリート」


2013年3月に「ジャンゴ 繋がれざる者」をPRしてから、わずか10カ月ほどでカムバック。「ウルフ・オブ・ウォールストリート」では、スコセッシ監督&共演のジョナ・ヒルと東京証券取引所で米俳優初の来日記者会見に挑みました。それにしても、自前のiPhoneで動画を撮りまくって楽しそう。無邪気にはしゃぐ姿が新鮮!

◆おまけ:空港ファッション

イベントの時はいつもビシッとスーツを着こなしているレオ。じゃあ空港到着時の私服は?と並べてみて愕然……。7年間で変化なさすぎ! 役選びも服選びもブレないのね。

通算10度目、そしてオスカー俳優として初の来日を果たしたレオ、これからも傑作を携えてバンバン日本にやって来てほしいですね。

  by leonardo_D | 2016-03-24 09:08 | 来日レポート

2016.3/23 レオ来日☆

kuroさま、ありがとう〜〜☆

http://news.line.me/list/oa-eigacom/1ievhz7a6ywrm/1iv9ty4ljl640?share_id=jer58730075088

「レヴェナント 蘇えりし者」で第88回アカデミー賞の主演男優賞に輝いたレオナルド・ディカプリオが約2年1カ月ぶり10度目の来日を果たし、3月23日に都内で会見した。

 映画は19世紀、アメリカ西部の未開拓地が舞台。
狩猟中に熊に襲われひん死の重傷を負ったハンターのヒュー・グラス(ディカプリオ)は、メンバーのジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)に置き去りにされるだけでなく、愛する息子の命までも奪われてしまう。
復しゅうを心に誓ったグラスは、苛酷な自然環境と戦いながら、不屈の闘志で生き延びようとする。

 ディカプリオは、約6カ月にわたるプロモーション活動の“終幕”の地が日本だと語り「私にとって、本当の意味で終わり。
プロモーションを含め2年間かけて、人生の重要な1章を体験したね

今は、少し安どしているよ」としみじみ。
「桜の開花時期に日本に来るのは初めてだから、とっても楽しみなんだ」と目を輝かせた。

 会場に詰めかけた500媒体を超す報道陣からオスカー受賞の祝福を受けると、満面の笑みを見せて「この映画は特別な作品。これだけつながりを持てる、世界観に入り込める作品(はない)。
2度とかかわれないかもしれない、映画史に永遠に残る作品だよ」と語った。

 「『アモーレス・ペロス』からファンなんだ」というアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の現場は「映画作りというよりも、壮大な旅に出た感じだったね。
過酷な撮影になるとわかっていたけど、絶対にこのチャンスを逃してはいけないと思った」と振り返る。
「毎日8時間から9時間リハーサルして、“マジックライト”と呼んでいる自然光で1時間半だけ撮影をする。
舞台に臨んでいるような感じだね。本作は1人の人間のサバイバルであり、大自然の物語でもある。自然に資本主義が入り込み、大自然が侵されていく。これはまさに今、世界中で起こっていることなんだ。全ての人に問題意識を持ってほしい」と呼びかけた。

 「インセプション」(2010)以来の共演となるハーディに対しては、ディカプリオ自身が出演を熱望したという。
「男らしさや強さを持っているけど、共感できるあの年代最高の俳優だよ。起用してくれって監督に頼んだんだ。トムとはまた仕事がしたいね」。

 「オスカー受賞後、自分の生活がどう変わったかはまだ分からない。でも、変わらないことを望んでいるよ。
(自分の目的は)受賞のためではなく、夢や理想を追求して最高の映画を作ることなんだ」とさらなる意欲を見せたディカプリオ。現在は「ザ・コーヴ」(09)のルイ・シホヨス監督とドキュメンタリー映画を製作しているそうで「次の(大統領)選挙前に公開する予定なんだ。(米国の)リーダーには科学を理解してくれる人が必要だよ」と語った。

  by leonardo_D | 2016-03-24 09:04 | 来日レポート

「すきやばし二郎」に来店した時の写真☆

kuroさま、ありがとう〜〜♡

映画の『二郎は鮨の夢を見る』のFacebookに写真がアップされていたようです☆
(英語版)
アップされた日付は2013.10月8日ですが、
多分、2013年3月に「ジャンゴ 繋がれざる者」の来日の時、「すきやばし二郎」に行ったときのものかな〜?!


https://www.facebook.com/photo.php?fbid=676362452374565&set=a.195671660443649.52887.184751041535711&type=1&theater

d0007144_13234792.jpg


またお寿司を食べに来日してくれないかしら〜♪

  by leonardo_D | 2014-06-15 13:23 | 来日レポート

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE