『タイタニック』の成功で戸惑っていた

web-tabより転載
(リンク先に、ブラッド・ダイヤモンドで共演したお子様達との3ショット写真があります。
微笑むレオの顔が優しさに満ちていてGoodなので、ぜひ見て下さい〜)



1997年制作の大ヒット映画『タイタニック』でケイト・ウィンスレットとともに主役を演じたレオナルド・ディカプリオ。
23歳にして世界的名声を得たものの、当時はまだ若すぎて突然得た名声にどう対処したらよいのか分からなかったと語っている。

 現在34歳になったディカプリオ。contactmusic.comによると、突如ハリウッドの一大スターになってしまった現実に対処できるほど自分は成熟していなかったと明かしている。

「『タイタニック』から大変な日々が始まった。どこに行っても褒められるし、
それまで持ったことのない力を突然手にするんだ。
ごう慢になったり無礼な態度を取ったりするわけではないけど、自分の価値を見誤ってしまう」。

「自分が歴史の流れを変えているなんて考え始めたなら、危険な領域に踏み込んだってことだ。
まるで暴走する機関車のようだったよ。
自分に何が起こっているか理解できていなかった」


〜〜

あのタイタニックブームでも、傲慢にならず、自分を見失わなかったレオは素晴らしいっ
いつも一緒にいたレオママにも感謝。

  by leonardo_D | 2008-11-19 16:30 | レオニュース

<< いまさらですが HONDAシビ... かかかかかっこいいいい〜 GQ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE