深夜のコンビニ

mainichi.jpより転載

6日掲載の毎日新聞世論調査によると、京都議定書が定めた温室効果ガスの
削減義務を守るため「生活レベルを下げられる」という人が49%いた。
朝日新聞も7日、同じような世論調査を掲載した。
ここでは、温暖化を防ぐために
「今より生活が不便になってもいいか」との問いに51%が「いい」と答えた。

朝日の調査には
温暖化を防ぐため「コンビニの深夜営業がなくても我慢できる」という人が83%いたのだ。

政府は昨年末、温暖化対策としてコンビニの24時間営業の見直しを検討したが、
業界が「16時間営業でも温室効果ガスは3~4%しか減らせず、
一方で売り上げは2割程度落ちる」と猛反発し、見送られた。
コンビニ各社は売り上げに応じて吸い上げるロイヤルティーが減り
商品配送の費用も増すから大打撃だ。
しかし、人件費や光熱費を負担する店のオーナーはどうだろう。
8割以上が「深夜営業しなくていい」との利用者の声は反映されていたのか。

「あいてて良かった」は、もはや時代遅れだと思うのだが。

全文はこちらで

~~
確かに開いていれば便利だろうけど、コンビニの深夜営業がなくても大丈夫♪
日本は環境問題の意識が高くなってきてる感じ。
でも、利用者の声は反映されてないのね。。
コンビニって、今や店舗数がやたら多いし、深夜営業するなら
店舗数を減らしてもいいんじゃないかと思ったり。

  by leonardo_D | 2008-01-11 01:59 | 環境問題&イベント

<< 友人と歓談 アカデミー賞は開催します..?! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE