幼少のハードな思い出

過去に何度か雑誌や写真集等に、同じことを答えていたと思うけど
デイリー・ミラー誌に語ったそうです。
レオちゃんは育った環境に流されず、反面教師にしたのね。賢いわぁ


http://cinematoday.jp/page/N0012374

[シネマトゥデイ映画ニュース] 

レオナルド・ディカプリオが、幼い頃育ったカリフォルニアの町は
「麻薬と娼婦の町」だったと語った。
ディカプリオはデイリー・ミラー紙で、
「僕と母親は、まるでハリウッド映画やウェスタン映画のような世界に住んでいたんだ。
つまり、麻薬ディーラーと娼婦の町さ。
何度も殴られたし、誰かが路地でセックスしているのも見た。
5歳の頃、トレンチコート姿の男に追いかけられたよ」とコメント。
この体験は、ディカプリオに麻薬との距離を置かせることになったそうで、
「近所でヘロイン中毒を目にして、自然に、自分が麻薬と距離を置くようになった。
あれは悪魔だよ」と語った。

  by leonardo_D | 2007-12-28 12:37 | レオニュース

<< Who Is Your Fav... 別れてないようだー >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE