2016年度 UHD BDで「レヴェナント」がDEG大賞受賞。


映像コンテンツメーカーや機器メーカーが加盟するデジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパン(DEGジャパン)は15日、優れたBlu-rayソフトを表彰する第9回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」を発表。
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒
3Dコレクターズ・エディション」がグランプリを受賞した。同作はベストBlu-ray 3D賞も獲得した。

 '16年に国内で発売されたBDの中から、BDならではのクオリティを審査基準とした「ベスト高画質賞」、「ベスト高音質賞」、「ベストレストア/名作リバイバル賞」、「ベストBlu-ray 3D賞」などが決定した。


 審査委員長のAV評論家・麻倉怜士氏は「今回の最大のポイントはスター・ウォーズが(グランプリを)受賞したこと。オーディオビジュアルにおいてさまざまなメディアのブームアップの貢献者で、'83年のLD発売や'01年のエピソード1のDVD発売は大きかった。3Dであることも重要で、もう一度3D文化が来ると良いと思う。今回の受賞は非常に大きな意味を持っている」とコメント。


 映画を中心に、Ultra
HD Blu-ray(UHD BD)の作品が続々と発売されている現状を踏まえ、

今回新設された「ベストUltra HD Blu-ray賞」では、

「レヴェナント:蘇えりし者」が受賞。



http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1044477.html

  by leonardo_D | 2017-02-26 14:52 | ランキング&アワード

<< 「ヒルナンデス」40~50代の... オスカーパーティー "... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE