ニューヨークのマンションを売却

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20161211/TokyoSports_627480.html

レオナルド・ディカプリオ(42)がニューヨークの豪華マンションを売却し、大損していたことがわかった。英紙デーリー・メール(電子版)が報じた。

 レオは2013年にニューヨーク・マンハッタンにある2寝室の豪華マンションを1000万ドル(約11億4000万円)で購入。先日、それを手放したところ、売却価格は800万ドル(約9億1200万円)だったという。めったに訪れることがなかったため売却したが、200万ドル(約2億2800万円)も損してしまった。

 同マンションはニューヨークの都市開発を手がけるデロス社が建設したもので、斬新なアメニティーで知られる。果物や野菜のジュースが各戸で飲めるようにしているステーションがあり、ビタミンC入りのシャワーを浴びることができるという。

 マンション売却で200万ドルを損したレオだが、総資産2億4500万ドル(約280億円)といわれる。それだけに大きなダメージになることはなさそうだ。

 一方、プライベートではデンマーク出身のモデル、ニーナ・アグダル(24)との交際が順調。今夏には、上半身をあらわにした海水パンツ姿のレオとビキニ水着姿のアグダルが、マリブ・ビーチでイチャイチャしてキスをするところを写真に撮られた。その後も交際は続いており、2人で同棲するためにニューヨークで売却した物件より広いマンションを探しているのかもしれない。

  by leonardo_D | 2016-12-12 16:48 | レオニュース

<< 12/13 レオはメキシコ ニューヨーク >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE