来日時の記者会見の様子など〜

kuroさま、ありがとう〜〜☆

レヴェナントで来日したときのものですが、アップ忘れてましたー(;^ω^)

http://bylines.news.yahoo.co.jp/saitohiroaki/20160323-00055753/より

『レヴェナント:蘇えりし者』で悲願のアカデミー賞主演男優賞を受賞したレオナルド・ディカプオが、その喜びが冷めやらぬまま、作品のプロモーションで来日した。
記者会見では、レオ自身も「15回目?」「10回目?」などと来日回数が数えきれないと明かし、プロモーションだけでなく、プライベートでも日本を訪れ、楽しんでいるようだ。

15分遅れて登壇したレオだが…
通常、大物スターの日本での記者会見となると、時間どおりに始まることが多い。その後にも、分刻みできっちり取材などが入っているからだ。

しかしこの日のレオは、マスコミの「今か、今か」という熱気を高めるかのように、約15分遅れて、会見場に姿を現した。

これで思い出すのが、今から14年前(2002年)、『ギャング・オブ・ニューヨーク』で来日した時のことである。当時、レオは28歳。

同作でも、当初、アカデミー賞主演男優賞有力と騒がれていたレオ(結局、共演者のダニエル・デイ=ルイスが主演でノミネートされる、という屈辱を味わった)。
来日プロモーションは賞レース前だったので、初オスカーへの期待もあり、来日ニュースも大きく報道されていた。

昼過ぎに始まる記者会見の直前に、約10媒体ほどの合同インタビューが行われ、筆者もそこに出席したのだが、待てど暮らせど、レオは姿を現さない。
インタビュー時間は50分だが、刻一刻と時間は過ぎていく。
映画会社からは「次の記者会見は時間が決まっているので、終了時間は厳守」という、非情なお達しが…。
どうやらレオは、まだ部屋にいたらしく、「いま、●階でエレベーターに乗りました」などという担当者の声が漏れ聞こえてくる。

そして、ようやくレオが取材部屋にお出まししたのは、インタビューが残り10分になった頃。
明らかにその顔は「いま、起きました~」という状態。まぁ、前日の到着で時差ボケもあるだろうし、楽しい宴で羽目を外したのだろうと、その場にいる全員が察したのである。

案の定、3人ほど質問したところで、虚しく「インタビュー終了」の指令。しかし、その時である。

レオ「ちょっと待って、全員、質問してないでしょ? ちゃんとインタビューしようぜ」

まさにツルの一声! 
映画会社は逆らえません。われわれジャーナリストは、取材に対するレオの真摯さに感謝するばかり。
当初の長さではないものの、しっかりとインタビューができたのである。
当然、記者会見は遅れたのだが、そこでもレオはきっちりと質疑応答。
会見やインタビューは早めに終わらせたいスターが多いなか、彼の態度は、われわれジャーナリストの目にもカッコよく映るのであった。

ま、キミが寝坊さえしなけりゃ、何も問題なかったんだけどね。

こうした「やんちゃ」な行動も、20代だったからだろう。
熱弁の陰に、一抹の寂しさも

その後、何度も取材の機会を経て、2016年の来日会見。
15分遅れて始まったものの、今回もきっちりと、むしろ予定の時間をさらにオーバーして、レオは熱弁をふるってくれた。
『レヴェナント~』という作品との出会い、壮絶を極めた撮影、オスカーの重み、そして地球環境問題まで、ひとつひとつの答えを噛みしめるように、じっくりと…。

そこには、つねに取材に真摯だった、変わらないレオの姿があった。
しかし、14年前の「二日酔い」の顔は、もう二度と見ることはできない…という一抹の寂しさを感じたのも事実である。

  by leonardo_D | 2016-06-10 22:06 | レオニュース

<< 13世紀のペルシャの詩人、Ja... レヴェナント 撮影中の集合写真〜☆ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE