ディカプリオの「ディ」って何?(東大生が解説)

レオファンの間では、既に有名なことだと思いますが〜☆

http://www.todaishimbun.org/dicaprio20160305/より一部転載

“di”は「出身」や「所属」を意味する

 ところで皆さん、彼の苗字「ディカプリオ」をアルファベットでどう書くかご存知ですか。
トップ画像のように、“DiCaprio”と書くんです。ここで「あれっ」と思った方、いらっしゃいませんか。
そうです、”C”が大文字なんです。英語で人の名前を書くときは、語頭の一文字のみを大文字にするのが基本のはず。どうして彼の名前では、語中の”C”が大文字なのでしょう。

 この謎を解くカギは、その直前の”Di”にあります。
”di”は、イタリア語で「~の」や「~から来た」を意味する単語で、英語の”of”や”from”に相当します。
たとえば、イタリア語で「私は日本から来ました」は”Sono di Giappone”(=”I’m from Japan”)と言います。
つまり、「出身」や「所属」を意味するのがイタリア語の“di”なのです。

ここまでで”Leonardo DiCaprio”という名前は「カプリのレオナルド」を意味していることがわかりましたが、同様の構造の名前を持つ欧米の著名人は他にもいます。


 同じくアメリカで俳優として活躍するロバート・デ・ニーロ(Robert De Niro)や、戦後最初のフランス大統領となったシャルル・ド・ゴール(Charles de Gaulle)の名にある”de”もまた、彼らの先祖の「出身」を表しています。言ってみれば、「ニーロに属するところのロバート」や「ゴールに起源を持つシャルル」が、彼らの名前の意なのです。

 “de”はフランス語で「ド」または「ドゥ」、スペイン語で「デ」と発音される語ですが、意味はイタリア語の”di”とほぼ同じ。中世イタリアのレオナルド・ダ・ヴィンチやポルトガルのヴァスコ・ダ・ガマの「ダ」”da”も、同じように「出身」の意味で使われています。



 それでは、”Di”の後の”Caprio”とは何か。これは、イタリア南部ナポリの近くに浮かぶCapri島を指しています。つまり”DiCaprio”は「Caprioから来た」という意味で、”Caprio”は地名であるがゆえに、語頭の”C”が大文字のまま残っているのです。ここから、彼の先祖はCapri島の出身であることが推測されます。

  by leonardo_D | 2016-03-06 14:48 | レオニュース

<< 渡辺謙、レオにおめでとうメール... タイタニック 雛人形 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE