胸で書いた肖像画をレオにプレゼントする女性現る。

サンクトペテルブルグの女性画家は、レオナルド・ディカプリオ氏に「自分の胸で」描いた肖像画をプレゼントするつもりだ。

この画家、イリーナ・ロマノフスカヤさんは、ライブ・ジャーナル(LiveJournal)の自分のブログの中で、
個人的に直接、肖像画をディカプリオ氏に渡すためハリウッドに行くつもりだと発表した。
ロマノフスカヤさんは、自分が彼の大ファンである事を隠していない。そ
れゆえ彼女は、2月28日にディカプリオ氏が念願のアカデミー賞主演男優賞を獲得した事を自分の事のように喜び、お祝いに彼の肖像画を「心を込めて」描いたというわけだ。

ロマノフスカヤさんの作品は、その描き方が風変わりで、まず自分の胸に絵具を塗り、その後それをキャンバスの必要な場所に塗り付けてゆく。
しかし、正確さが求められる場所では、彼女は指を使う。

彼女は、こうした手法でこれまで、プーチン大統領を含めて、多くの政治家、サッカー選手など有名人の肖像画を描いてきた。

d0007144_23452582.jpg

  by leonardo_D | 2016-03-04 23:46 | レオニュース

<< 俳優仲間たちからの祝福☆ マーゴット・ロビーがレオの受賞... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE