オスカー予想&The Revenant感想  (ジョン・カビラ氏)

http://mantan-web.jp/2016/02/28/20160228dog00m200015000c.html

 米ロサンゼルスのドルビー・シアターで29日(現地時間28日)に開かれる「第88回アカデミー賞授賞式」。その模様がWOWOWで生中継される。同番組の案内役を務めるジョン・カビラさんに、今年のアカデミー賞について聞いた。

 ◇ディカプリオ「レヴェナント」は出色

 ――作品賞にノミネートされている8作品の中で、特に注目している作品は?

 米国の専門サイト、専門誌などもチェックしていますが、(有力なのは)「レヴェナント」「スポットライト」「マネー・ショート」といわれていますよね。
個人的には「レヴェナント」ですかね。レオナルド・ディカプリオに取らせてあげてください。
そうすると、(「レヴェナント」の)アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督は、(昨年、作品賞、監督賞など4部門に輝いた「バードマン~」に続いて)2年連続になる。監督賞の2年連続受賞は、1949、50年に受賞したジョーゼフ・L・マンキーウィッツ以来で史上2人目になるんです。これは非常に稀(まれ)なことで快挙!です。

 ――「レヴェナント」を見た感想は?

 すぐには立ち上がれなかったですね。すごい映画を見たなと。究極の生還劇、復讐(ふくしゅう)劇。
そして、米国の開拓時代の闇を描いている。生きることは何なのか、人間にとってプライドとは何なのかっていうことを鋭くえぐっていますよね。
それから、自然の美しさと厳しさ。人間がどのくらいもろいものなのかっていうことも突きつけられます。

 今回の8作品は、どう生きるのか、どう生き抜くのか、もしくはどう自分と向き合うのかなど、どこに己が立っているのかっていうことを感じさせる映画が多いと思うのですが、その中でも「レヴェナント」は出色だと思います。

 レオナルド・ディカプリオの演技も、あそこまで自分を追い込んで。こんなに強烈な意思ってどこから来るんだろうって。
もちろん主人公の設定がそうなんですけれど、演じる身としてここまでやりますか?って思いました。

(続きはリンク先で〜☆)

  by leonardo_D | 2016-02-29 08:32 | ランキング&アワード

<< LAのアートギャラリーでThe... ゆうばり映画祭でThe Rev... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE