レオは「アート・バーゼル」の内覧会へ @スイス

kuroさま、ありがとう〜〜♡

6月16日
レオは美術品フェアの「アート・バーゼル」のため、スイスに出かけているそうです。
12月にマイアミ・アート・バーゼルで約1億2千万円分の美術品を購入したレオ。
世界最大のアートフェアですので、今回も素敵な美術品との出会いがあるかもしれませんね〜(*^^*)

http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-3127063/Leonardo-DiCaprio-puffs-e-cigarette-peruses-costly-paintings-Basel-Fair.html

d0007144_22333618.jpg

d0007144_22333348.jpg

d0007144_22562627.jpg


d0007144_22333085.jpg

d0007144_2233262.jpg

d0007144_22335296.jpg

d0007144_22334937.jpg

d0007144_22332189.jpg

d0007144_22334344.jpg

d0007144_22333820.jpg

d0007144_2245212.jpg

d0007144_2246753.jpg







http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MO9F9E6TTDSX01.htmlより

スイスで開かれている世界最大の美術品フェア「アート・バーゼル」の内覧会に、ハリウッド俳優のレオナルド・ディカプリオ氏やロシア富豪のロマン・アブラモビッチ氏らVIPが続々と詰め掛けている。
米彫刻家アレクサンダー・コルダーのモビールの作品が1200万ドル(約11億6000万円)の値を付けるなど内覧会は盛況となっている。

アート・バーゼルに出品されている20世紀と21世紀に制作された美術品の総額は20億ドルを超える。
美術品フェアの開催が増える中、アート・バーゼルは最も人気の高いイベントの一つで、多くの国際的コレクターが訪れる。
ディカプリオ氏とアブラモビッチ氏もそれぞれ会場を回り作品を鑑賞した。

ニューヨークを拠点とするアドバイザー、トッド・レビン氏は「規制当局がタックスヘイブン(租税回避地)に注意を向ける中、美術品への資金流入がますます増えている」と指摘する。

ロンドンを拠点とするディーラー、ヘリー・ナーマド氏は、コルダーが1961年に制作した赤いモビールの作品を1200万ドルで売却した。
購入した顧客の氏名は公表されていない。
VIP対象の内覧会は11日に始まり、フェアは16日まで開催される。    

ーーー関連エントリー
12/5 マイアミにいるレオ☆ その2

  by leonardo_D | 2015-06-17 22:35 | レオニュース

<< レオは「アート・バーゼル」の内... ケリーと。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE