ビリー・ミリガンを描く映画『ザ・クラウデッド・ルーム(原題) / The Crowded Room』

松さま、ありがとう〜〜☆

新作の噂です\(^o^)/

http://www.hollywoodreporter.com/news/leonardo-dicaprio-new-regency-moving-778284

http://www.cinematoday.jp/page/N0071144

映画『華麗なるギャツビー』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のレオナルド・ディカプリオが、24の多重人格で知られるビリー・ミリガンを描く映画『ザ・クラウデッド・ルーム(原題) / The Crowded Room』で、主役のビリー役を演じることになったとThe Hollywood Reporterが報じた。
 
 本作は、1977年、22歳のときにオハイオ州で強姦強盗事件を起こすも、その記憶が欠落していたことから、犯罪の場で初めて多重人格という障害が注目されることになったビリー・ミリガンを描く映画。
「アルジャーノンに花束を」の著者ダニエル・キイスが、本人へのインタビューや関係者の証言などに基づいて記した1981年出版の著書「24人のビリー・ミリガン」を映画化するものだ。

 ディカプリオは、20年も前から、ビリー・ミリガンの役を演じることに関心を持ち続けていたという。

 本企画は、随分前からあがっており、一時はジェームズ・キャメロンの名が監督候補に挙がったこともあった。
製作を手掛けるニュー・エージェンシーが何年も企画を温めた末、ようやく製作準備が本格始動したようだ。

 映画『ラッキーナンバー7』の脚本やテレビドラマ「キッドナップ」の企画製作を手掛けたジェイソン・スマイロヴィックと、「キッドナップ」のアシスタントクルーを務めたトッド・カッツバーグが、本作の脚本を担当する。

 ディカプリオは、主演だけでなく、自らプロデューサーも務めることになっている。

(鯨岡孝子)

---

http://eiga.com/news/20150302/4/

[映画.com ニュース] レオナルド・ディカプリオが、ダニエル・キイスの著作「24人のビリー・ミリガン」で知られる、実在の解離性同一性障害(多重人格障害)の人物ビリー・ミリガンを題材にした映画「The Crowded Room(原題)」のプロデュースと主演を務めることがわかった。

米ハリウッド・レポーターによれば、「The Crowded Room(原題)」の企画が立ち上がったのは20年近く前のこと。長年ほとんど具体的な動きが見られなかったが、一度はジェームズ・キャメロンが映画化を希望していたことがあった。
また、ディカプリオは当初からミリガンを演じたいと考えていたという。

ミリガンは1977年、米オハイオ州で3人の女性への連続レイプと強盗の容疑で逮捕されたが、当人には犯行の記憶がなく、裁判で解離性同一性障害を理由に無罪を言い渡された。
ミリガンは、主人格のビリー以外に23の別人格を持っていたとされるが、昨年12月に59歳で死去した。

映画「Crowded Room(原題)」は、ディカプリオの製作会社アッピアン・ウェイと米ニュー・リージェンシーが製作。キイスの「24人のビリー・ミリガン」を下敷きに、ジェイソン・スマイロビックとトッド・カッツバーグが脚本を執筆する。
(映画.com速報)

〜〜

http://news.aol.jp/2015/03/04/leonardodicaprio/

『ジャンゴ 繋がれざる者』や『華麗なるギャツビー』(共に2012年)の後、「しばらくの間オフを取る」と宣言していたレオナルド・ディカプリオだが、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2014年)に続き、まだまだオフを取るつもりはないようだ。


<indiewire.com>によるとディカプリオは現在、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』でアカデミー賞作品賞と監督賞、脚本賞を獲得したばかりのアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督とタッグを組んだ『The Revenant(原題)』の撮影に入っているという。
同作では1820年代の開拓者を演じており、2016年初めに全米公開される予定だ。

またディカプリオは、『The Crowded Room(原題)』という作品でも主役を務めるとのこと。
『アルジャーノンに花束を』などで知られる米作家ダニエル・キイスが、多重人格者をテーマにしたノンフィクション『24人のビリー・ミリガン』が原作で、キイス同様2014年にこの世を去ったミリガンは、多重人格障害を患っているとして法廷で戦い話題となった。
彼は複数の強姦罪などで罪に問われたものの、弁護団は"ミリガンの24の人格"のどれかが罪を犯したと主張。結局、無罪を言い渡されたがその後は精神病院に入れられていた。

これはディカプリオが数年間にわたって製作を狙っていた作品だそうで、ジェームズ・キャメロンやジョエル・シューマッカー、デヴィッド・フィンチャーらも目をつけていたようだが、監督はまだ決まっていないという。

  by leonardo_D | 2015-03-02 03:18 | 新作情報・噂

<< ニューヨークのマンションを貸出 「インセプション」がモデルのボ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE