リアリティ番組に映ることを拒否☆

http://japan.techinsight.jp/2014/06/kay-paris-and-leo-refused-to-be-filmed-for-keeping-up-with-the-kardashians.html?utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed

先日、ロサンゼルスにて「XIV Summer Sessions」なるパーティが盛大に開催された。
この場には俳優レオナルド・ディカプリオやパリス・ヒルトンもおり、パーティは大盛り上がり。
キム・カーダシアンのリアリティ番組撮影クルーも現場にいたというが、大物らの撮影には成功しなかったようだ。

このほど開催された「XIV Summer Sessions」なるパーティにて、キム・カーダシアンの異母弟ブロディ・ジェンナーがDJ役を担当。
その父ブルースらも会場におり、一家のリアリティ番組『Keeping Up with the Kardashians』のワンシーンが撮影されたという。

しかしそれを知った俳優レオナルド・ディカプリオは、リアリティ番組に映ることを拒否。
この日のレオの様子につき、『NYポスト/Page Six』にはこのような証言が寄せられている。

「レオは、あの番組になど出たくはなかったんです。撮影が終わるまで、到着時間を遅らせたほどですよ。」

またキムのかつての親友で目立つことが大好きなパリス・ヒルトンも、撮影には「No」。
「やっぱり私のリアリティ番組が最高だったわ」と嫌味を言ったこともあるパリスらしく、キムの番組に出ることには全く興味が無かったようだ。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

〜〜

出なくていいと思いまーす☆(^_^)


ーーー追記2014.6.9

http://www.cinematoday.jp/page/N0063582


 [シネマトゥデイ芸能ニュース]
 レオナルド・ディカプリオが出席したイベントで、リアリティー番組「キーピングアップ・ウィズ・ザ・カーダシアンズ(原題) / Keeping Up With the Kardashians」が撮影されていたが、レオは画面に映ることを拒否したという。

 イベントはロサンゼルスの人気ナイトスポットXIVで開かれたフランキー・デルガドの誕生日パーティー。リアリティー番組の女王キム・カーダシアンの異父兄弟ブローディ・ジェナーがDJを務め、彼の父親ブルース・ジェナーも出席していたため、リアリティー番組の撮影が行われたようだ。

 レオには事前にカメラが入ることが告げられていたため、彼は撮影が終了するまで店内に入ろうとしなかったらしい。

 「イベント側はレオがカメラを嫌うことを知っていたので、事前に知らせていました。彼はどんな番組でも撮影されるのを嫌がりますが、この番組はなおさらです」と情報筋はUs Weeklyにコメントしている。

 New York Postによると、キムの元親友として知られるパリス・ヒルトンもいたらしいが、彼女も撮影を断ったとのこと。以前はリアリティー界で人気のあったパリスもキムに女王の座を奪われてしまっている。
2011年のインタビューでは、そのことについて質問されたところ、パリスはインタビューを途中退席している。
(澤田理沙)

  by leonardo_D | 2014-06-05 21:33 | レオニュース

<< レオ写真☆ ウルフブルーレイ、TSUTAY... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE