Oriental Movie Metropolis Ceremony その3

あけちん様、ありがとう〜〜☆

 http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.jsp?id=77088

2013年9月22日、世界最大級規模の映画スタジオ・東方影都(オリエンタル・ムービー・メトロポリス)の起工を祝うセレモニーが中国山東省青島市で行われ、米俳優レオナルド・ディカプリオが姿を見せた。
人民日報(電子版)が伝えた。

ディカプリオはじめ、ニコール・キッドマンやキャサリン・ゼダ=ジョーンズ、ユアン・マクレガーといったハリウッドスターが「青島にやって来る」という情報は、数週間前から中国メディアがこぞって報道。

しかし、「そんなビッグスターが一度に来るはずがない」と誰もが半信半疑だった。
しかし22日、東方影都の起工を祝うセレモニーのレッドカーペットには、報道されていた全員が登場。
まさに世紀の祭典となった。

中でも最も人気を集めたのがレオナルド・ディカプリオ。
中国メディアによると、わずかに会話を交わすだけのインタビューでも1万5000米ドル(約150万円)のギャラが必要。
この日は観客の前に30分間も姿を見せていたため、破格のギャラが予想される。

東方影都は、中国の大手コングロマリット・万達集団が投資し建設する映画スタジオ。
広大な敷地の中に、映画産業区や大型ホール、ホテルや娯楽施設などが作られる。
2016年6月に第1期工事が完成し、2017年に正式開業予定。
「東方のハリウッド」と銘打ち、2016年9月からは青島国際映画祭も開催する予定だ。
(翻訳・編集/Mathilda)


ーーー関連エントリー
Oriental Movie Metropolis Ceremony その2
レオは中国。Oriental Movie Metropolis Ceremony

  by leonardo_D | 2013-09-24 20:06 | 環境問題&イベント

<< The Wolf of Wal... 9/25 TBSテレビで「ディ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE