Yasuni ITTイニシアティブ、資金集まらず。。

kuro様、ありがとう〜〜☆

http://www.confirmado.net/leonardo-dicaprio-lamenta-decision-del-gobierno-ecuatoriano-sobre-el-yasuni/

2010年から、石油採掘を中止し、地球温暖化に貢献すると同時に
生物多様性の宝庫・先住民の生活圏であるアマゾン熱帯雨林を保護しようという計画 Yasuni ITTイニシアティブでしたが、資金が集まらず、この計画は破綻してしまったそうです。。
残念...。

レオやエドワート・ノートンがこの計画を支援していたものですね。。

写真は2010年に、レオがガラパゴス諸島を訪れ、モレノ副大統領と面会した時のもの。
d0007144_21142111.jpg



ヤスニITTイニシアティブが破たん~コレア大統領が油田開発を表明より転載。

エクアドルで石油採掘の代替として国際社会から資金を集めて生態系保全を実施するイニシアティブが破たんした(AFPBB)。
記事によると、ユネスコの保護区に指定されたヤスニ国立公園における油田開発を中止する代わりに国際社会から36億ドル(約3500億円)の森林保全基金を募る計画だったが、6年間で集まったのは1330万ドル(約13億円)のみ。
エクアドルのコレア大統領は、掘削に着手する方針を表明したとのこと。
この新しい試みは、ヤスニITTイニシアティブと呼ばれ、日本企業としても良品計画が20万ドル20億ドルの拠出を表明していた(UNDP駐日事務所)。

これまで排出枠のクレジット化は行われてきたが、採掘枠のクレジット化は新しい試みと言える。
ただ、クレジット化をするなら全体の採掘枠にキャップをかけないと気候変動の緩和効果は出ない。
排出抑制さえうまくいっていない中、資源国が揃って石油・石炭・天然ガス採掘に採掘枠キャップをかけるのは非常に困難だろう。

このイニシアティブの最大の欠点は、エクアドル政府が信託基金から十分資金を得た後に国際約束を破ってヤスニ国立公園で石油採掘を行った場合、国際社会として対抗措置を取ることができないことだろう。



ーーー関連エントリー
ガラパコス諸島で会談

  by leonardo_D | 2013-08-23 21:19 | 環境問題&イベント

<< ニューヨークで自転車  ルーカ... ギャツビーDVDのレビュー☆ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE