レオがママのキューピット役☆

少し前の記事ですが〜☆

http://news.walkerplus.com/article/39839/より

母親と仲が良いことで知られているレオナルド・ディカプリオは、母親の恋のキューピッドまで演じていたようだ。レオの母親イルメリンは、彼の生後まもなくレオの父親ジョージと別れており、女手ひとつで育てられたレオは「自分の理想は母親のような女性」と発言したこともある。
一部ではマザコンと囁かれるほど母親と強い絆で結ばれているが、1年ほど前、イルメリンに男性を紹介し、彼女は現在でもその時の男性と交際を続けているという。

7月4日の米独立記念日に、レオは交際中の新恋人トーニ・ガルンとイルメリンと彼女の恋人の4人で“親子ダブルデート”を楽しんでいたらしい。
ニューヨーク・ポストによれば、4人はマドンナのマネージャー、ガイ・オセアリーが主催したパーティーに来ていたそうで、出席者の一人が「デヴィッド(イルメリンの恋人)は、レオと彼自身の娘とザ・ブラック・キーズのメンバーに、お見合いデートみたいなものを仕組まれたと言っていた。
その時からずっとレオの母親と交際しているそうだ」と証言している。

「レオは、パーティーの出席者たちに自分の母親を誇らしげに紹介して回っていたが、ダンスフロアに降りて、トーニと抱き合って踊っていた。レオの母親も恋人と踊っていた」と目撃者は語っており、親子で独立記念日をエンジョイしたようだ。

【UK在住/ブレイディみかこ】

  by leonardo_D | 2013-07-27 18:20 | レオニュース

<< The Wolf of Wal... GQ JAPAN 2013年 ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE