カンヌ映画祭 その5 会見の記事

カンヌ映画祭の「華麗なるギャツビー」の会見で、こんなことが話されたようです☆

http://www.cinemacafe.net/article/2013/05/16/17055.htmlより一部転載

バズは音楽にジェイ・Zを起用できたのは、レオのおかげだったと語る。
「フィッツジェラルドの時代の最先端がジャズなら、いまはヒップホップだ。
ぜひジェイ・Zに頼みたいと思っていたら、
レオが電話をしてきて『いまジェイ・Zと一緒にいるから、すぐに来て』というんだよ。
実際に会ったジェイは、ギャツビーを思わせるような優雅さのある男で、すぐに魅了されたよ」。

連日連夜、ゴージャスなパーティーを開く謎の大富豪ジェイ・ギャツビー。
その彼が唯一信頼を寄せる友人・ニックを演じたトビーは、実生活でもレオの大親友。
このことに関して聞かれたトビーは「ギャツビーとニックの関係と、僕とレオの関係に通じるところがあると思う。僕はレオのことを尊敬しているし、影響を受けている。
そして僕らはお互いに心から信頼しあっていて、何でも話せる関係だ。
この役を2人で演じるという意味をとてもシリアスに受け止めたと同時に、2人で演じられて本当に楽しかった」と、共演の喜びを語った。

ーーー関連エントリー
カンヌ映画祭 その4 動画
カンヌ映画祭 その3 写真
カンヌ映画祭 その2
カンヌ映画祭 その1
カンヌ映画祭、本日1:00amより配信☆

  by leonardo_D | 2013-05-17 13:26 | ランキング&アワード

<< 「ギャツビー」公開延期は大雨続... 「ギャツビー」萌え死に動画と写真 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE