環境問題のサポートの為のチャリティーオークション その2

日本語の記事になっていたのでペタリ☆

Fashion postより転載

レオナルド・ディカプリオ財団」を中心に、ウェブサイトで環境関連のニュースや実践的な情報の提供、ドキュメンタリー映画のプロデュースなどを通して、地球環境の問題に取り組んでいる俳優の Leonardo DiCaprio (レオナルド・ディカプリオ)。
同氏は、慈善事業「11th Hour (イレブンス・アワー)」の活動のための資金調達を目的としたチャリティ・オークションを、2013年5月に開催することを表明した。
Mark Grotjahn (マーク・グロッチャン) 、Carol Bove (キャロル・ボヴェ)、John Currin (ジョン・カリン) 、Elizabeth Peyton (エリザベス・ペイトン) など、著名な画家の作品33点が出品される予定であり、目標としている調達金額は1500万ドル(約14億9430万円)となっている。

ーーー関連エントリー
環境問題のサポートの為のチャリティーオークション

  by leonardo_D | 2013-04-26 00:19 | 環境問題&イベント

<< ジュリアン・ハフと〜?! The Great Gats... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE