38歳のバースデーパーティーでチャリティ(*^_^*)

チャリティ形式にしたレオらしいバースデーパーティーだったようですね☆
一晩で約4000万円もの寄付が集まったとか(*^_^*)

http://www.cinemacafe.net/news/cgi/gossip/2012/11/14343/


今月11日(現地時間)に38歳の誕生日を迎えたレオナルド・ディカプリオ。
前日の10日にニューヨークのクラブ「The Darby」で誕生パーティを開き、ビヨンセ・ノウルズ&ジェイ・Z夫妻やマーティン・スコセッシ、ロバート・デ・ニーロ、キャメロン・ディアスらが駆けつけた。

マンハッタンの人気クラブでのパーティで、レオは10月下旬にアメリカ東海岸を襲ったハリケーン「サンディ」の被災者救済の義捐金を集めることを計画、アルコールのボトルに金額を上乗せし、1本オーダーするごとに寄付できる仕組みにした。

その結果、総額50万ドルがアメリカ赤十字社に寄付され、そのほかはレオナルド・ディカプリオ基金が支援する慈善団体に寄付された。

パーティには現在、スコセッシ監督の『The Wolf of Wall Street』(原題)で共演中のジョナ・ヒル、『シャッター アイランド』で共演したマーク・ラファロ、エドワード・ノートン、エマ・ワトソン、ジェイミー・フォックス、クリス・ロックらも出席した。

レオは最近、スーパーモデルのエリン・ヘザートンと破局したばかりだが、この夜は、『The Wolf of Wall Street』の共演者で、エリンと破局後によく一緒にいるというオーストラリアの女優、マーゴット・ロビーの姿もあった。

(text:Yuki Tominaga)


ーーー

http://japan.techinsight.jp/2012/11/kay-leonard-dicaprio-38th-birthday.html


11月11日に、38歳の誕生日を迎えた人気俳優レオナルド・ディカプリオ。
まだまだ童顔だが、このところ渋い大人の役もしっかりハマるようになったと評価する声も多い。
そんなレオにはセレブな友達がいっぱい。
先週土曜日に行われた誕生日パーティにも大物セレブが多数参加している。



大ヒット映画『タイタニック』(1997年)の公開から早くも15年。
少年のようだったレオナルド・ディカプリオも、スーツのよく似合う素敵な男性に成長した。
そんな彼の38歳の誕生日を祝おうと、そうそうたるメンバーがニューヨークの超人気店「The Darby」に集結した。

この日姿を現したのは、ビヨンセ、ジェイ・Z、キャメロン・ディアス、ジョナ・ヒル、
恋の噂もある女優マーゴット・ロビー(22)など多数。
最近破局したばかりのモデル、エリン・ヘザートン(23)の姿は無かったそうだが、人気セレブが集結した会場は大変な盛り上がりようだったという。

ちなみにこの日、レオはもちろんのこと、ゲストは全員ボトルをオーダーするごとに“心づけ”を支払いそれを寄付金としてキープ。
この方法によりパーティが終了するまでに多額の寄付金が集まったといい、「レオナルド・ディカプリオ基金(Leonardo DiCaprio Foundation)」が支援するチャリティ団体や赤十字社に寄付されることになったというから素晴らしい。
なにしろ50万ドル(約4000万円)は赤十字社に寄付するとのこと。
これには多くのメディアも驚き、レオのボランティア精神を改めて高く評価しているしだいだ。


過去にも地震で甚大な被害を受けたハイチに多額の寄付を提供したほか、ボランティア活動や環境保護活動にも積極的に関わってきたレオ。

俳優業で忙しい毎日を送りながらも、世の中にきちんと目を向けるその姿勢は実に立派である。

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)


ーーー

http://www.cinematoday.jp/page/N0047708

[シネマトゥデイ芸能ニュース] 
先日恋人と破局したことが明らかになったレオナルド・ディカプリオに早くも新恋人ができたのではないかとささやかれている。
お相手は22歳の女優マーゴット・ロビーで、ディカプリオとは現在撮影中の新作『ザ・ウルフ・オブ・ウォール・ストリート(原題) / The Wolf of Wall Street』で共演している。

 Mail Onlineによると、今月11日に38歳の誕生日を迎えたディカプリオは前日の10日にバースデー・パーティーを開催。
ビヨンセやロバート・デ・ニーロ、キャメロン・ディアスなどそうそうたる面々がそろう中で、ディカプリオと常に一緒にいたのがマーゴットだったという。

 マーゴットはオーストラリア出身の女優で、これまでにテレビドラマ「PAN AM/パンナム」などに出演。
ディカプリオとマーゴットはその前の週末にも二人でラスベガスを訪れているところを目撃されており、目撃者の一人は「二人の間には何かあるように思えました」とNYPOST.comの取材に対して語っている。

 くしくもマーゴットが『ザ・ウルフ・オブ・ウォール・ストリート(原題)』で演じているのは、ディカプリオ演じる主人公が恋する女性。
そうしたこともあって、プライベートでも恋愛関係に発展したのかもしれない。
(編集部・福田麗)

  by leonardo_D | 2012-11-13 23:19 | レオニュース

<< 「ジャンゴ」Newスチール☆ TAG Heuer fundr... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE