「タイタニック」について聞かれること。解釈(?)ネタバレ有り

4月4日から先行上映が始まり、いよいよ7日から一般公開が始まる「タイタニック3D」
TVのCMでもたくさん流れているようですね☆
試写会で、吹き替え版と字幕版の両方を観させて頂きましたが、
私は断然 字幕版をオススメします☆
(目の疲労度はどちらも同じぐらいでした〜)

そして、
最近、「タイタニック」のストーリーで、時々確認されることがあります〜。
なので、「タイタニック」の"私なりの解釈"を少し書いておきます☆


ネタバレ(?)有りです。↓↓



・年老いたローズが、なぜ高価なブルーダイヤのネックレスを海に捨てるの?
・最後のローズは寝てるの? 死んでるの?

と、、、、聞かれたりするのですが、

ストーリーを素直に観て、
ラストや、ラストの少し前に映る、ローズが船に持ち込んだ写真を見ると解るような気がします。


冷たい海に投げ出され、がれきの上にローズを乗せているとき、ローズはジャックと約束をします。
ジャックから、「子供をたくさん産んで、年をとってから暖かいベットの中でキミは死ぬんだ。
こんな冷たい海で死ぬんじゃない」と。

ジャックは、冷たい海の中で死んでしまいますが、その後、ローズは逞しく生きていきます。
でも、ジャックの事を思い出の中に単に封印して生きてきたのではないと思います。

むしろ、ジャックとの約束を守るための人生、ジャックとの愛を貫いた人生を送ったのだと思います。

ジャックが望んだ約束どおり、ローズは子供を産み、写真立てに飾られてたように、馬に乗ったり、幸せそうな人生を歩んできたのも、ジャックとの約束のためだと思います。
(ジャックから、女性も鞍無しで馬に乗ってみるといい。との会話で、上流階級のローズは目を丸くしていましたよね。)


そして、もちろん、ローズの築いた家族にはそんなことを悟られないように、演じてきたと思います。
でも、きっと心にはずっとジャックが生きていたと思うのです。


そして、101歳まで生きてきたローズは、ジャックと約束した「暖かいベットの中」で、自らの死を迎えたのだと思います。


ジャックの描いたブルーダイヤを身につけたローズの絵が発見されるまでは、
ジャックとローズが濃密な時間を過ごした事実を知るものはブルーダイヤだけだったのではないでしょうか。
ローズはブルーダイヤを持っていたことを秘密にし、時折ブルーダイヤを眺めては、
ジャックを想い、生きる糧としてたのではないかな〜と、想像しちゃいます。
ジャックは乗船名簿にも残っていないし、写真も1枚も残ってないですしね..。



時が経ち、ジャックの描いたブルーダイヤを付けたローズの絵が発見される。
ローズがジャックとのラブストーリーを語り、死を迎えるその時は、
生きる糧にしていたダイヤはもう必要がなく、ローズは暖かいベットの上で
ジャックの元に、心安らかに旅立ったのだと思います。


そして、ラストシーンは、思い出の場所で、若いジャックがローズを待っているシーンが映ります。
ジャックとの約束を果たしたローズの手を取り、やっと、やっと、二人は一緒になれたのだろうと思います。
(天国に向かうローズが見た幻影のシーンなんでしょうね☆)


うーん。素敵なラブストーリー(/_;)♡


きっと、、

ラストのローズは、話し疲れて寝ただけじゃないと思いますよ〜。(^O^;)


〜〜


(実はそんなに「タイタニック」を繰り返し観ているわけではないので、
記憶違いがあるかもしれません〜。
そして、私の感じた感想ですので、他の素敵な感想・解釈があると思います☆)

  by leonardo_D | 2012-04-04 19:07 | タイタニック3D

<< なりきりポスター プレゼント.. 天文学者の指摘で、『タイタニッ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE