「俳優はあくまでも雇われの身」と語るレオ

http://celebrity.aol.jp/2012/03/17/leonardo-dicaprio-actors-clowns-for-hire/より

現代のハリウッド、中でもハリウッド・セレブは別世界の人間に思われることが多い。
だがレオナルド・ディカプリオの考えは違うようだ。

彼は英『サン』紙とのインタビューに対し、

「僕は、自分が歴史の流れを変えていないことに気づいたんだ。
僕は俳優で、映画に出る。それだけさ。
僕たちのような役者は、あくまでも雇われる側だってことを実感すべきなんだよ」とコメント。

どんなに大スターになっても自分は"雇われる側"だと強調した。

ディカプリオと似た考えを持つ俳優はほかにもいる。ジョニー・デップもまた、『ヴァニティ・フェア』誌で、スタジオが彼に"くだらないお金"を払う限り、『アリス・イン・ワンダーランド』や『パイレーツ』シリーズといった映画に出演していくと話している。

一方、4月にはディカプリオの代表作の1つとなった『タイタニック』(1997年)の3D版が日本でも上映される。彼は当時、映画のヒットが予測できなかったと告白。
さらに映画『ブギーナイツ』(1997年)のオファーも来ていたことから、自分が『タイタニック』に出演すべきなのか迷っていたそうだ。とはいうものの、今では出演したことをとてもうれしく思っているという。

〜〜

レオの謙虚な姿勢も好き☆

  by leonardo_D | 2012-03-19 04:32 | レオニュース

<< メキシコのカンクンビーチにレオ... レオの徹底したエコ☆ だけど...。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE