パーティー三昧は卒業?!

http://brash.jp/celebrity/より

かつてパーティーの常連だった米俳優レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DeCaprio, 37)が、
20代だった頃と違って現在は夜遊びにそれほど興味がないと告白した。
クリント・イーストウッド(Clint Eastwood)監督の『J・エドガー』などシリアスな作品に立て続けに出演しているレオは、夜遊びを控えて仕事に全力投球しているらしい。

「最近は20代の頃ほどパーティーに行かなくなったよ。
クリント・イーストウッドのような大物が監督を務める作品の撮影現場に、二日酔いで登場するわけにはいかないからね」と、レオはInStyle誌ドイツ版のインタビューで話している。

子どもの頃からショービジネスの世界で活躍しているレオは、自分を支え続けてくれたドイツ系の母親イルメリン(Irmelin)さんに心から感謝しているという。

「母は僕を自分の思い通りにしようとしたりはしなかった。
生意気盛りの僕が人はなぜ是が非でも俳優になりたがるのかなんて偉そうに話すのを、母は笑いをこらえながら聞いてくれたよ。
僕が18歳で初めてアカデミー賞にノミネートされた時も、母はすごく喜んでくれたね」と、レオは語っている。

93年の映画『ギルバート・グレイプ』でアカデミー賞助演男優賞の候補になったレオは、04年の『アビエイター』で演じたハワード・ヒューズ役でゴールデン・グローブ賞の主演男優賞にもノミネートされている。

〜〜

ママの存在は大きいですね☆
外国では多くの人が陥る危険な遊びに講じることなく(ドラッグとか)、
ここまでリッパにキャリアを築き上げている俳優さんって、稀ですよね♪
レオ自身が偉いのはもちろん、両親や周りのお友達に感謝です☆

  by leonardo_D | 2012-03-11 15:42 | レオニュース

<< トビー君とMobli 2.0 ... 2012年の期待作 Top50 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE