「オズの魔法使い」の靴をアカデミー協会へ寄贈 追記有り

http://www.hollywoodreporter.com/news/dorothys-ruby-slippers-wizard-oz-leonardo-dicaprio-academy-museum-293893より

レオとスティーヴン・スピルバーグらの団体の協力で、1939年の「オズの魔法使い」("The Wizard of Oz")で
使われたルビーの靴を、「Academy Museum of Motion Pictures Arts and Sciences」(米映画芸術科学アカデミー協会)に寄贈したらしいです☆

d0007144_1252462.jpg


d0007144_1253391.jpg


http://insidemovies.ew.com/2012/02/22/ruby-slippers-leonardo-dicaprio/

〜〜

アカデミー賞の選考・授与、映画文化・映画教育・映画技術の研究に対する助成などを行っているところですね。
レオの映画愛や映画界への貢献を認められるといいな☆


ーーー追記

日本語の記事になってました☆

http://www.cinematoday.jp/page/N0039675より


レオナルド・ディカプリオのおかげで、昨年オークション出品された映画『オズの魔法使』のルビーの靴がアカデミーの博物館に収められることになったという。


 まだオープン前の映画芸術科学協会博物館としては、ぜひ手に入れたかった歴史的な品だったが、
金銭的に難しかったようだ。
しかし、レオナルド・ディカプリオに導かれた数々の寄贈者がアカデミー基金に寄付をしたおかげで、ルビーの靴を購入することができたという。

 「このルビーの靴は、世界中の映画ファンの心の中で重要な位置を占めてします」と博物館プロジェクトの関係者はコメントし、ルビーの靴を獲得できたことは改革的だと大喜び。

「レオの情熱的なリーダーシップが、映画の歴史における伝説的な一片を取り戻させてくれました」と、アカデミーのCEOも感動のコメントを出している。

 ルビーの靴は全部で4足存在するが、WENNによると今回、博物館が落札した靴の状態が一番良いと言われており、映画の中でドロシーがかかとを3回鳴らしているシーンのクロースアップなどで使われたのはこの靴だったと言われているらしい。

(澤田理沙)

------

http://www.rbbtoday.com/article/2012/02/24/86668.html

レオナルド・ディカプリオが、映画『オズの魔法使』でドロシーが履いたルビーの靴を購入した。ジュディ・ガーランド主演で1939年に公開された同作のクローズアップ・シーンで使用されたこの象徴的な靴を、ディカプリオを含むグループが購入し、アカデミー協会博物館に寄付した。

 同協会CEOのドーン・ハドソン氏は、ディカプリオの寄付が同協会にとって「素晴らしい贈り物」だと話す。「レオの情熱的なリーダーシップが、映画史上における伝説的なアイテムを取り戻してくれる助けになりました。これはアカデミー博物館への素晴らしい贈り物であり、我々が年間通して取り組んでいる、映画史の遺産を保存し、共有するという取り組みをまさに象徴するものです」

 同映画の中では計4足の靴が使用されたが、ディカプリオが購入した靴は、ドロシーがオズからカンザスにある家に戻るため、かかとを鳴らす場面で使用されたものだという。

 ディズニーの社長でアカデミー博物館のキャンペーン会長も務めるボブ・アイガー氏は、この靴が同博物館のコレクションの質を「改革」する力となるだろうとコメントした。「このルビーの靴は、世界中の映画ファンの心の中でも特別なものです。我々のコレクションにとって、変化をもたらすであろう収穫です」。

 アカデミーとロサンゼルス・カウンティ美術館は昨年10月に、メイ・カンパニー建物内に博物館建設を計画していると発表した。

  by leonardo_D | 2012-02-23 12:06 | レオニュース

<< エリンちゃんとは・・・?! アカデミー会員の構成 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE