アカデミー会員の構成

銀星さま、掲示板より。ありがとう〜☆

いつも有難うございます(*^_^*)
オスカープラネット様より転載☆

Los Angeles Timesがアカデミー会員5,765人の構成比を調査。平均年齢は62歳。
50歳以下は全体の14%に過ぎないとのこと。想像以上に高齢化が進んでいる?!以下の通り(2/20)

白人…94%
それ以外…6%

男性…77%
女性…23%

アカデミー賞受賞経験あり…14%
アカデミー賞ノミネート経験あり(受賞はなし)…19%
アカデミー賞受賞&ノミネート経験なし…64%

60歳以上…54%
40~50代…36%
40歳以下…2%


元記事
http://www.latimes.com/entertainment/news/movies/academy/


ーーー

http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20120221-00000019-mvwalkより

現地時間2月26日(日)に開催される第84回アカデミー賞授賞式までカウントダウンが始まっているが、
このほどロサンゼルス・タイムズ紙が、同授賞式の鍵を握る米映画芸術科学アカデミー協会の会員の人種や年齢構成を分析した興味深い結果を発表した。

映画界の最高峰、アカデミー賞の会員は、映画会社などの重鎮をはじめ、映画プロデューサー、映画監督、脚本家、俳優など、映画界を代表する人々によって構成されているが、
このほど投票者5765人について、ロサンゼルス・タイムズ紙が分析した統計結果によれば、
構成員の94%が白人で、77%が男性で占められていることがわかった。

さらに平均年齢は62歳、その中で、アカデミー賞にノミネートもしくは受賞した経験のある人物は1/3しかいないことも明らかになり、ハリウッド・レポーター誌が衝撃の事実として伝えている。

また、アメリカの映画人口の多数を占める黒人、ヒスパニック系に関しては、メンバーの中で僅か4%以下であることも判明した。

実際に、アフリカ系アメリカ人の俳優賞受賞者は4%だそうだが、これらの結果から見ると、アフリカ系アメリカ人のハル・ベリーが『チョコレート』(01)で初めて主演女優賞を受賞したこと、そして『ハート・ロッカー』(08)でキャスリン・ビグロー監督が女性監督として初めて監督賞を受賞したことは、ある意味、納得の結果というわけだ。

かねてより、アカデミー会員が選ぶ作品や受賞者の傾向から、年齢層が高いことや、興行成績に見る実際の世の中の動きと、彼らの選択眼がマッチしていないことから、その特殊性が指摘されており、同協会も女性やマイノリティーの人種をメンバーに加える努力をしているようだ。
しかしながら、今回改めて白人至上主義、高齢者のメンズクラブであることが数字で証明されたことで、今後は人種、年齢、性別の多様化に向けた動きが加速されることが期待されている。
【NY在住/JUNKO】

〜〜〜

えええ...。
白人男性が多く、50歳以下が14%とは...。

まぁ、、やっぱりね。という感じがしますけどね。。

これは偏ってしまいますよね....(´・ω・`)

  by leonardo_D | 2012-02-22 03:20 | ランキング&アワード

<< 「オズの魔法使い」の靴をアカデ... AXN ハリウッド・セレブ C... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE