お手本はイーストウッド監督?!

http://dramanavi.net/news/2012/02/post-1262.phpより

映画『J・エドガー』では、第69回ゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネートされるも、
受賞を逃したレオナルド・ディカプリオ。
俳優として活躍する傍らで、最近では映画やドラマの製作にも積極的なディカプリオは、同作の監督であるクリント・イーストウッドに影響を受けているそうだ。

男性向けファッション誌GQオーストラリア版のインタビューで

「(監督を)やりたいね。もし監督をするなら、クリント(・イーストウッド)や彼のクルーのように、無駄のないアプローチをしたい」と、巨匠イーストウッドをお手本にしていることを明かしたディカプリオ。

「本当に、彼の撮影現場には余計なものが一切ないんだ。小規模だが結束の固いクルーだよ」と語り、イーストウッドの撮影スタイルに習い、監督として活躍の幅を広げていくことに積極的な姿勢を見せた。

監督業に興味を示しつつも、今年もすでに俳優として大忙しのディカプリオ。
スコット・フィッツジェラルド著の小説「グレート・ギャツビー」を映画化したバズ・ラーマン監督の『The Great Gatsby』では、主人公のギャツビーを演じ、クエンティン・タランティーノ監督の新作西部劇『Django Unchained』でも主演を務めている。

加えて、1910年のメキシコが舞台となっているボストン・テラン著の小説「The Creed Of Violence」が原作の映画への出演も噂され、さらには先日もお伝えしたとおりドラマシリーズの製作も手がけている。

俳優にプロデューサーに、今年も大忙しのディカプリオ。
近い将来、ディカプリオ監督作品が観られることを期待したい。(海外ドラマNAVI)

〜〜

ドラマは医療・犯罪スリラー『Beat the Reaper』のことですね☆

  by leonardo_D | 2012-02-03 21:33 | レオニュース

<< イケメン俳優グランプリ2012... タイタニック3D 試写会の応募... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE