環境保護活動家としてのインタビュー

http://www.thefraser.com/より一部転載


ーあなたにとって環境保護はなぜ重要なの?

LD: なぜだって? 環境問題は世界中の誰にだって重要なことのはずだよ。
残念ながら我々の政府や企業は地球を守ろうという意識がないけどね。
でも僕は小さい頃から自然が大好きだったし、海洋生物学者になりたいと思ってたんだ。
だから、映画を撮っていないときは、環境保護活動家としてどんどん主張するようにしてる。
だから僕は財団を立ち上げたんだ。
今僕がやっていることのひとつは、絶滅の危機にあるアジアのトラを救うということ。
野生のトラは現在世界中で3200匹しかいないんだよ。
テキサスにはそれ以上の数のトラが檻の中にいる。でも野生でなくなったトラは、もはやトラではないよ。

アジアにはそのほかにたくさんの興味深いことがあるんだけど、多くの国々はジャングルや森を、椰子油や紙の会社に売り渡しているんだ。
もしトラを絶滅から救おうとするなら、彼らの生息環境や彼らが狩る動物たちも保護しなくちゃならない。つまり、彼らの子孫を残すために広大な土地を保護するということなんだよ。

残念ながら今、トラの骨が精力をつけると言われて最も高値で売れるので密猟が絶えない。
僕がキャンペーンをしているシャークも同じこと。
僕たちは、このキャンペーンで大きな成功を収めて、カリフォルニアではフカヒレの販売が禁止された。できるだけ多くの人々に知識を与えて協力してもらうことが必要なんだ。

僕が一緒に活動しているIFAWはとても一生懸命やっているけれど、トラは犀や象牙と同じだ。
密猟されるんだよ。
ベトナム犀は最近、最後の一頭が消えた。
これらの動物を救うには、彼らが薬になるという考えを変えさせていかなくちゃだめなんだ。

インタビュー: Izumi Hasegawa(Hollywood News Wire)

  by leonardo_D | 2012-01-17 00:54 | 環境問題&イベント

<< イーストウッド監督が、脚本家に... ゴールデングローブ賞 アフター... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE