(12/27) Oscar Buzz 

あきちゃ様、ありがとう〜〜☆

オスカープラネット管理人様による賞レース予想(12/27)

BUZZより転載 (全文はリンク先でご覧くださいね☆)


■作品賞
 『アーティスト』がトップを走り、『ファミリー・ツリー』がそれを僅差で追うという構図。
『ヒューゴの不思議な発明』がそれに追いつこうと猛烈な追い上げを見せている印象。
『戦火の馬』は案外勢いが出ず、ゴールデン・グローブ賞を受賞できなければそのまま失速か。
下手するとノミネート漏れもあるかも?『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』は苦戦が続き、ノミネート黄信号点灯。
『ヘルプ 心がつなぐストーリー』『Midnight in Paris』『マネーボール』は着実な賞レース展開。
逆転候補を狙うのは『裏切りのサーカス』『ドライヴ』『ツリー・オブ・ライフ』。
『裏切りのサーカス』は英国会員票を大量に取り込むはず。『ドライヴ』は批評家賞快走の勢いあり。
『ツリー・オブ・ライフ』はテレンス・マリック信仰で票の流れが読めず。

■監督賞
 おそらくミシェル・アザナヴィシウス、アレクサンダー・ペイン、マーティン・スコセッシは候補当確。
残り2枠をウッディ・アレン、スティーヴン・スピルバーグ、スティーヴン・ダルドリー、
ベネット・ミラー、テイト・テイラー、テレンス・マリック、ニコラス・ウィンディング・レフンらが争う。
作品賞同様、マリック、レフンの票が読み難い。
マリックはノミネートされれば、一発逆転受賞もあり得る。

■主演男優賞
 ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、そしてジャン・デュジャルダンまではノミネート確実。
受賞もこの3人から出る。
マイケル・ファスベンダーはSAGで候補落ちしているにも関わらず、ノミネートまではイケそうな気配。
最後の枠は重要3賞全てを押さえたレオナルド・ディカプリオになると考えるのが妥当だが、それでもノミネートはギリギリライン。
オスカーでは無視ということも考えられる。
ディカプリオ(或いはファスベンダー)を打ち落とす可能性があるのはゲイリー・オールドマン、ライアン・ゴズリング、マイケル・シャノン、ウッディ・ハレルソン。

昨年のハヴィエル・バルデムの例もあるように、逆転候補の可能性は低くない。
SAGサプライズノミネートのデミアン・ビチルも要注意だが、さすがにオスカーまでは難しいか。

~~~

ぐぬぬ。。ギリギリのラインのままなのですね...。
当確が出ても心配ですが、ギリギリとなるとますます心配〜〜。(^O^;)
まずはノミネートされてほしい〜〜!

---関連エントリー
(11/16) Oscar Buzz 

  by leonardo_D | 2011-12-27 21:09 | ランキング&アワード

<< ウォール・ストリート・ジャー... 「J・エドガー」の鑑賞券プレゼント☆ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE