AFI(アメリカ映画協会賞)のTOP10に「J・エドガー」

のんのん様、ありがとう〜〜☆

J・Edgarが、AFI(アメリカ映画協会賞)のTOP10 FILMに選ばれたそうです!

http://www.indiewire.com/article/afi-announces-their-top-ten-films-of-2011

〜〜

オスカープラネット様より転載☆

http://homepage3.nifty.com/filmplanet/oscar/preoscar.htm#theamericanfilminstituteawards

アメリカ映画協会賞
The American Film Institute Awards December 11, 2011 in Los Angeles

◆作品賞トップ10 [in alphabetical order]

★ Bridesmaids (ポール・フェイグ監督)

★ The Descendants (アレクサンダー・ペイン監督)

★ ドラゴン・タトゥーの女 (デヴィッド・フィンチャー監督)

★ ヘルプ 心がつなぐストーリー (テイト・テイラー監督)

★ ヒューゴの不思議な発明 (マーティン・スコセッシ監督)

★ J・エドガー (クリント・イーストウッド監督)

★ Midnight in Paris (ウッディ・アレン監督)

★ マネーボール (ベネット・ミラー監督)

★ ツリー・オブ・ライフ (テレンス・マリック監督)

★ 戦火の馬 (スティーヴン・スピルバーグ監督)


◆特別賞

★ The Artist(ミシェル・アザナヴィシウス監督)

★ 「ハリー・ポッター」シリーズ(シリーズ全体に対して)

~~

オスカーノユクエ様より

http://oscar-no-yukue.com/top/2011/12/2012_precursors_top10.html

アメリカ映画協会(AFI)が選ぶTOP10が発表。
昨年は特別賞も含む12作品からアカデミー賞作品賞候補10作品すべてが誕生。
ここで選から漏れた「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」や「Tinker, Tailor, Soldier, Spy」「ドライヴ」らは賞レースから大きく後退ということになる。

ただし、今年の選出はやや異色。
コメディー「Bridesmaids」がサプライズ選出されているほか、批評家にはあまり受けがよくなかったイーストウッド新作「J・エドガー」も選ばれている。
また、過剰な暴力描写でオスカーに不向きとされる「ドラゴン・タトゥーの女」も選出された。

  by leonardo_D | 2011-12-12 12:56 | ランキング&アワード

<< 『J・エドガー』試写会情報 その3 「グレート・ギャツビー」写真☆... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE