ニューヨーク批評家協会賞  エドガー関連受賞無し

オスカーノユクエ様より1部転載

今年の賞レースで口火を切るのは東の老舗ニューヨーク批評家協会賞。
アカデミー賞との直結度は決して高くないが、権威ある賞として注目度は高い。

今年、ニューヨークで最も高い評価を得たのは、カンヌ国際映画祭でも絶賛された「The Artist」。
下馬評通りアカデミー賞戦線でも主役の座を争うことになりそうだ。
「マネーボール」も脚本賞と主演男優賞を受賞して次位の評価。
「ツリー・オブ・ライフ」は演技賞の2人が複数作品対象だが、撮影賞も受賞して上位評価となっている。

主演男優賞はブラッド・ピットが受賞。

ニューヨークで受賞できたことは大きく、投票母体の大きなブロードキャスト批評家賞やミーハー色の濃いゴールデン・グローブ賞ではより強さを発揮することを思うと、前哨戦レースを席巻する可能性もある。
初のオスカー受賞に大きく前進。

ーー

オスカープラネット様より

ニューヨーク映画批評家協会賞
The New York Film Critics Circle Awards November 29, 2011 in New York

◆作品賞
★The Artist  (ミシェル・アザナヴィシウス監督)

◆監督賞
★ミシェル・アザナヴィシウス  (The Artist)

◆主演男優賞  ★ブラッド・ピット (マネーボール、ツリー・オブ・ライフ)
◆主演女優賞  ★メリル・ストリープ (The Iron Lady)
◆助演男優賞  ★アルバート・ブルックス  (ドライヴ)
◆助演女優賞  ★ジェシカ・チャステイン (ヘルプ、Take Shelter、ツリー・オブ・ライフ)
◆脚本賞   ★マネーボール
◆撮影賞   ★ツリー・オブ・ライフ
◆第一回作品賞  ★マージン・コール
◆外国語映画賞  ★A Separation (イラン)
◆ドキュメンタリー映画賞 ★Cave of Forgotten Dreams
◆特別賞 ★ラウル・ルイス

  by leonardo_D | 2011-11-30 19:11 | ランキング&アワード

<< 「J・エドガー」映画館の予告編で☆ 「AKIRA」原作と違うらしい >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE