レオvsクルーニ?

記事の主な内容はレオじゃないんですが。。(^O^;)

むしろエドガーの興行はいまいちで、ジョージー・クルーニの映画が興収が良いというものですが、
アカデミー賞の主演男優賞は、 レオvsクルーニ?という内容があったので、つい取り上げちゃいましたw。。

今回はクルーニにオスカーの風が吹いているのかなー...。

http://eiganavi.entermeitele.net/news/2011/11/291000top10-6437.html

2012年の日本公開が待たれているアレクサンダー・ペイン監督最新作『ザ・ディセンダンツ(原題)』が全米で大ヒットを記録している。
9月のトロント映画祭の上映後、世界中から絶賛を受けている本作は、11月15日(水)LAとNYの先行公開に続き、19日(土)からは29スクリーンで公開され、大ヒット作シリーズ『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart1』やドリームワークス『シュレック』のキャラクター、スピンオフ作品『長ぐつをはいたネコ』など、1000スクリーン以上で公開されている大作と並んで見事TOP10に入る快挙を成し遂げたことが明らかになった。

15日からの全米先行限定公開では、レオナルド・ディカプリオの最新作『J・エドガー』を超えるスクリーンアベレージを記録し、続く今週、1000館未満わずか!!29館!!という公開規模で、唯一のTOP10入りを果たす、驚きのヒット記録を更新中。

ナタリー・ポートマンが、本年度のアカデミー賞主演女優賞を受賞し、全米興行成績だけでも$1億700万ドルを記録した世界的メガヒット作『ブラック・スワン』も果たせなかった公開週のTOP10入りを果たした本作。クチコミサイトRotten Tomatoesにおいても90%の批評家が絶賛、観客も88%が好意的なことから賞レースにあわせ、大幅に興行収入を伸ばすことが予想される。

日本国内でもすでにテレビでの先取りアカデミー賞の主演男優賞予想において、クルーニーVSディカプリオの大物対決が話題になるなど、初の主演男優賞受賞に期待のかかる本作だけに、拡大公開前のTOP10入りという記録が、月末からの拡大公開に向けて追い風になることは間違いない。

  by leonardo_D | 2011-11-22 00:11 | ランキング&アワード

<< wowow 「hollywoo... 国連気候変動枠組み条約第17回... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE