フィスカー・カルマ(車) その2

http://www.cinematoday.jp/page/N0034748より

[シネマトゥデイ映画ニュース] 
女優ブレイク・ライヴリーとの交際も話題のレオナルド・ディカプリオが、環境に配慮しながら男心も満たす、ハイブリッドスポーツカーの最新モデルを購入、このほど納車され、満足げに眺める姿がとらえられた。

 この車は、米フィスカー・オートモーティブ社が販売するフィスカー・カルマという4ドアのスポーツセダンで、見た目こそクールな大排気量スポーツカーだが、れっきとしたプラグイン・ハイブリッドカー。
2個のリチウムイオンバッテリーを搭載し、モーターだけで80キロメートルを走行することが可能、家庭用コンセントでの充電にも対応している。
さらにルーフに装備するソーラーパネルからの充電も行われるという、徹底したエコカーだ。
さらにボディーも軽量で、時速96キロまで加速するのに6秒もかからず、ガソリン併用時の最高速度は時速200キロになるという。

 ちなみに、ディカプリオの元に届けられたのは、このフィスカー・カルマの2012年モデル市販車第1号とのこと。
環境保護を訴えるドキュメンタリーをプロデュースし、トラを絶滅から守るため多額の寄付をするなど、ハリウッドセレブ中でも、一際自然環境保護への感心が高いディカプリオ。
かつてトヨタのハイブリッドカー・プリウスもいち早く購入していたこともあるだけに、この車にも高い感心を寄せていたようだ。

 デイリー・メール紙によると、ディカプリオはこのほかに、テスラ・ロードスターというスポーツカータイプの電気自動車を所有しており、購入当時、同紙に対して「こいつは僕にとって最初のスポーツカーなんだ。とんでもない走りをするんだよ」とうれしそうに語っている。

 環境も守り、男心も満たす、理想のエコライフを送っている様子のディカプリオ。
これからバズ・ラーマン監督が手掛ける映画『グレート・ギャツビー』再映画化の撮影でオーストラリアに出向くため、ブレイクを隣に乗せた姿がキャッチされるのは、まだ先のことになりそうだ。
(編集部・入倉功一)

d0007144_2356019.jpg


-------関連エントリー
フィスカー・カルマ(車)とレオ写真 その1
フィスカー・カルマ(車)の第1号はレオ
100%電気自動車のテスラ・ロードスターに乗り換える

  by leonardo_D | 2011-08-19 23:57 | レオニュース

<< サンタモニカでデート。 少年時代のバブルガムCM☆ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE