2011 Forbes誌が発表したThe Celebrity 100

http://www.forbes.com/wealth/celebrities/gallery?partner=celebcs

http://www.forbes.com/wealth/celebrities/gallery/leonardo-dicaprio#gallerycontent

毎年Forbes誌が発表しているセレブリティ100のリストです〜

レオは15位でしたー☆ 
もっと上位でもいいんだけどー!

d0007144_126188.jpg


1位 レディ・ガガ
2位 オプラ・ウィンフリー
3位 ジャスティン・ビーバー
4位 U2
5位 エルトン・ジョン
6位 タイガー・ウッズ
7位 テイラー・スウィフト
8位 ボン・ジョヴィ
9位 サイモン・コーウェル
10位 レブロン・ジェームズ
11位 アンジェリーナ・ジョリー
12位 ケイティ・ペリー
13位 ジョニー・デップ
14位 コービー・ブライアント
15位 レオナルド・ディカプリオ
16位 ブラックアイドピース
17位 ドナルド・トランプ
18位 Dr. Phil Mcgraw
19位 タイラー・ペリー
20位 ポール・マッカートニー

http://news.walkerplus.com/2011/0519/10/

フォーブス誌が毎年発表している世界のセレブ100人番付で、今年はレディー・ガガが1位に選ばれたと米ABCニュースほか、複数のメディアが伝えている。

フォーブス誌のセレブ番付といえば、トム・クルーズとアンジェリーナ・ジョリーがそれぞれ1位になった2006年と2009年を除くと、オプラ・ウィンフリーが2005年から1位をほぼ独占してきたが、今年はガガに首位を奪われ、2位落ちの結果になった。

年収ではオプラの推定2億9000万ドルがガガの推定9000万ドルを大きく上回っているものの、メディアやインターネットでの影響力を考慮すると、ガガの方が有力と見なされたようだ。
「ガガが今年、オプラを抜いた理由は、ソーシャルメディアでの影響力だ。
彼女はFacebookやTwitterでファンを熱狂させ、それがレコードの売上やメディアでの注目度につながる。彼女は、今後セレブリティーがどのようにして自分のキャリアを管理するべきかの良いお手本だと言える」とフォーブス誌のエディターは語っている。

また、ツアースタッフの抵抗に合いながらも日本公演を決行して話題になったジャスティン・ビーバーが、17歳の若さにして3位で番付デビューを果たした。
以下、4位がU2、5位がエルトン・ジョン、6位がタイガー・ウッズ、7位がテイラー・スウィフト、8位がボン・ジョヴィ、9位がサイモン・コーウェル、10位がレブロン・ジェームズという顔ぶれに。

また、俳優の中で最高順位を獲得したのは11位のアンジェリーナ・ジョリーで、その次が13位のジョニー・デップだった。

レオナルド・ディカプリオも昨年の71位から大きく上昇し、15位に入った。

映画監督の中で最高順位だったのは22位のスティーブン・スピルバーグ。
逆に今年になってセレブ番付100人のリストから姿を消したスターには、ブリトニー・スピアーズやダニエル・ラドクリフがいる。

【UK在住/ブレイディみかこ】

  by leonardo_d | 2011-05-19 12:04 | ランキング&アワード

<< スピルバーグ監督でのクルーザー... カンヌで、Cinema for... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE