第3回 DEGジャパンアワード ベスト高画質賞インセプション受賞

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110217_427647.html

第3回 DEGジャパンアワード 

ベスト高画質賞の映画部門 で、「インセプション」ブルーレイ&DVDセット(3枚組)が受賞☆

グランプリは「アバター」でした・・

この賞は、2010年1月1日〜2010年12月31日の間に国内で発売・販売されたBD作品の中から、高画質や高音質、高機能などの“Blu-rayならでは”の特徴を活かした映像作品を表彰するアワード。
審査員は、AV評論家や映画/ビデオソフト専門誌編集長、機器メーカー代表らで構成。
AV評論家の麻倉怜士氏が審査委員長を務めている。


「インセプション」について、ワーナー エンターテイメント ジャパン ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューションの福田太一ジェネラルマネージャーは、「映像にこだわる監督で、そのこだわりがBD プラットフォームを通して消費者の皆さんにも伝わったのではないかと思う」とコメント。

 なお、「インセプション」はBD+DVDのセットが2種類、DVD単品版が1種類の計3種類が発売されているが、福田氏によれば「DVD 単品の売り上げが3割で、残りの7割がBDを含むパッケージという、パッケージ市場では驚くべき“DVD単品の割合の低さ”だった。
BDの方がより作品が楽しめる、そんなBDの力が、世の中に伝わっているんだなという感慨を覚えた作品」と振り返った。

  by leonardo_D | 2011-02-18 01:06 | ランキング&アワード

<< 遠藤周作の「沈黙」情報 トム・ハーディー、破局?! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE