シネマカフェ 「ベスト・オブ・ベスト アワード 2010」

映画ファンの投票で2010年の“ベスト”を選出! ムービープラス、ユナイテッド・シネマおよびシネマカフェの3社共同による投票企画「ベスト・オブ・ベストアワード2010」の結果が発表され、洋画の大作を抑えて人気シリーズの第3弾『THE LAST MESSAGE 海猿』がベストムービーに選ばれ、主演の伊藤英明もベストアクターの栄誉に輝いた。

今年で第4回目を迎える「ベスト・オブ・ベストアワード2010」。
興行収入ランキングや批評家の声だけでは測れない、映画ファンの声が反映されるアワードとして年々、注目を増しているが、今年も興味深い結果が。

興行収入では『アバター』、『アリス・イン・ワンダーランド』、『トイ・ストーリー3』という3Dの洋画大作が100億円を突破したが、今回の投票ではこれらの作品を抑え、圧倒的な票数を集めて1位に輝いたのが『THE LAST MESSAGE 海猿』。
本作も3Dで製作され、興行収入80億円超えのヒットとなったが“ファンの満足度”という点で邦画の意地を見せつけた。

2位にはレオナルド・ディカプリオ主演で、その謎めいた世界観が話題を呼んだ『インセプション』、
3位には『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』が続いた。
邦画は5位、6位、7位に『SP 野望篇』、『告白』、『大奥』がランクイン。
12位の『悪人』も含め、話題の漫画、小説を映画化した作品が支持を得ていることが分かる。
先述の『アバター』は8位、『アリス・イン・ワンダーランド』は9位で、公開時の話題性を考えると意外な結果に。

ベストムービーでは惜しくも2位の『インセプション』だが、クリストファー・ノーラン監督が見事、ベストディレクターに輝いた。

『海猿』シリーズを全編にわたって手がけてきた羽住英一郎監督が2位に、そして『アリス・イン・ワンダーランド』のティム・バートンが3位に入った。

ベストアクター部門は『海猿』効果もあってか、ジョニー・デップ&レオ様というハリウッドスターを抑え、伊藤英明が受賞した。
ここでも目立つのは日本人俳優陣。『SP』の岡田准一、『大奥』の二宮和也のジャニーズコンビが4位、5位にランクインし、妻夫木聡(『悪人』)、堺雅人(『武士の家計簿』)ら実力派の俳優陣も7位、8位に入っている。

ベストアクトレス部門では『悪人』でモントリオール映画祭の最優秀女優賞に輝いた深津絵里が最も多くの支持を集めた。
2位は『告白』の松たか子。この2人、今後の国内映画賞レースでも主演女優賞をめぐって激しい“戦い”を繰り広げることになりそうだ。
『告白』に関しては、今年の日本代表作品としてアカデミー賞外国語映画賞での受賞にも期待が寄せられる。

ランキングの詳細は「ベスト・オブ・ベスト アワード 2010」特集にて発表中。

  by leonardo_D | 2011-01-21 20:56 | ランキング&アワード

<< 雑誌 スクリーン 3月号 レオとブラック氏が始動〜☆ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE