第83回アカデミー賞「視覚効果部門」候補の15作品を発表

アカデミー賞視覚効果部門のノミネートは、15作品がまず選ばれ、更にプレゼンを行い7本に絞り、
最終的にノミネート5本に絞られるそうです〜。
「インセプション」と「シャッターアイランド」が、第一次試験、通過〜☆

http://eiga.com/news/20101213/6/より

[映画.com ニュース]
 米映画芸術科学アカデミーが12月10日、第83回アカデミー賞視覚効果部門候補の15作品を発表した。

作品賞と監督賞のノミネートも期待される「インセプション」、世界興収10億ドルを超えた3Dファンタジー大作「アリス・イン・ワンダーランド」、そして話題の3D超大作「トロン:レガシー」などが順当にランクイン。

来年1月には、このなかからさらに7本のファイナリストが選ばれ、
それぞれ15分間の映像プレゼンテーションを行ったのち、最終ノミネート5作品が決定する。

ノミネート作品の発表は2011年1月25日。
授賞式は2月27日(現地時間)、ハリウッドのコダックシアターで開催される。

視覚効果賞の候補15作品は以下の通り(原題のアルファベット順)。

「アリス・イン・ワンダーランド」
「ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島」
「タイタンの戦い(2010)」
「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」
「ヒア アフター」
「インセプション」
「アイアンマン2」
「エアベンダー」
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」
「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」
「スコット・ピルグリムVS.ザ・ワールド(原題)」
「シャッターアイランド」
「魔法使いの弟子」
「トロン:レガシー」
「アンストッパブル」

  by leonardo_D | 2010-12-13 14:01 | ランキング&アワード

<< ワーナーオンデマンド 「インセ... クリスマスなレオ蝋人形w >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE