ノーラン監督がついに「インセプション」の結末について語った

【ネタバレ厳重注意】 クリストファー・ノーラン監督がついに「インセプション」の結末について、
自分の考えを述べた!!
夢か、現実か?!、パズルの謎を解くヒントはこれだ!!

つづきはCIA☆こちら映画中央情報局さんへGo!!!


ネイティブの方は、私がまるで着眼していなかった部分に拘っていたことを知りました〜。
「サイトー」「セイトー」
うーむ。。

監督の考えるラストは、やはり、、、、(* ̄∀ ̄*)
d0007144_8592525.jpg



ーーーー追記

http://movies.jp.msn.com/news/article.aspx?articleid=461692

クリストファー・ノーラン監督のSFアクション大作「インセプション」を見た人ならば、エンディングに仕掛けられたナゾに頭を悩ましたに違いない。
この解釈をめぐって映画ファンの間で熱い議論が繰り広げられていたが、ついにノーラン監督自身が米エンタテインメント・ウィークリー誌に答えを明かした。

(以下、エンディングに関するネタバレになりますので、未見の方はご注意ください)

「インセプション」のエンディングで、念願の自宅に戻ったコブは自分がいる世界が現実かどうかを確かめるためにコマを回す。コマが永遠に回り続ければ夢の中、倒れれば現実というルールだが、その結果を確認するよりも先にコブは子どもたちのもとへ行ってしまい、画面は暗転してしまう。つまり、ハッピーエンドとなった結末が現実なのか夢の中なのか、その判断は観客に委ねられている。

ノーラン監督は、「インセプション」の公開後、これまでに発表したどの作品よりも、このナゾについて質問を浴びせられているという。
「『あの場面でこう描かれていたから、あれは現実なんですよね?』とか、『ああいう場面があったから、あれは夢だってことなんですよね?』と聞かれる。でも、映画のなかにどちらか一方であることを指し示すヒントが含まれていたとしたら、それはぼくがミスを犯したということになる」

曖昧な結末こそ、ノーラン監督が意図したもの。「ぼくにとって、『インセプション』にはあのエンディングが最もふさわしいように思えた。
最も適切な“キック”(夢からさめるための衝撃のこと)だと感じていたんだ。ラストシーンで最も大事なのは、そして質問に対するぼくの回答だが、コブがコマを見ていないという点だ。
コブはあのとき自分の子どもたちを見ていた。彼はコマを捨てたんだ。
それこそが、あの場面において最も大事なことなんだよ」

〜〜〜

むふふ。
やはり、コブはコマに頼る必要がなくなったからですね☆
モルの幻影、トラウマから克服し、現実か夢がどちらか確かめる必要がないほど、
現実だったということじゃないですかねー。

  by leonardo_D | 2010-11-26 08:46 | Inception インセプション

<< Mr.DiCaprio is ... 雑誌「SCREEN」 2011... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE