UN-REDD event

9/23 ニューヨークで行われたイベントにて。

UN-REDD event
インドの環境担当大臣 Jairam Ramesh
d0007144_2284340.jpg


レオは絶滅の危機に瀕している野生のトラを保護するためにWorld Wildlife Fund
(世界野生生物基金)の組織を始めました。
気候変動のような問題に関して論じあったように、大臣と握手している姿が見られました。

また 別の記事には、
レオは、まだはっきりしないようですが、数ヶ月先に、インドを訪問するそうです。
レオは世界中に行き、トラの生息地で気候変動の視察をしようとします。
Kevin Conrad(Rainforest Nations)の専務取締役が、レオをインドに招待して、
保護活動に連れて行きたいです。と、言ったそうです。

http://www.mynews.in/image_gallery.php?cat=S76&iid=67417
Source
Source2



この「UN-REDD event」とは・・・・
http://japanese.cri.cn/441/2008/09/25/1s127035.htmより

国連は現地時間24日、ニューヨークの本部でREDDと呼ばれる「森林の減少と劣化による排出削減計画」をスタートさせました。

 スタート式典に潘基文(パン・ギムン)事務総長やノルウェーのストルテンベルグ首相が出席しました。

 REDD計画は国連環境計画(UNEP)、国連食糧農業機関(FAO)、国連開発計画(UNDP)が共同で提案したもので、ノルウェー政府が3500万ドルを拠出しています。

 計画には熱帯雨林地帯にあるボリビア、コンゴ民主共和国、インドネシア、パナマ、パプアニューギニア、バラグアイ、タンザニア、ベトナム、ザンビアの9カ国が計画に参加する意向を表明し、そのうち、インドネシア、パプアニューギニア、コンゴ民主共和国、タンザニアの4カ国は計画参加の準備活動を展開することにしています。

 計画は森林の土地劣化に対応するとともに、住民らの利益を保護します。

 国連は計画の実施に合わせて、世界の森林の生態系を観測し、炭素備蓄の機能を擁護します。

 国連によりますと、1990年から2005年までの間、世界森林の土地劣化面積は平均して毎年1300万ヘクタールに達し、熱帯地方に集中しています。

 また、乱伐などによる森林の減少でもたらされた温室効果ガス排出は人類のエネルギー利用に次いで世界全体の17%を占めています。

 REDD計画は森林に対する持続可能な開発を通じ、計画参加国の社会経済利益の増加を図るとともに、温室効果ガスの排出を削減する目的です。

 国連の潘基文事務総長は「周知のように、森林が消滅するならば、温暖化対策は破綻する。
REDD計画は温暖化対策における森林の重要性を強調し、加盟国に対する国連機関の協力と支援を具現化したものである」と述べました。

 ノルウェーのストルテンベルグ首相は「伐採の抑制と森林の土地劣化の防止による排出削減はノルウェー政府の活動の重要な一環である。
効果があれば、我々は計画支援を継続していく」と明らかにしました。(ジョウ)

  by leonardo_D | 2010-09-25 03:00 | 環境問題&イベント

<< ショーレースはどうなるのかな。。 NYでイベント  >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE